北海道の観光

ノースサファリサッポロは全て自己責任!日本で一番危険な動物園?

投稿日:21/01/2019 更新日:

ノースサファリサッポロは国道230号線を札幌から定山渓方面に走っていくと右手に看板が見えてきます。看板に従って少し山の方に入っていくと突如として現れる動物園です。

動物園といえば上野動物園や旭山動物園などを真っ先に思い浮かべる方も多いかもしれませんが、ここはそういった一般的な動物園とはちょっと異なります。
どんな動物園なのか、説明していきます。

スポンサーリンク

ノースサファリサッポロは全て自己責任!

動物園で、「全ては自己責任」といわれると、「えっなんで?」と思いますよね。

このノースサファリサッポロは「体験」「ふれあい」とテーマにしている動物園です。
檻の中の動物を外から眺める、というのが一般的な動物園のスタイルですが、こちらの動物園は人間も檻の中に入って、動物に触れたり餌をあげたりすることができます。

また、一部の動物は放し飼いにされていて、そこらへんを歩いています。まさに人間と動物が混在するスペース、それがノースサファリサッポロです。
大人はいいけど、子供を連れていくのは危険じゃないか、と考える方もいるかもしれませんが、毎年夏頃に未就学児の子供と私たち夫婦で遊びに行っていますが、今の所は子供が動物に噛まれるなど危害を加えられることはありません。
動物の嫌がることをしないように指導できれば、小さな子供でも安心して連れて行ける場所だと思います。
むしろ、動物に犬や猫などペットとして一般的ではない動物に触れたり、餌をあげることは子供の情操教育や動物との付き合い方を教えるには格好の場所であると私は考えています。

ただし、服を汚されたり噛まれたりしても全ては自己責任ですよ。

 

日本一危険な動物園?

多分、日本で唯一「熊の釣り堀」があります。
熊の檻の上に上がり、釣り竿に熊の餌である生肉をつけてまさに釣りのように熊に餌をあげることができます。先着順で1日の人数は限定されますが、横から見ていても熊が生肉にかじりついていく姿は迫力満点です。

また大型のヘビを首に巻きつける体験もできます。
牙を抜いているので噛みつかれるようなことはなく、とてもおとなしいヘビですが、それでもやはりなかなかの恐怖感を味わえます。

また、デンジャラスゾーンと呼ばれる区域もあります。
こちらは流石に子連れで入るのは不安なので私だけ入ってみました。サソリやワニなどの危険な生物を集めたゾーンになります。一本橋でワニのいる池を渡る、サソリの入った木枠の上を歩くなど、スリリングな内容になっているので、勇気のある人はぜひ訪問してみてください。
あまりにも危険なので、入場までに同意書にサインをする必要があります。
この恐怖心を煽り立てるような工夫が、逆に面白いのです(笑)。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

規模はそれほど大きくはない動物園ですが、他と違った一風変わった体験ができる動物園です。手洗い場には石鹸やアルコール消毒薬などが用意されているので、衛生面でも安心できるでしょう。
軽食が販売されているフードコートもあるので、アヒルに食べ物を取られないようにガードしながら食べるのもまた楽しかったです。

-北海道の観光
-, , , ,

執筆者:

関連記事

札幌駅からノーザンホースパークまでのアクセス方法!バスや電車は?

ノーザンホースパークは苫小牧市美沢にある馬と触れ合うことをメインとした牧場です。園内の厩舎では、ポニーや引退した競走馬などが飼育されていています。 夏は、馬のショーや馬車、引き馬など、冬は馬ぞりが体験 …

小樽運河はなぜ観光スポットになっている?由来やおすすめの時間帯はある?

小樽の観光で外せないスポットと言えば「小樽運河」です。実際に行ったことはなくても「聞いたことがある」「テレビで見たことがある」という方も多いのではないでしょうか。 そんな小樽運河はなぜ人気の観光スポッ …

然別湖の紅葉狩りはいつ頃から?見どころやおすすめのドライブコース!

然別湖は十勝有数の紅葉スポットとして、毎年多くの観光客がやってきます。 湖畔にはナナカマドの赤、ダケカンバの黄色がとても美しく、朝や夕方の観光船が走っていない時間帯は湖面も穏やかで鏡のようになり紅葉が …

東京から稚内へのアクセス方法!交通機関で安く行く方法は?

北海道に観光へ行きたい人も多く、その交通ルートも様々です。札幌などの都心部へ行くのは交通手段も多いので、行きやすいのですが、道北稚内に行くとなると、どんな交通手段があるのか気になりますよね。 そこで、 …

札幌雪まつりつどーむ会場で子供が遊ぶための服装とアクセス方法!

毎年2月に開催される札幌雪まつり。毎年多くの観光客が来札しています。 我が家は夫婦と未就学児1名で2017年、2018年と2年連続つどーむ会場に行ってきました。 大通り会場とつどーむ会場の2カ所で同時 …

スポンサーリンク



アーカイブ