健康

夏なのに身体が冷えるのはなぜ?冷えの原因や治し方はある?

投稿日:14/05/2017 更新日:

暖かくなっってきたら身体もあったかくなるさ~と思いたいですが、残念ですがそうはいきません。身体の冷えって結構厄介なんですよ。放っておくと、深刻になり大病にもつながります。冷えは早めの対処が必要なのです。

そこで今回は、夏で暖かいはずなのに身体が冷える・手先足先が冷えるなど、冷えの原因や、対策方法を、私の経験と合わせてご紹介します。

スポンサーリンク

身体の冷えがあるとどうなる?

冷えがある人は夏だけの問題ではなく、年中冷えてますよね。あまり感じないという人も、隠れ冷えの人は意外と多いのです。冷えがあると脂肪も燃焼しにくく、内臓脂肪がつきやすくなります。脂肪は血行を悪くして内臓を冷やしますので、栄養も酸素も運びにくくなり、老廃物も回収しにくくなります。それに加えて身体を守る免疫力も低下させるので、大病にもなりかねません。

体質だからとか仕方ないよとか、あきらめたらダメですよ!

まずは、「なぜ冷えるのか?」原因が分かれば、それをしないか、その反対をすればいんですよ。

身体の冷えの原因は?

冷えの原因も人それぞれですが、内臓からくるものか・血行不良のものか・セルライトのせいなのか様々です。内臓からの場合は医療になりますが、血行不良の場合は自力で治すことができます。

血行不良の原因は

基礎代謝が少ない
脂肪が多く筋肉量が少ないため熱を生み出せない

エアコンの生活が多い
 冷房は自律神経を乱すので体内循環が悪くなり血流が滞る

このサイクルが一番多いです。

要は、血流を良くしてあげることを一番に考えなければいけません。血流が悪い血液は、ドロドロ状態が多く静脈瘤もできやすいです。動脈硬化にもつながるのでほっとけないですよね。

また子供のころから冷えがある人は要注意です。よほどの運動不足か・食生活・病的なことが考えられます。

それに運動をしない食事制限だけのダイエットは、一瞬痩せても筋肉が落ちてしまうので、その結果、セルライトの原因になり熱量を生み出せなくなり、冷えの身体になってしまいます。

冷えの治し方は?

私も、冷え性でした。自分が冷え性と気付いたのは、お客様をマッサージする時、手が暖かくならなくて困った時でした。実感はしていましたが、こんなに冷えてたんだと初めて知り、そこから冷えを改善させるために色々試した結果、やはり食事と運動が一番でした。

口では簡単に言えますが、行動するには結構大変です(笑)。

1足を動かす。第2の心臓と言われるふくらはぎを動かすことによって、血行が良くなるので、歩く事は大切です。

2関節を動かし伸ばす。各関節にはリンパ節というリンパ液が多く流れる場所があります。その器官をしっかり動かすことで体液の流れもスムーズになります。屈伸やつま先立ちなどをしたり、階段を使うなど、歩くことを積極的に行いましょう。

3なるべくエアコンの近くに寄らず汗をかく努力をしましょう。汗を掛けない身体は体内に老廃物がたまり、体内環境が悪くなり、汗も臭くなります。また汗をかいたら、こまめに拭き取りましょう。汗を放っておくと、汗で身体を冷やしてしまいます。

4寝る前に入浴しましょう。ただ風呂大好きだったので半身浴は昔からずっとしていたのですが、結局冷えていたので半身浴では冷えを改善させないと気付きました。入浴は湯船に5分~10分も入れば十分でしょう。

また靴下などをはいて寝ないようにしましょう。寝ている間にも汗をかいているので、寝汗で、余計に冷えてしまいます。

 

スポンサーリンク

冷え改善の食事

体質改善といっても、簡単ではないんですよね。今の生活を見直すわけですから、いつもと違うことをしないといけません。また継続することも必要です。自分の身体のことを大切に思うなら今すぐ始めましょう。

食事は、たんぱく質をしっかり摂り、ビタミン類はサプリでもしっかり摂るようにします。食事を作るのが苦でなければ、ショウガ、ニンニクなどをたっぷり使うレシピを増やし、良質なタンパク質を摂ります。一番良いタンパク質は卵・鶏肉・豚肉・レバー・大豆などです。またヨウ素の多い海藻類などは積極的にとりましょう。

外食が多い人はビタミンCは必ず摂る。(摂りすぎても大丈夫です)

またビタミンEやビタミンB1・B2・B6などのマルチビタミンや、いちょう葉エキスなども血行を良くする作用があります。

タンパク質がないと血液は作れませんし、ビタミン類は体内に貯蓄できないので食生活が十分でない人はサプリメントなどで補いましょう。

水分は水をなるべく摂りましょう。何にも勝るのは水です。体内循環を促すにも水は必要なので、ジュースではなく水に切り替えましょう。


まとめ

いかがでしたか。私も実践して、今ではサプリメントの大切さも実感しています。寝れないほどの冷えも克服しています。

ただ病気(甲状腺機能)などで、冷えになっている人もいますので、その場合は診察が第一です。

ご参考になれば幸いです。

-健康
-,

執筆者:

関連記事

夏冷えには番茶と梅干を組み合わた梅醬番茶がおすすめな訳とは?

暑い夏は、内からも外からも身体を冷やしてしまう機会が多いですよね。普段から冷えている~なんて人は、夏冷えには特に注意が必要です。冷やさないように暖かい飲み物を摂るようにしようと心掛けているのに、効果は …

コレステロールって悪いだけじゃない?上手に付き合うと健康になる!

今は、太っている人はもちろん痩せてる人でも気になる単語といえばコレステロールですよね。健康診断や人間ドックなどで一番気になる数値といえば、中性脂肪値やコレステロール値などが挙げられます。 日常の会話の …

アニサキス症はどんな症状で放置していても大丈夫?実際に経験しました!

日本は海に囲まれた海洋国で、海からの様々な恩恵を受けています。昔から沢山の海の幸のおかげで食卓も彩ることができて、日本人にとっては無くてはならない栄養源の海産物!季節によって旬の魚を楽しみにしている人 …

梅雨の時期に起こりやすい体の変化!梅雨太りって知っていますか?

毎年梅雨になると何だか身体が、・だる重くなる・むくみやすくなってきた・動くのがしんどいそんな悩みを抱える人増えてきます。気を付けてください、それ梅雨太りになっている可能性があります。 早く気付いて対策 …

五月病ってどんな病気?なりやすい原因や症状と対処法はあるの?

学生を終え、この春から社会人として初めての経験を重ねていき、よし!頑張るぞーと意気込んでいる方も多い春。 最初の一か月ぐらいは覚えることだらけで、気が張り詰めていたんだけど・・なんだろう? スポンサー …

スポンサーリンク



アーカイブ