北海道のあれこれ

北海道のお土産!大人の方に甘くないおすすめ商品を地元民が紹介します!

投稿日:24/03/2017 更新日:

北海道は食の宝庫と言われるほど肉や魚・穀物や野菜などあらゆるものが揃う地域です。

広大な土地ですくすく育つ穀物や家畜が印象的な北海道!そんなところのお菓子やスイーツが美味しくないわけがないですよね。北海道といえばルタオや北菓楼、六花亭など名だたる銘菓が勢ぞろいして、ドゥーブルフロマージュに三方六・バターサンドはお土産の上位定番です。

でも仕事や遊びで頻繁に北海道を訪れる人や、甘いものが苦手な方など「今回の土産どうしよう」と悩まれる方も多いはずです。

そこで北海道にはもっといろんなお土産がありますよと、帰る前の千歳空港で買える甘くない美味しいものをご紹介します!

 

スポンサーリンク

北海道といえば乳製品!

まず北海道の乳製品と聞くと、全て美味しく聞こえますが・・その通りです(笑)。

北海道のスーパーでは道産のいろんな牛乳が売られています。北海道限定で売られている牛乳など、味が濃厚でとても美味しいです。

また牛以外にもヤギや羊など美味しいミルクが取れるので、乳製品の宝庫にもなります。プリンやケーキなどはもちろんですが、チーズやバターなども美味しいモノが沢山あります。

ファットリア・ビオチーズ

2014年チーズアワードで「リコッタ」と「カチョカヴァロ シラーノ」が金賞を、「モッツァレッラ」が銅賞を受賞。ここのチーズは本場イタリアの職人さんが作っているので種類も豊富で高級レストランなどにも使われています。このリコッタチーズはそのまま食べても、お醤油をかけても、はちみつをかけても美味しい酸味が特徴です。

 

カマンベールはやきた夢民舎

早来町(はやきたちょう)内の新鮮な生乳のみを使用していて、従来のカマンベールより癖が少なくクリーミーでまろやかな舌触りだけどコクはしっかりある食べやすいチーズで、子供さんでも食べれる万人受けする味です。

 

鶴居村の酪楽館

ナチュラルチーズコンテストで4回連続して賞を受賞している鶴居村(つるいむら)のチーズはセミハードタイプがメインで、シルバーラベルと深いコクのあるゴールドラベルが人気が高いです。こちらのチーズはコクがしっかりありミルクの甘さも感じます。

 

牧家(Bocca) カチョカヴァロ

紐に吊るして熟成させるイタリアの伝統チーズです。こちらの牧家のチーズは伊達市近郊の乳だけを使用してミルクの旨みがしっかりわかります。食べ方はそのままでも食べてもいいですが、スライスしてソテーするとカリカリとろとろの触感が病みつきになります。

 

トラピストバター

函館のトラピスト修道院で作られている生きた乳酸菌で作られている発酵バターです。バターのコクがしっかりあるのにまろやかな風味で、そのまま口に入れてもくどくないんですよ!料理に使うのもいいですが、できればトーストにたっぷり付けて食べるのがおすすめのバターです。

 

十勝野発酵バター

帯広の十勝高原のミルクを乳酸菌で発酵させているバターです。
少し乳酸の風味が特徴で、なめらかな食感とコクがあるので、そのまま生食で付けて食べるというのがおすすめです。

 

横市バター

こちらのバターは季節に獲れる新鮮なミルクを使用し、夏は黄色が濃く冬は薄黄色とバターの色まで変わる鮮度抜群のバターです。また日本最高の乳脂肪分がありコクとクリーミーな味わいは生クリームのようです。こちらも生食で食べるのがおすすめです。

 

べっかい郊楽苑ショートチーズ

北海道産のチーズをそのまま焼いたサクサク新触感のチーズです。チーズなのに不思議な触感?噛むほどにチーズの旨みが出てくるという、チーズ好きにはおすすめのチーズ菓子です。ワインにも合いますよ。

北海道といえば乳製品を外せません!ミルクが美味しいのはもちろん、作り手の方々の情熱やアイデアが詰まった乳製品がたくさんありますので食べ比べしてみてはいかがでしょうか。

北海道の銘酒たちとおつまみたち!

