北海道のあれこれ

北海道でしか買えないお土産!道民がおすすめする定番じゃない商品!

投稿日:06/12/2017 更新日:

北海道のお土産といえば石屋製菓の白い恋人・六花亭のマルセイユバターサンド・ロイズやルタオなど全国区で知られるお土産が沢山ありますが、その他にも北海道らしいここでしか買えないお土産が沢山あります。

その中でも、北海道を離れる前に千歳空港で買える地元民おすすめのお土産をご紹介します。

スポンサーリンク

道民がおすすめする定番じゃないお土産

北海道のお土産はハズレがないほど何を食べても美味しいので、適当に選んだとしても喜ばれることは間違いないと思います。ただ道民としてこれは食べて欲しいな!と思うものをチョイスしてみたいと思います。

北海道の自然が作ったお土産

まずは健康志向の人へのお土産としていかがでしょうか?

十勝のハスカップ
ハスカップティー

ハスカップは、北海道で古くから不老長寿の秘薬と言われていて抗酸化成分であるアントシアニンがブルーベリーの10倍も!その他にもカルシウム、鉄分、ビタミンなどが豊富な果実で熱を加えてもその成分が落ちることはないと言われています。

健康志向の高い人には絶対おすすめのお土産です。

ハスカップ原液ハスカップ液は、水も糖分もまったく加えない、文字通りの無添加、原液です。

ソーダーで割ったりヨーグルトにかけても美味しいです。

美瑛の丘のおかし
素材そのままの味を生かしたフリーズドライのお菓子です。

トウモロコシや小豆・生乳そのままの甘さが飽きさせない、手が止まらなくなる美味しさです。

一袋づつ可愛いパッケージで金額もお土産としたらお手ごろなので、会社の女性陣には喜ばれるはずです!それに、素材を丸のまま食べる機会の少ない小さい子供さんにも食べてもらいたい商品です。

試食もできるので好きなお味も選べます。

また、美瑛の豆パン・コーンパンという時間も8時頃の焼き上がりで行列ができる、限定の美味しいパンがあります。幻のパンともいわれているので、時間が可能なら一度購入してみてはいかがでしょうか!

 

北海道の銘菓でも定番じゃないおすすめの商品

柳月の北海道プリン

柳月といえば北海道の中でも銘菓で、三方六が有名ですよね!私はプレーンが一番好きですが(笑)、ここでもレアなものといえば北海道プリンです。

色の濃いカスタードプリンと色の薄いカスタードプリンと生クリーム・・優しい甘さとふわトロ感がたまらない一品です!このプリンは本店と千歳空港限定商品です!

花畑牧場の十勝カタラーナ

花畑牧場といえば生キャラメルやポップコーンと思いますが、カタラーナは最高に美味しいです。ミルクのコクと甘さが丁度いい癖になるカタラーナです。

乳製品が好きな人が一押しするほどの美味しさなので、空港で試食だけでもして欲しい商品です。

 

ルタオのナイアガラ

ルタオといえばドゥーブルフロマージュが有名ですね。ケーキはどれも絶品なのですが、ここではちょっと思考をずらして、チョコレートとチーズビスケットがおすすめなんです。

ナイアガラはホワイトチョコレートをベースにしたチョコレートで、ブドウの甘い香りのナイアガラワインを用いています。

口に入れた瞬間の香りが忘れられません!

ルタオチーズビスケット

またルタオにはチーズビスケットは3種類あり、本格的なしっかりとしたチーズを食べているような風味が印象的です。

コーヒーにもワインのお供にもぴったりのビスケットです!

サン蔵人の蔵生

ビスケットでもなくクッキーでもなく、サブレなのにしっとりしていて不思議な触感のお菓子です。生チョコが包まれていて和菓子のようで洋菓子のような、面白いお菓子です。

 

カルビーポテトぽてコタン

じゃがポックルとはまた違うハッシュドポテトのスナックという感じで、こちらも癖になります。オニオンや昆布・ホタテなど北海道の味もそろっています。

 

北海道の珍味

北海道近郊で取れる魚をそのまま凝縮させた珍味が勢ぞろいです。甘いものはあまり好きじゃないとか、お酒が好きな人には喜ばれるお土産です!

とば

とばとは魚を皮付きのまま縦に細く切って海水で洗い潮風に当てて干したものです。魚の脂と旨みが凝縮されてジャーキーの魚版といえばわかりやすいですね!

とばも種類が沢山ありますが、鮭とばたらとばはおすすめです。その中でも、たらとばは中々売られていないので見つけたら買っておいた方がいいでしょう!

サイズもさまざまあり半身をそのまま干したものから、薄くスライスされたものなど幅広くありますが干しているので硬くなり、皮は特に硬いです。

歯の弱い人・差し歯の人は薄くスライスしたものがおすすめです。

お酒のおつまみには最高です。

氷下魚

氷下魚は別名カンカイとも呼ばれガチガチに乾燥させたものがおすすめです。なるべく大きい氷下魚がおすすめで、マヨネーズと一味を付けてむしりながら食べると癖になります。

 

鮭のかわあげ

鮭の皮を揚げただけのシンプルなものですが、しつこくなく、病みつきになる一品です!

