美容

顔のたるみや肌改善はウォーキングが効果的って本当?ジョギングではダメ?

投稿日:

年齢を重ねると気になってくる顔のたるみ。

化粧品を変えたり、エステなどに行ったりしても思うように効果が得られず、悩んでる方も多いのではないでしょうか。

そこで、ウォーキングをすることが効果的という話を耳にしたことはありませんか?

なぜ、ウォーキングが効果的なのか?

そして、ジョギングではなぜダメなのか?

顔のたるみの予防に効果的なウォーキングと、逆効果だと言われているジョギングについてくわしく説明していきます。

スポンサーリンク

顔のたるみの原因

顔のたるみは、皮膚が弱ってきたリ脂肪がつきすぎたり、年齢による老化などが大きな原因になります。

脂肪の重み

顔に脂肪がつくと、その重みによってたるみが出てきやすくなります。

年齢もありますが、運動不足になると食事で得たエネルギーが余ってしまい、それが体に蓄積されていってしまいます。

その余分な脂肪が頬などについて、重力に逆らえずにたるんでくるケースが多いです。

また若いうちは、顔に脂肪がついても表情筋が支えてくれますが、年齢を重ねて表情筋が衰えてくると脂肪の重さに耐えられず、それがたるみにつながります。

コラーゲンの減少

肌の弾力性分になるコラーゲンやエラスチン・ヒアルロン酸の減少によってもたるみに繋がります。

食べ物の偏食や老化などでコラーゲンなどが減ってくると、ハリがなくなりたるむ原因になります。

またコラーゲンは肌の弾力を保つのに重要成分なので、とても必要なものになります。

運動不足

運動不足になると、血液の循環も悪くなります。

身体は血液で栄養が隅までいきとどいているので、血流が悪いと血液によって運搬される栄養も行き届かなくなります。

たるみの改善方法は?

たるみを改善するのは、しわやシミを改善するよりなかなか難しいのです。

日々のお手入れを欠かさないのはもちろんですが、マッサージなどの間違ったお手入れで悪化させてしまうこともあります。

美容外科などに行っても、たるみの改善は難しいからお肌の「透明感」や「シミやくすみの改善」「シワの改善」をすることで、まずは見た目を変えようと言われることが多いのです。

このことからも、「たるまないようにする」ということが一番の対策で、今からすぐ始められる改善策を実行することが大切になるのです。

たるみ改善になること

・コラーゲンやエラスチン・ヒアルロン酸などの肌の栄養素をしっかり保たせるために、良質なタンパク質やビタミンなど食生活の改善をする

・肌に合わない基礎化粧品などの使用をやめる

・間違った方法のマッサージなどをしない

・紫外線対策をしっかりやる

・適度な運動をする

運動はウォーキングが効果的?

運動といっても激しいことをする必要はありません。

軽い有酸素運動「ウォーキング」が効果的なのです。

いつもの生活の中で体を動かすことを少し取り入れるだけで十分なので、ウォーキングをすることが一番最適な運動になります。

ウォーキングは、ダイエット効果にもなるので、たるみの原因である余分な脂肪も減らすことができます。

また、ウォーキングは全身運動になるので、血行が良くなり栄養素を隅々まで送ってくれる血液の分間も促すことができます。

肌に必要なコラーゲンも、血液によって運搬されるので、血液の循環は肌にとっても重要なカギですね。

それに、コラーゲンに限らず、血流が悪いということは、何かしら体に不調がでてきてしまいます。

そして、血流が良くなることによって栄養が身体に行き渡るため、肌自体の回復力も上がるようになります。

ジョギングは肌に良くない?

走るということがたるみを悪化させるわけではなく、激しい運動が全般的によくないことがわかってきています。

運動をすると「健康になり若々しくなる!」ということは広く知れ渡っていますが、激しい運動は返って身体を老化させてしまいます。

まず、運動量が多いとその分「酸素」を沢山必要とします。

沢山の酸素を体内で消費すると、必ず活性酸素が発生します。

この活性酸素は色々な病気を引き起こしたり、老化の原因となる体内の天敵なのです。

活性酸素とは

どのような工場でも、産業廃棄物が生まれるように、人の体内でも活動している以上は「いらないもの」や「悪いモノ」が発生しています。

人が生きていくうえで一番必要な物が酸素なのですが、この酸素を体内に入れることによって、酸素の数%が活性酸素に変わります。

また、内臓(心臓など)が動いている限りは、常に体内でエネルギーが作られているので、その際に活性酸素が生まれます。

この活性酸素は、体内を酸化させてしまう物質で、「酸化する=老化促進」ということになります。

金属が酸化すると錆びるというように、酸化は体にとっても悪影響なのです。

このことからも、活性酸素を沢山作らないようにすることが老化を防ぐということに繋がります。

ただ、活性酸素は悪者には間違いないのですが、完璧な悪者ではなく、体内の免疫機能やウイルスなどの感染防御の役割をしてくれたり、排卵や受精の活動にも少なからず必要とする物にもなります。

スポンサーリンク

激しい運動は肌に悪影響?

