北海道の観光

ノシャップ寒流水族館はどんなところ?見所や所要時間・割引はある?

投稿日:28/02/2019 更新日:

ノシャップ寒流水族館は、北海道稚内市にある「日本最北端の水族館」です。おもにオホーツク海を代表する北の海の生き物が多く生存していて、この水族館でしか見られない生き物もいます。

ただ、場所も最北端でこんなにレアな水族館なのに、実は観光客は少なすぎる?残念なノシャップ寒流水族館の過疎化を止めるべく、稚内市民が水族館の魅力をとことん紹介させていただきます。

スポンサーリンク

ノシャップ寒流水族館の見所

この水族館には360度見渡せる水槽があり、ノシャップ水族館の一番の見所ともいっていいほど、この水族館に対しては大迫力の水槽です。

北の川や海を代表する魚たちが戯れていて、ここでの魅力は幻の魚ともいわれている「イトウ」を間近で見ることができ、その大きさに誰もが驚いています。どこを見渡しても魚・魚・魚で、北海道の珍しい魚の説明もしっかり書かれているので、どれがどの魚なのか探してみるのも楽しいですよ。

アザラシの餌やり体験

水族館の入り口を抜けるとすぐに、大きなプールで泳ぐアザラシがたくさんいます。このアザラシは、ゴマフアザラシという種類で寒い地域に存在し、冬場は稚内市でも野生で見ることができるアザラシです。

ただ見るだけでも十分に楽しめますが、せっかくなら餌やり体験をしてみてください。100円で餌が入った缶を買い取り、自分でアザラシに向かって餌を投げます。アザラシたちは、必死で餌に食らいつきます。そのときに注意することは、かなりの水しぶきが飛ぶということです(笑)。夏場はとても気持ちいいですが冬場はとっても冷たいので、アザラシとの距離感も考えながら、餌やりをぜひ楽しんでみてください。

クリオネ

クリオネとは、オホーツク海に存在し、流氷が流れてくるころに流氷の下を泳ぐとても小さな生き物です。体は半透明になっており、妖精のような見た目をしています。普通の水族館ではまず見かけないクリオネ。

ノシャップだからこそ見られる生き物の1つです。泳ぎ方にも特徴があり、見ていてとても癒されます。運がよければ、クリオネの餌やりの時間にあたることもあります。妖精のようにひらひらと飛ぶように泳ぐ癒しのクリオネ。食べる姿もとってもかわいいんだろうな…なんて思っていませんか?

甘いですよ(笑)なんとクリオネの口は、一番上のイソギンチャクみたいなところにあり、そこを大きく開いてがぶっです。

なんとも恐ろしい食べ方をするんです。実際に見てみないとよくわからないですよね。ぜひノシャップ寒流水族館で見てみてくださいね。

フウセンウオ

名前だけ見てもどんな魚なのかよくわからない…という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

フウセンウオとは、名前のとおり体が風船のように丸くふくらんでおり、ひれは約5ミリ程度、体全体でも4センチ程度の小さな魚です。

冷たい海の生き物なので、なかなかお目にかかれない魚です。そんなフウセンウオの先駆けの飼育が、ここノシャップ水族館で、ここで繁殖したものを他の水族館に送ったりしています。

その見た目はなんとも愛らしく、小さなヒレを一生懸命動かして泳ぐ姿は永遠と見てられるほどです。フウセンウオの一番の特徴は、お腹の部分に吸盤があり、どんなところにもくっつくんです。

岩や、ガラスにくっついた癒し度100%のフウセンウオも、ノシャップだからこそ見られる貴重な生き物なので、ぜひ堪能してみてください。

ドクターフィッシュ

ドクターフィッシュとは、人間の古くなった皮膚の角質を餌とすることから、このような名前になったといわれています。

実際に体験することができ、ドクターフィッシュの水槽に手を入れると、あっという間に手に集まってきて角質を食べられてしまいます。感触はとてもくすぐったいですが、自分の古くなった皮膚を食べてくれて新しい皮膚へと導いてくれる、なんともありがたい生き物です。ぜひドクターフィッシュ体験をしてみてください。

 

水族館を周る所要時間

ノシャップ寒流水族館は、とても規模が小さく、展示されている生き物たちもコンパクトにおさめられています。

すべての生き物の説明を読み、すべての生き物をじっくり堪能したとしても、1時間あれば回れてしまうという感じです。ただ規模は小さいですが、中身はぎっしりのノシャップ水族館なので、ちょっとした空き時間に訪れてみることもおすすめの1つです。

 

スポンサーリンク

ノシャップ寒流水族館に割引制度はある?

気になるのは料金。やはり最北端の水族館だから高額なのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、全然そんなことはありません。

料金は、大人500円・子供100円です。

割引制度もしっかりあり、
団体20名以上には一人あたりの料金が割引されます。また、障害者手帳をお持ちの方は半額に、市内在住のシルバーカードをお持ちの方はなんと無料になります。

それ以外にも、水族館と隣接する科学館の年間パスポートを手にすると、1年間無料で訪れることができたり、北海道の提携動物園・水族館のパスポートをお持ちの方にも割引制度が設けられたりしています。

例えば、北海道といえば、旭川市の旭山動物園や札幌市の円山動物園・小樽市の小樽水族館など、有名な所が沢山ありますので、このパスポートをお持ちの方は、最北端のノシャップ寒流水族館でも割引できます。

その逆に、ノシャップ寒流水族館で年間パスポートを購入すると、その他の北海道の動物園・水族館で割引してもらえるので、道内を周るのであればここで購入しておいてもいいですよ。

年間パスポート料金:大人1000円・子供300円

まとめ

北の生き物を堪能できるノシャップ寒流水族館。この場所でしか出会えない貴重な生き物たちが、あなたを待っています。どの季節でも楽しめる魅力たっぷりのノシャップ寒流水族館に訪れてみませんか?!

-北海道の観光
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

小樽雪あかりの路コースを回る所要時間!しっかり見るなら宿泊がおすすめ!

  小樽の企業や市民とボランティアの方々で作られていく、心温まる小樽雪あかりの路は今では海外からも大勢の観光客が押し寄せる、北海道の風物詩となりました。 優しさとおもてなしの心が溢れている会 …

札幌雪祭りの雪像はすごい!でもこの暖かさには驚いてしまった!

愛知県安城市から2016年の2月に初めて札幌の雪祭りに家族3人で出かけました。 その日はあまりにも暖かい日だったのでタクシーの運転手さんに聞くと「今年は暖かいんですよ」という答えでした。 ホテルに荷物 …

知床五湖のフィールドハウスとは何をするところ?営業時間は?

知床半島には観光スポットが沢山あり、どこから攻めようか迷うかと思いますが、絶対外せない観光スポットとしては、知床五湖が有名ですね! 本土からは、なかなか遠いと思いますが、北海道民でも、なかなか行ける場 …

知床流氷フェス開催時期はいつどこである?イベントの楽しみ方や服装の紹介!

知床半島に流氷が接岸する頃に始まる知床流氷フェス。聞きなれない人も多いかもしれませんが、30年の歴史がある知床オーロラファンタジーに代わって2017年より始まりました。 いったいどんなイベントなのか日 …

釧路湿原は晩夏がおすすめ?感動する旅になるおすすめの乗り物がある?

北海道の道東にある釧路湿原は日本最大の湿地帯で、日本の湿原面積の約6割を、釧路湿原が占めています。四季を通して湿地の魅力を感じる所で、日本にいることを忘れさせる異国風景には感動します。そんな釧路湿原で …

スポンサーリンク



アーカイブ