四国の観光

本州から四国に車で行くのに一番安い方法は?橋は高い?フェリーでは?

投稿日:13/03/2019 更新日:

本州から四国へのアクセスは値段が高く、あまりアクセスの種類もないイメージですが、実際はどのくらいのアクセス方法があり、どの方法が一番安いのでしょうか?

今回は車で本州から四国に行く時に、大橋を渡るのとフェリーで行く方法では、どちらがお得になるか、それぞれに焦点をあててアクセス方法についてまとめてみました。

スポンサーリンク

本州から四国へのアクセス方法

本州から四国へのアクセス方法としては、有料道路(橋)またはフェリーが代表的になります。他にもバスや自転車などもありますが、今回は橋とフェリーに重点を置いて見ていきます。

橋は主に3つのパターンがあります。

1つめは、兵庫県神戸市と徳島県鳴門市を結ぶ世界最長の橋と言われる「明石海峡大橋」「大鳴門橋」
2つめは、岡山県倉敷市と香川県坂出市を結ぶ「瀬戸大橋」
3つめは、広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ「瀬戸内しまなみ海道」です。

次に、フェリーは橋よりもパターンが多く7つあります。

1、徳島から和歌山の南海フェリー
2、宇野(岡山県)から高松の四国フェリー
3、神戸(兵庫県)から高松のジャンボフェリー
4、神戸(兵庫県)から新居浜(愛媛県)のオレンジフェリー
5、大阪から西条(愛媛県)のオレンジフェリー
6、広島から松山(愛媛県)のクルーズフェリー
7、柳井(山口県)から三津浜(愛媛県)の防予フェリー

とこのように橋よりフェリーの方が多いですね。
意外と、本州からは四国の色々な場所へアクセスが可能ということが分かっていただけたのではないでしょうか。

あとは、自分が行きたい場所や値段を見て、どの方法でアクセスをするかを考えていきましょう。

本州から四国へアクセスの値段

3橋を渡るパターンのそれぞれの値段を見ていくと、

・神戸淡路鳴門自動車道 (明石海峡大橋、大鳴門橋)
現金:軽4470円・普5610円
ETC:軽2660円・普3280円
ETC休日割引:軽2110円・普2620円

 ・瀬戸中央自動車道  (瀬戸大橋)
現金:軽3390円・普4220円
ETC:軽1850円・普2270円
ETC休日割引:軽1590円・普1950円

 ・西瀬戸自動車道   (瀬戸内しまなみ海道)
現金:軽3910円・普4830円
ETC:軽2410円・普2890円
ETC休日割引:軽1850・普2260円

 

フェリーの値段

次に、フェリーの大人1人あたりの値段を見ていくと

・徳島~和歌山(南海フェリー) 
所要時間2時間10分 ・1名料金2000円
車代:5800円~11300円

・宇野~高松(四国フェリー)  
所要時間1時間 ・1名料金690円
車代:2570円~3390円

・神戸~高松(ジャンボフェリー)
所要時間4時間30分 ・1名料金1990円
車代:5490円 ~5990円

・広島~松山(クルーズフェリー)
所要時間2時間30分 ・1名料金3600円
車代:7200円~12860円

・柳井~三津浜(防予フェリー)
所要時間2時間30分 ・1名料金3600円
車代:9260円~14910円

・神戸~新居浜(オレンジフェリー)
所要時間7時間 ・1名料金6950円

・大阪~東予(オレンジフェリー)
所要時間8時間 ・1名料金6950円
オレンジフェリーの車代:12150円~23750円

車代は、3m未満から6m未満など、小型や普通・中型などの車体の長さによって、金額が変わってきます。

 

スポンサーリンク

 

橋を渡るのとフェリーではどちらがお得?