上述したように、激しい運動時は必ず酸素を多く必要とするので、その分活性酸素も多く発生させることになります。

そこで、ランニングやジョギングは酸素を沢山必要とします。

また、ランニングやジョギングをする時は、5分や10分で終わることはほとんどありませんよね。30分、多ければ1時間以上走る方が多いでしょう。

そのような激しい運動を日常的にしていると、老化の原因になる活性酸素を大量に発生させていくことになります。

足腰の負担以外にも、心筋梗塞のリスクも多く、風邪を引きやすくなったり癌にもなりやすいという、健康になるどころか不健康になるリスクが多いというのです。

激しい運動の代償

最近は運動ブームなので、ジョギングやランニングをする人が多いのですが、中でも肌のたるみに悩む年齢層は30代から40代以上が多くなります。

そこで「太ったから」や「健康的に」を考えてジョギングやランニングを始めると、

●歯をくいしばったり、顔を歪めたりする

激しい運動をすると、辛くなってきてだんだん息が荒くなってきます。

その時に、顔を歪めるなどをするとそれが原因になってたるみの他にも、しわが出来やすくなります。

●呼吸によってたるみやすくなる

はぁはぁと息をしていると、酸素をたくさん吸収している状態になり、それと同じくらい活性酸素も体内で発生させてしまうので、体を酸化させてしまいます。

まとめ

いかがでしたか。

たるみの原因は様々ですが、たるみを治すのはなかなか至難の業となります。

だんだん年齢を重ねていくと、たるみは絶対気になる一つですが、早めの対策で美肌を保たせることはできます。

まずは、食事と適度な運動がお肌にとっても大切な事!

ウォーキングは、血行が良くなり栄養素を送る血液の循環がよくなるので、細胞を活性化してくれます。

また、ウォーキングをすることによって脂肪を落とし、ダイエット効果にもなります。

その反対に激しい運動は、活性酸素を大量に発生させ、肌のコラーゲンの生成などをさまたげてしまいます。

だからランニングやジョギングよりも、ウォーキングがいいということですね。

お肌のたるみが気になる前から、出来ることはしっかりやって体の中から綺麗にしていきましょう!

-美容
-, ,

執筆者:

関連記事

初めての美容室子供はいつから行かせる?カットを嫌がる男の子の場合は?

小さい頃は髪の毛の量も少ないし、お母さんが適当に子供の髪を切ってなんとかしのいでいたけど…。 幼稚園に上がって、七五三の写真を撮る時ぐらいまでには美容室でカットをお願いしたいと 思うお母さんは多いので …

朝洗顔と夜洗顔の違いはなに?洗顔のやり方が違う?正しい洗顔とは?

「奇麗なお肌は洗顔法で手に入れる」と言われるほど、洗顔のやり方だけでお肌の状態も変わってきます。 でも「朝の洗顔は水だけの方がいい」という説もあれば、「ちゃんと洗顔をして汚れを落とした方がいい」という …

広がった毛穴は戻らない?急に開く原因は? 毛穴を閉じる方法はある?

お肌の悩みで上位にはいるのは、毛穴の悩みです。 ある時まで気にならなかったのに、急に毛穴が気になりだした・・、なんてことはよくある事です。 でも、広がってしまった毛穴は戻らないのかと、不安に思う方もた …

乾燥肌の治し方!スキンケア方法はプチプラな基礎化粧品と使う順番が大切!

乾燥肌の人は何を付けても乾燥しませんか?これでバッチリだ!と思える基礎化粧品には中々あり付けないですよね。 そこで、選び方や使い方を変えてみると乾燥しなくなるワザをご紹介します。

シャンプーやリンスは使いすぎると禿げる?どれぐらいの量がベスト?

「シャンプーやリンスを使いすぎると禿げる?」なんて、恐ろしい噂を耳にしたことがありませんか? 都市伝説のような話ですが、「ありえなくもない話だ」と美容師さんも思っています。今では、それほど劣悪なシャン …

スポンサーリンク



アーカイブ