北海道の観光

旭山動物園の滞在時間はどれくらい?冬や夏で所要時間は変わる?

投稿日:12/02/2019 更新日:

北海道の真ん中に位置する旭川市にある有名な動物園といえば「旭山動物園」です。毎年、どの季節も観光客で賑わっています。今回は、みなさんが気になる旭山動物園の季節ごとの滞在時間や、楽しみ方について紹介します。

スポンサーリンク

旭山動物園は季節によって滞在時間は変わる?

旭山動物園の所在地である北海道旭川市は、夏は30℃以上あがることがあり、冬は-15℃以上になることがある、北海道の中でも寒暖差が激しい地域です。

・夏は早朝や夜以外はあまり本州と変わらず、蒸し暑い日が続きます。
・逆に冬は、一日中冷え込むので、室内で過ごすことが多いです。

このような地域なので、旭山動物園の滞在時間は夏と冬では、大幅に変わるということはありません。

そこで、「動物園以外にも旭川のスポットを回りたい」という方は、最低でも旭山動物園での滞在時間を3時間はとっておくことをおすすめします。なぜなら、旭山動物園はいつ行っても混雑しているからです。特に人気の「ぺんぎん館」「あざらし館」「ほっきょくぐま館」は行列ができるほど混むこともあります。全ての場所を回りたいと考えていたら、3時間は必要でしょう。

また、「旭山動物園に1日を使っても良い」とお考えの方は、本当に開園から閉園まで楽しむことができるので、季節に関係なく使える滞在時間を十分楽しんでください。

しかし、季節によっての動物園の楽しみ方は変わってきますので、次の項目でお話しましょう。

旭山動物園の夏の楽しみ方と冬の楽しみ方

旭山動物園といえば、もちろん北海道ならではの珍しい動物を見ることができるところや、施設の作りが工夫されているところが見所です。これらの楽しみ方は、一年中できます。もうひとつ、旭山動物園のポイントがあるのです。それは、ずばり季節ごとの「イベント」です。夏と冬では、どのような楽しみ方ができるのか紹介していきます。

 

旭山動物園の夏の楽しみ方

夏は先ほども記しましたが、とにかく暑いので、北を代表する動物たちにとっては酷な季節といえるでしょう。よって、動物と触れあえる!というようなイベントはあまりされていません。

では、どういうことが楽しめるのか?

それは、夏休みやお盆の期間に開催される「夜の動物園」というものです。文字通り、この時期だけ開園後の夜の動物園の動物たちの様子が見られるイベントです。夜行性の動物もいるので、日中は寝ているだけの動物の貴重な姿を見ることができるのでおすすめです。

 

旭山動物園の冬の楽しみ方

冬になると、「夏よりも楽しい!」と感じるイベントがあります。

一つめは、「ペンギンの散歩」です。決められた時間になると、動物園の道をたくさんのペンギンたちが行列を作って散歩するのです。よちよち歩きのペンギンたちが、列を乱さず一生懸命進んでいく姿は、何とも言えぬ癒しを与えてくれます。

もう一つおすすめなのは、「雪あかりの動物園」です。このイベントは二月上旬から開催されていて、日が暮れてくると、動物園中のアイスキャンドルが灯り、とても幻想的な雰囲気に変わります。幻想的な明かりの中で、動物たちが生き生きと活動する姿を見ることができることが、冬ならではのポイントです。

 

 

スポンサーリンク

ここに時間がかかる?意外な穴場

旭山動物園の楽しみ方を紹介してきましたが、動物を見る、触れあうなどの他にも、意外にも滞在時間を長くする魅力的な穴場があるのです。私が実際に行って、とても楽しめたのでぜひ紹介させていただきます。

旭山動物園のおみやげ店

旭山動物園には、大きなおみやげ店もあります。家族や友達におみやげをと思い、ふらっと立ち寄ったのですが、なんとも楽しい癒しの空間なのです。

動物園で見られる動物たちのかわいいぬいぐるみやキーホルダー・文房具。さらには種類の多いお菓子。売られているもの全部を手にとってじっくり見てしまうほどの魅力があります。記念用にと、自分用に一番多く購入してしまうほど、楽しい場所です。

 

旭山動物園のレストラン

ゆっくりランチがしたい、簡単にテイクアウトしたいなど色々なニーズに添って、食べ物を食べられる施設が何個も併設されています。いつでも人が賑わっている動物園ですが、レストランは一つではないので、いつ行ってもそこまで混んではいません。

特におすすめなのは、暑い夏の日にソフトクリームを食べてゆっくり涼むことです。動物園の景色を見たり、動物を見たりしながらゆっくり美味しいものを食べて安らぐことも、旭山動物園ならではの楽しみ方です。

まとめ

旭山動物園は、たくさんの種類の動物がいますが、施設全体はそこまで広くはありません。そのため、すべての場所をゆっくり見て回ることができます。楽しみ方は人それぞれです。帰りに、少し疲れたなと感じたら、園内にシャトルバスが運航しているので利用することも楽しい選択です。

ぜひ、それぞれの時間の中で、季節ごとの動物園の魅力を肌で感じてください。

-北海道の観光
-, , , ,

執筆者:

関連記事

函館観光体験談!函館浪漫をじっくり満喫するのは自転車がおすすめ!

埼玉県入間市在住の50歳になる主婦です。 函館は歴史とロマンがたっぷり詰まった素敵な街です。我が家では新選組をきっかけにして様々なことを調べていたら、五稜郭に行ってみたいという子供たちの希望で、函館へ …

帯広氷まつりは会場がすごい!街コン・コスプレやお化け屋敷・グルメなどの紹介!

北海道の2月といえば1年で一番寒い時期です。この季節は北海道内は、いろんな寒さにちなんだイベントが沢山あり、帯広氷まつりもその1つです! そもそも雪ではなく氷のお祭りですから、寒さの桁が違うのも分かる …

新千歳空港から札幌へアクセスはJRやバス?交通手段は?深夜はどうする?

新千歳空港から札幌に向かう手段は大きく分けて4つあります。JRか空港連絡バス、又はタクシーかレンタカーになり金額も異なります。また季節によっては交通の便が大きく変わり、雪の季節には厄介なことも・・。 …

札幌円山動物園の年間パスポートは観光がお得になる?値段と使い道とは?

札幌の有名な観光地の一つに「円山動物園」があります。 道外からの観光客はもちろん、地元民にも愛されている動物園です。2018年にはホッキョクグマ館もオープンして、リアルなホッキョクグマの生態を見ること …

ノースサファリサッポロは全て自己責任!日本で一番危険な動物園?

ノースサファリサッポロは国道230号線を札幌から定山渓方面に走っていくと右手に看板が見えてきます。看板に従って少し山の方に入っていくと突如として現れる動物園です。 動物園といえば上野動物園や旭山動物園 …

スポンサーリンク



アーカイブ