健康

減塩は減らすばかりではダメ?塩分を変えるだけでいいって本当?

投稿日:17/04/2017 更新日:

「成人病のリスクになるから減塩しましょう」と何年も前から言われていますが、本当にそうでしょうか?本当にお塩は少ない方が身体にはいいのでしょうか?ちょっと疑問に思いませんか?

人に一番大切なものは水と塩分といわれているのに、塩分は摂り過ぎたらダメという・・。矛盾しているようにも感じるのですが、今回は塩分はどのように摂取すればいいのかまとめてみました。

スポンサーリンク

なぜ減塩をすすめるの?

水分と塩だけで何か月も生き延びる人がいるほど、生きていく中では塩分は引き離せませんよね。だけど、「身体のために」とか「成人病のリスクが高くなるから」と、国や医療機関では減塩しましょうと言いますが、そもそもなぜ減塩が必要なのでしょうか?

食塩がダメ?

じつは、摂りすぎて問題なのが、「塩分」ではなく「食塩」なのです。

スーパーなどで安く売られている大量生産の食塩は、輸入の自然塩がほとんどで、自然塩から更に有害不純物を取り除き、塩化ナトリウム99%以上の食塩に精製してできたものです。

食塩は、しっかり精製しすぎるので、自然塩に含まれるマグネシウム・カリウム・カルシウムもなくなり、食塩の成分はナトリウムのみに偏ってしまいます。

自然塩では

自然塩と呼ばれるような塩分は、マグネシウム・カリウム・カルシウムなど微量ながら沢山のミネラルも含まれるので、ナトリウムを体外に排出させる効果が一緒に入っています。

自然塩は、そんなに減塩を目指さなくても、体内に取り込んだ後もスムーズに排泄しやすいということです。よほどの健康障害がない限り、自然塩は体内で循環されて汗や尿で排出されます。

そこで、ナトリウムだけの食塩をいつもの食事に使うと、カリウムなどのミネラル不足になるので、これらも沢山摂らないと「ナトリウムを排出できない」ということなんですね。

でも、今の日本の食卓に並んでいる食事のほとんどが食塩で、自然塩はごくわずかです。

それに、自然塩を優先にしたいのですが、製法にも手間がかかり数も少ない。

だから、このままの日本の食卓の状態を維持するなら、「減塩を推奨させましょう」ということになるんですよね!

塩分は大切

でも、塩分は命に係わる大切なミネラルで、逆にやたらと減らすと健康被害もでてきます。

減塩減塩といって塩ばかりを減らそうとしていますが、ナトリウムだけの食塩を摂るのではなく、自然塩と呼ばれる塩分が本当は必要なのです。

どんな塩がいいの?

では実際、塩は体にいいのか?悪いのか?ということでは、摂取する量に限度がありますが、いいに決まっているのです。

私は1日の摂取量と言われている7g~8gを毎日超える量を摂取しています。10年前からは倍以上は摂取してます(笑)。

確かに、高血圧症などの病気の人は減塩が必要な場合もいますが、やみくもに減塩をすることはよくないというデータもあります。

脳は塩を一番必要としますから、塩を減らせば真っ先に脳がボケると言われ、認知症・うつ病・ガンにもなりやすいといわれます。

確かに今の日本の現状は、うつ病とか認知症とか今まであまり聞かなかった脳の病気が増えていますよね。これも減塩効果?という病気にさせられているのかと考えると怖いです。

熱中症もそうです。私が学生の頃(何十年前・・)なんて、聞いたこともない言葉でしたが気温の上昇だけによるものではなく、確実に減塩効果?のような気もするのですが・・。

塩分を減らすと活動的な人が消極的になるともいわれますが、活動的意欲をなくすようにさせられているのだとしたら、それは恐ろしいことですよね・・。

話がそれてしまいましたが、ではどんな塩がいいかといえば、ミネラルもしっかり入っている俗に言う自然塩です。

塩は色々な所にいろいろな形で存在していて

岩塩:岩塩を採掘しカットした状態のもの
海塩:天日に干して海水を蒸発させたもの
海水:海水を濃縮して煮詰めたもの
湖塩:塩湖などから採取したもの

などがあります。

ナトリウムだけの食塩ではなく、自然塩と呼ばれるものは、そのまま食べても塩辛さだけでなく、微妙な甘味なども感じられます。しかも、塩分の取り過ぎは喉が渇くと言われますが、ミネラルバランスがいい塩は喉が渇きません。

もし、ナトリウムだけの食塩を使用するなら、ミネラルバランスのサプリメントなどを活用して、減塩に惑わされないようにしたいですね。

スポンサーリンク

 

おすすめの塩

海の精

あら塩・焼き塩・ほしおなど料理の仕方で、用途に合わせて使い分ける事ができます。

この持ち運びに便利なあら塩は、お弁当や外食時に!

海の精 海の精・やきしお〈詰替用〉60g 食塩

玄海の塩

玄海灘の海水を太陽光でゆっくり濃縮していて、おにぎりにすると美味しい甘味がわかります。

うすゆき

公害の無いきれいな礼文島沖の海水と自然の力で乾燥100%海水の塩です。

渚のあま塩

ミネラルを多く含んでいるので甘味が残るあま塩と呼ばれています。付け塩として天ぷらや刺身などにも合います。

まとめ

いかがでしたか。

厚生労働省の内容もあやふやな時代です。ホントはどうなの?と探ってみると真逆なことがたくさんあるんですよね。

私は自分の身体で、人体実験しながら学んでいます(笑)。ちなみに、全く減塩していませんが、体調は万全です。

-健康
-

執筆者:

関連記事

足裏がかゆいのは水虫なの?水虫は病院に行かずに自然治癒できる?

梅雨の季節になると・・とか、暑くなってくると・・とか、足がムズムズかゆくなる季節です。水虫とは思いたくないし、このまま治まってくれればいいのにと思いますが、水虫になったら、そう簡単には治りません。 そ …

夏風邪から咳が止まらない!しつこい咳を効果的に止める方法は?

夏風邪を引くと長引く、とよく言いますが、熱が引いて、ラクになったかなと思っていたら今度は咳が出てくる・・この咳が厄介なことに、なかなか治まらないことが多いですよね!一度咳が出ると止まらないし、しんどい …

コレステロールって悪いだけじゃない?上手に付き合うと健康になる!

今は、太っている人はもちろん痩せてる人でも気になる単語といえばコレステロールですよね。健康診断や人間ドックなどで一番気になる数値といえば、中性脂肪値やコレステロール値などが挙げられます。 日常の会話の …

梅干しの黒焼ってどんな物?梅干しの成分や選び方・効能は幅広い?

最近は、高齢化社会が進み過ぎて、2065年の日本の推定人口は8808万人、15歳から64歳の生産年齢人口は50年後に41%も減るという半分近くがご高齢の日本。 しかも、この数字はあやふやで、推定なので …

食べ過ぎ飲み過ぎた!寝る前と次の日のケアで胃もたれをなくす方法!

年末年始の宴会や、同僚との飲み会・女子会などで食べすぎ飲み過ぎる事ってよくありますよね。そんな時は胃もたれがしたり、次の日には二日酔いなど体調不慮になりやすいものです。 楽しかったからまあいいか!で済 …

スポンサーリンク



アーカイブ