北海道はそんなにお酒が美味しくない?とは、大昔のことです。今やヨッサンブームで火種が付いた余市などは、手に入らなくなってしまうほどの人気でしたよね。私的には、余市は昔から知っていたので、有名になってほしくない・・余市がなくなる・・と残念でなりませんが(笑)それほど美味しかったのです。

日本酒も洋酒も北海道の手にかかったら、美味しくなるに違いありません!

ウイスキー余市

マッサンで有名な 創業者・竹鶴政孝がウイスキーづくりの理想の地として選んだ、北海道余市。ここで最高品質のモルトウイスキーが誕生し、複雑で深みのある味わいで力強さとしたコクがあります。

 

ヨーグルトリキュールみなにこり

釧路の福司酒造株式会社が北海道のミルクを100%使用して作った贅沢なヨーグルトのお酒です。飲むヨーグルトのような味わいで、飲み過ぎ注意なほど飲みやすいです!

 

純米大吟醸 耕人

百三十余年の伝統がある小林酒造は、究極の酒作りを目指す老舗です。やや辛口で口当たりまろやかな飲みやすさです。

 

北海道産ワイン オチガビワイン

余市はウィスキーも有名ですが、ワイン用ぶどうの収穫量日本一の地でもあります。
2013年から余市産ぶどうを使用したワイン醸造を開始し、新しい銘酒を作り出しています。ブドウの味もコクも酸味もバランスの良いワインです。

 

奥尻ワイナリー

奥尻ワインは小さな島の中にあり、その土地ならでわの味が他にない良さです。ワインなのに海の味がする?と思うくらい潮風の風味が特徴的なワインで、特にピノグリ白ワインは、潮風の香りがはっきりわかる味でミネラル感たっぷりの逸品です。

 

網走ビール

網走といえば流氷が見える場所として有名ですが、ビールにも流氷をイメージして製造しているのが網走ビールです。流氷ドラフトを筆頭に麦芽やホップ酵母などのバランスを変えて色んな地ビールを作っています。香りや色・コクやフルーティーさなど沢山の味が楽しめます。

 

大沼ビール

北海道国指定の大沼公園近くにある自然豊かな場所で、美味しい水と生きたビール酵母から作られる大沼ビールはキレ味とホップの苦み・コーヒーを思わせるようなコクもアリ、麦芽やホップのしっかりした味が特徴的です。スタウトの黒ビールが個人的には好きです!

 

福司

釧路の地元では人気の酒蔵で、みなニコリもこちらの酒蔵が手掛けています。釧路本店と通販限定の霧想雫(むそうだ)は、香りがよくほんのり甘口の飲みやすい吟醸酒、地域限定の酒もあり釧路に来た時は口にして欲しいお酒です。

 

こまいやとばの干物

嚙めば嚙むほどに魚の旨みが溢れる極上のトバは、お酒のあてにはもちろん、おやつにも最適です。

 

トナミ食品丸干しいか

スルメイカをゴロが入ったまま乾燥させた珍味です。

ゴロの苦みが癖になってお酒のお供にはピッタリですよ。軽く炙っても香りよく美味しくいただけます。

 

乾燥カンカイ

氷下魚のことを別名カンカイと呼びます。

北海道では定番の干物でおつまみにしたら病みつきになる代物です。キンキンに乾燥させたものはトンカチで叩いてほぐして食べるというちょっと手間もいりますが、マヨネーズと一味を付けて食べるのが人気です。

 

健康になれる商品

オオカミの桃

朝のもぎたて完熟トマトをそのままジュースにしたトマトジュースです。

食塩以外は一切使用していない純天然のトマトジュースは、濃厚でトマトの甘さがぎっしりどっさりというくらい詰まっています。

甘くない商品をおすすめしていますが、ごめんなさい。トマトの自然の甘さが凝縮されています。

 

韃靼そば

北海道は蕎麦の実の生産日本一ですが、その中でも韃靼そば粉の栄養素は群を抜いています。

韃靼そばの実は血液サラサラ作用のルチンがたっぷり含まれていて、美味しいのに健康にもなれる優れた食品です。

また、のど越しもよく癖もないのでいくらでも食べれる健康食品と言えますね!