上の項目で、それぞれの値段についてわかっていただけたと思いますが、車で行くなら橋を渡る方が金額的にはお得となります。フェリーは時間もかかり、車代が大きさによってかなり変わってきます。

しいて言えば、岡山県の宇野から高松までの四国フェリーでは、軽自動車で2570円、大人一人は690円で、合計3260円です。運転をしなくてラクに行くことができると考えれば、3橋を渡らなくフェリーを使ってもいいかなあという感じではないでしょうか。

また1人ではなく同乗者がいる場合では、フェリーは金額がどんどん増えていきますが、橋は車1台の料金だけなので、人数は関係なく一律の通行料だけです。それにETCがあれば、休日割引もあるので、お休みの日に橋を渡ると、お得になるメリットもあります。

フェリーでも時期によっては割引もされていますが、それでも橋を渡るほどの安さにはなりません。

このように車で四国に渡るには、フェリーは時間がとられる上、料金も高いのであまり選択しない人がほとんどで、大抵の方は橋を利用しています。

時間に余裕があり、ゆったりと旅を楽しみたい方や、車ではなくバスなどの交通公共機関を利用しようと考えている人は、フェリーを選択肢に入れてみるのもいいですね。

本州から高速バスで四国に行くなら

もし、車ではなくバスの利用で四国に向かうなら

・和歌山県から香川県高松駅までは、大阪で1回の乗り替えがあり、
1人片道(通常料金):4430円~になります。

・大阪難波駅から香川県高松駅まで
1人片道(通常料金):3900円

・兵庫県新神戸駅から香川県高松駅まで
1人片道(通常料金):3700円
徳島駅までは、1人片道(通常料金):3300円

・岡山駅から香川県高松駅までは、直通のバスはなくJRの快速「マリンライナー」が運行しています。1人片道(通常料金):1510円
愛媛県松山駅までは、1人片道(通常料金):4400円

・広島駅から香川県高松駅までは、
1人片道(通常料金):4100円
愛媛県今治駅までは1人片道(通常料金):3700円

まとめ

いかがでしたか。
今回は、橋を渡る方法とフェリーを利用する方法の詳細についてまとめてみました。橋の種類、フェリーの種類によって、値段が安いものや高いもの様々です。また車の大きさによってもフェリーでは金額が大幅に変わってきます。この記事を参考に、自分に合ったアクセス方法で、できるだけお得に本州~四国への旅を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-四国の観光
-, , , , , , ,

執筆者:

関連記事

しまなみ海道は原付バイクも走行できる?料金は高い?所要時間は?

広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ「瀬戸内しまなみ海道」。海道だけど橋がメインで、しかも有料道路だという不思議な道です。 有料道路と聞くと自動車で走行するのが普通かと思われますが、近年しまなみ海道をサイ …

石鎚山の鎖場とは?難易度や登り方のマナーやルールがある?

西日本最高峰であり紅葉も美しく日本百名山にも選ばれている石鎚山は、山岳信仰の山として古くから親しまれています。この場所での穴場スポットはなんといっても「鎖場」です。名前だけ見れば、なんだか恐ろしそうな …

石鎚山の登山は初心者や子供でも大丈夫?冬山はやめた方がいい?

石鎚山は、愛媛県西条市と久万高原町の境目に位置する、西日本最高峰の山です。現在では毎年多くの登山客で賑わい、動植物も沢山みられる人気の山となっています。 ただ、鎖場という傾斜のきつい登りが大変と伝えら …

お遍路の意味とは?する理由や目的はなに?どんな効果があるの?

弘法大師(空海)誕生、修行の地として知られる四国。かつては「四国辺地(僻地の意)」 と呼ばれ、日本中の修行僧が悟りを求めて集まりました。江戸時代には、修行僧だけでなく 信仰・物見遊山の為に民衆が集まり …

四国カルストへ行くには車だけ?初心者でも大丈夫?道幅やルートは?

愛媛県と高知県にまたがる四国カルスト高原は、日本三大カルストの1つです。 晴れた日には、広大な緑が広がり、牛が放牧されているのどかな風景を楽しむことができ、また夏にはキャンプとしても人気のスポットです …

スポンサーリンク



アーカイブ