 

鹿ジャーキー

鹿の臭いや癖も少なく柔らかくて噛めば噛むほど肉のうまみが分かります。

また、その他にも珍味などのおすすめはこちらで

 

北海道の絶品な味

さんま丼

さんまを炭火で焼いて秘伝のあまからダレで味付けしています。レンジや湯船で温めるだけで本格的なさんま丼ができちゃいます。実は、このさんま丼をメニューとして出している飲食店もあるほど本格的な美味しさです。

一袋で2人前のコスパもいいお土産です!

スープカレー

札幌発祥と言われるスープカレー。種類も名店も沢山あります。そんなスープカレーがレトルトで提供されているので、いろんなスープカレーの味を楽しむのもいいですね。ちなみに、私はピカンティーやキングが好きです!

道民おすすめのスープカレーはこちらで

豚丼のたれ

北海道の味をそのまま持って帰るのもいかがですか?十勝の豚丼のタレは北海道では定番の味です。豚や鳥などどんな肉にでも会う万能タレで、炒め物や丼物によく合います。ご飯がすすみますよ!

 

ジンギスカンのタレ

こちらはジンギスカンのタレですが、これも豚丼のタレと一緒で炒め物にも、隠し味としても使える万能タレです。焼肉のタレとしても美味しいですよ。


スポンサーリンク

 

番外編

北海道のセイコマート(コンビニ)でも買える北海道の飲料とカップ麺です!な~んだ・・とあなどってはいけませんよ!北海道限定のツウな味です!

ちなみに、セイコーマートは日本で初めて作られたコンビニなんですよ。北海道民には、なくてはならない存在で、道民にコンビニは?と聞くとセイコーマートと必ず答えるでしょう。

リポンナポリン

甘さがしっかりしながらも爽やかに仕上げられている炭酸飲料です。

 

ガラナ

ガラナの実を利用したカフェインやカテキンを多く含む炭酸飲料です。若い男子がお土産に持って帰るのをよく見かけます!

 

いろはすハスカップ味

お馴染み、いろはすのラインナップでハスカップの甘酸っぱさが印象的な北海道限定品版です。

 

ソフトカツゲン

ヤクルトの濃厚さを少しまろやかにしたような感じの乳酸菌飲料です。

これを飲んで大きくなったという人もいるとか・・(笑)

焼きそば弁当

焼きそばのそばを茹でたお湯でスープを作ると美味しさアップで、飽きることなく食べ続けられます!

 

その他、山わさび味のスナック菓子などもおすすめです。

もし、買い忘れた商品や気になる商品が帰ってから分かった・・など北海道にいつ行くかわからない時には

こちらをご利用ください↓↓



まとめ

いかがでしたか?もちろん定番ともいえるお馴染みのお土産もどれも美味しいのですが、しょっちゅう北海道に来ているし、お土産も変わったものがいい~とおねだりされた時など、ちょっと変わったお土産も北海道ならでわの美味しいモノばかりを集めてみました!

ご参考になれば幸いです。

また、合わせてこちらも

-北海道のあれこれ
-, , ,

執筆者:

関連記事

北海道のお土産で道民がおすすめするおつまみに最高の珍味8選!

  北海道はグルメの宝庫!出張や旅行で北海道に来たら美味しい物を求めている人も多いかと思います。北海道で美味しい物を食べたら、お土産としても、ここにしかない美味しい物を買って帰りたいですよね …

北海道で海水浴はできない?泳げる所はあるの?夏でも寒い?

北海道は寒い、というイメージがありますが、最近は数日ですが真夏日になる日もあり、昭和の頃よりも暑く感じるようになりました。 エアコンを所有している家庭も増えましたが、ほんの一瞬で終わるのが北海道の夏。 …

北海道へ転勤になったら車がないとダメ?車がなくてもいい地域はある?

北海道に転勤となると、ご本人はもちろん、ご家族も生活環境の変化に不安や疑問を多く抱えることになるでしょう。特に雪国での生活というのはこれまで経験したことのない方も多くいっらしゃるのではないでしょうか。 …

北海道で流氷を見るなら網走・紋別・知床どこがいい?アクセス方法など

北海道でも流氷を見る事ができる場所は限られています。道東地域のオホーツク海と太平洋沿岸の一部ですが、その中でも有名なのは、紋別・網走・知床!この3つの町は近そうに感じますが、紋別から網走まで約2時間・ …

モエレ沼公園で子供と遊ぶ楽しみ方!気を付ける事や注意することは?

モエレ沼公園は札幌の東区にある 彫刻家イサム・ノグチが手掛けたアート型の公園!     春はサクラの花見に、夏には水遊び場や噴水で暑さを忘れさせ、 秋には紅葉の色に、芸術的な花火 …

スポンサーリンク



アーカイブ