スポンサーリンク

北海道の自然からうまれたコスメ!

北海道コスメ冨田ファームアロマ・石鹸

冨田ファームは富良野のラベンダー生産地。良質な天然ラベンダーアロマオイルの商品をたくさん作っています。

ラベンダーオイルはもちろん、ナチュラルラベンダーソープなど敏感肌の方にもおすすめの商品です。

 

北海道純馬油

人肌に馴染みやすい天然油脂100%の馬油を使用しているので純馬油は食用の表示もされています。洗顔後のお手入れや全身に使えて乾燥肌には最高のオイルです。

 

熊油

熊の脂って・・とお思いでしょう。

実は病院で床ずれを患っていた人が熊油を塗って治したこともあり、それから私は虜になりました。

今は熊油を作る人が少なくなり希少品となりましたが、付ければ納得の効果です。乾燥肌にはとても重宝しますよ。

 

北見ハッカ通商のハッカアイテム

ミントは英語で、ハッカは日本語になりアロマなどでも大活躍のオイルです。スーッとする清涼感のハッカオイルは一度使うと手放せなくなるかもしれません!

虫除けや、運転中の眠気に車内に吹いたり、肩こり・頭痛の悩みを持つ人やマスクにスプレーすると鼻の通りも良くなり花粉対策にも活用できます。

私はトイレの後の消臭効果としても使っています。

 

道北の素材を使用したコスメブランド GOCHI SOAP

生産者の顔が見える北海道上川地方のご当地コスメ!

黒米米粉・酒粕・米麹・トマト・りんご・牛乳などを配合した面白ソープです。お土産にはおすすめの商品です。

北海道のその他のお土産

まとめ

今回紹介した商品は千歳空港国内線2Fでも購入できます。

『北海道育ち』の商品はまだまだたくさんあります!有名ではないけど地元の人にはメジャーな、ハム・ソーセージ、燻製品、ジャム、農産加工品などゆっくり探してみるのも面白いですよ!

-北海道のあれこれ
-, , ,

執筆者:

関連記事

北海道はスタッドレスタイヤはいつから?おすすめのタイヤ交換時期はいつ?

北海道で暮らすためには、必須アイテムと言ってもいいのが「車」です。 広い北海道、日常生活の移動に利用するという現実的な面もありますが、魅力的なドライブコースもたくさんあるし、ビューポイントにも事欠かか …

北海道冬の暖房はつけっぱなし?灯油や電気の料金は?暖房手当がある?

真冬の北海道は連日気温が氷点下まで下がります。そんな極寒の地を経験したことのない方にとっては、まさに未知の世界と言えるでしょう。 転勤や進学などで北海道へ転居するとなると、やはり不安なのは冬の生活、と …

北海道はいつから雪が降りいつ頃まである?道南と道北では違う?

東京で少しでも雪が降ったら大ニュースとして全国で取り上げられますが、北海道の雪はごく稀に降る大雪の日以外は道外ではほとんどニュースで取り扱いがありません。ですからどのくらいの期間、北海道には雪があるの …

北海道の夏は生ウニが絶品!国内トップクラスの味を食べるおすすめの場所!

北海道は海産物の宝庫ですが、その中の一つにウニがあります。北海道のウニは、夏の漁と冬の漁があり、北海道の日本海側では毎年6月から8月にウニ漁が解禁になります。 この時期のウニは格別で、そこでしか食べら …

2019年根室さんま祭り日程や雨の場合は?服装や持参するものはある?

さんま水揚げ量が日本一の根室市では1993年から毎年、市民の人にさんまを振舞う、根室さんま祭りを開催して、今では全国区の知名度になります。 さんまの獲れる場所から漁港が近いので鮮度も抜群!そんな、脂の …

スポンサーリンク



アーカイブ