北海道の観光

神威岬から積丹ブルーを見るおすすめ時期は?観光時期や交通手段は?

投稿日:20/03/2019 更新日:

皆さんは「積丹ブルー」という言葉をご存知ですか?北海道の小樽を、余市方向に進んで行くと、日本海の積丹半島に出てきます。
積丹の海は透明度が高く、さらに海藻が少ないので、その海面は、底が見えるほど透き通っています。まるで青い絵の具を水に溶かしたような、澄んだ綺麗な青をしていることから「積丹ブルー」と呼ばれるようになりました。

道内では唯一、海中公園に指定されている積丹の海ですが、この美しい青い海は年中見られるわけではないのです。

そこで、今回はおすすめの観光時期や神威岬(カムイ)までのアクセス、また積丹ブルーの特別な楽しみ方についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

おすすめの観光時期

積丹半島は、日本海側にあり、冬場は積雪や凍結で通行止めになることもあり、少々交通困難になることがあります。また、冬場は積丹ブルーを見ることはできません。

春から気温が上がり、暖かくなる6月から8月末ごろまでがおすすめの観光時期になります。この期間は積丹ブルーに遭遇できる確率が、ぐんと上がります。

狙い目はよく晴れた日です。太陽の光によってブルーからさらに透明度を増しエメラルドグリーンに見えることもあります。曇りや雨の日は、少々海も荒れることがあり、キレイな積丹ブルーを見ることは難しいですが、それでも積丹半島の景観は神秘的でもあり、見る価値は十分にあります。

またこの時期は、ウニ漁が解禁される時期でもあります。
積丹ブルーを満喫したら、ウニ料理でお腹を満たすのもおすすめです。北海道では「エゾバフンウニ」と「エゾムラサキウニ」の2種類が獲れます。積丹のウニは特に濃厚でクリーミーなのが特徴です。ぜひ生で味わってみてください。

 

神威岬までのアクセス方法

積丹半島には電車が通っていないので、神威岬まで行くには車(レンタカー)かバスになります。ただ、バスも夏季のみの期間限定運行になります。

神威岬まで路線バスの利用

・小樽駅より
小樽駅前バスターミナルより「積丹線」に乗車し、神威岬バス停下車。
所要時間は約2時間半で、料金は大人1,730円/子供870円です。

・札幌駅より
札幌駅前バスターミナルより「高速しゃこたん号」に乗車し、神威岬バス停で下車。
所要時間は約3時間半で、料金は大人2,160円/子供1,080円です。

注意札幌からは1日2便のみの運行で、午前9時台と、夕方の16時台しかありません。また、積丹ブルーを見るなら朝からの乗車でないと見ることができないので、もし9時台の「高速しゃこたん号」に乗車が間に合わないようなら、札幌駅前バスターミナルから「高速おたる号・いわない号」で小樽駅まで行くか、JR「快速エアポート」で小樽駅まで移動することをおすすめします。

・北海道中央バス
HP:http://www.chuo-bus.co.jp/

 

車を利用

札幌市中心部より、札樽自動車道を経由して約2時間半の所要時間です。
神威岬には無料駐車場が300台あります。

駐車場から神威岬の先端の展望台までは、徒歩で約20分から30分程度かかります。遊歩道として整備されてはいますが、アップダウンが激しいので、履き慣れたスニーカーなどの歩きやすい靴・動きやすい服装・両手の空くカバンなどを持っていきましょう。

また、暑い時期でもあるので水分補給を忘れずに!

 

スポンサーリンク

 

積丹ブルーは海中からも見ることができる?

岬の展望台から積丹ブルーを眺めるのもいいですが、海中から見るのもおすすめです。

実際にスキューバダイビングの名所として、毎年多くのダイバーが訪れていますが、ダイビング以外にも海中を探検する方法があるんです。

それが「水中展望船ニューしゃこたん号」です。

積丹郡美国町の美国港から出航している、いわゆるグラスボートというものです。真っ青に澄んだ海は海底まではっきりと見え、ウニや魚たちを船内から観察することができます。

展望船の所要時間は約40分で、4月下旬から10月下旬まで運行しています。

住所:積丹町大字美国町字船澗1979-2
TEL : 0135-44-2455
料金:大人1,400円/子供(5歳以上小学生まで)700円
HP :http://www.tabi-hokkaido.co.jp/~glassboat/

神威岬から鳥の気持ちになって眺めたら、水中展望船で魚の気持ちになって海の中を探検してみるのもいかがでしょうか。

まとめ

積丹は、札幌からやや時間がかかる場所にありますが、それでも一度は見ていただきたいのが積丹ブルーです。

神威岬の周辺にはウニ料理店もたくさんあるので、北海道ならではの味を堪能しながら絶景を満喫してみてください。

-北海道の観光
-, , , ,

執筆者:

関連記事

然別湖の紅葉狩りはいつ頃から?見どころやおすすめのドライブコース!

然別湖は十勝有数の紅葉スポットとして、毎年多くの観光客がやってきます。 湖畔にはナナカマドの赤、ダケカンバの黄色がとても美しく、朝や夕方の観光船が走っていない時間帯は湖面も穏やかで鏡のようになり紅葉が …

知床五湖の行き方は?服装や靴・持ち物などで気を付ける事はある?

北海道の道東に位置するオホーツク海に、突き出るように位置する島が知床半島になります。 島独自で食物連鎖を形成して、美しい自然と野生動物の宝庫などが評価されて、2005年に世界自然遺産に登録されました。 …

小樽の夜景を見るなら天狗山?旭展望台や毛無山展望所からの眺めは?

北海道の三大夜景といえば、札幌・函館・小樽の3つの都市です。 そのうち小樽の夜景鑑賞スポットとして有名なのが、天狗山や旭展望台、毛無山展望所ですが、それぞれのスポットからの眺めなどについて解説していき …

標津サーモン科学館は鮭だけじゃない?楽しみ方や割引・周辺観光なども!

道東にある標津サーモン科学館は名前の通り、鮭に関しては日本最大級を誇る展示で、鮭のすべてがわかる水族館です。 世界遺産の知床半島にも近く、道東の観光としても足を運びやすい場所です。 鮭のわかりやすい解 …

札幌伏見稲荷神社は初詣にも恋愛パワースポットでも人気の神社だった!

札幌の藻岩山麓にある札幌伏見神社は初詣には大勢の人が訪れる由緒ある神社です。 それに普段からも多くの観光客が訪れるパワースポットとしても有名なのですが、   何がそんなにご利益があるのか、気 …

スポンサーリンク



アーカイブ