北海道の観光

白い恋人パークは何がある?入場料や所要時間・限定のお土産もある?

投稿日:22/03/2018 更新日:

札幌で観光するとき、沢山あるのでどこに行こうか迷う事ありますよね!雨や雪が降った場合はどうする?ということも。屋外を歩いたり見学するのは少し億劫になる時に、屋内で楽しめる場所があれば助かります。

それに、観光で札幌に来ているなら札幌にしかないものを見たいですよね。そこでおすすめなのが北海道を代表するお菓子メーカーの白い恋人パークですが、どのようなとこで何があるのか?気になる人もいるはずです。

入場料や所要時間、ここだけの限定お土産などもあるのか?ということで、実際に行ってみた感想をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

白い恋人パークは何があってどんなところ?

札幌市西区に白い恋人パークはあります。観光名所としても人気が高く、地元民にも人気があるので、土日にはパークの前は車の長い行列ができるほどです。

私もパークの前を通るたびに、「こんなに行列ができるなんて、一度行ってみたいな」と思っていました。

そこで、まず白い恋人パークには何があるのか?ですよね!

外観を見るだけでも何があるの?とワクワクさせる建物で、屋外には、ローズガーデンに子供サイズのカントリーハウスが沢山ありました。ハウスには子供さんが入っておままごとができるようにもなっています。

この屋外を見るだけでも建物と庭の造りが絵になって、インスタ映えしそうな場所です。

建物は白い恋人の製造ラインがあり、大きく3棟に分かれています。見学する場所と体験する場所・石屋製菓を味わう場所のような感じです。

ただ工場見学をするだけの場所と思っていたのですが、それ以外の見応えも十分あります!棟内は入場料がかかるところと、無料で見学できる所に分かれていて、お土産がメインとか、子供を庭で遊ばせたいという場合は入場料はかからないです。

チョコレートファクトリーと呼ばれる棟が有料で、子供が楽しめるキッズタウンやガリバータウンも有料になります。

有料エリアでは白い恋人を作る工場見学以外にもチョコレートやお菓子に関する歴史や美術品の見学もできて、貴重なカップソーサーなどもたくさん展示されています。

 

また、体験コーナーは実際にお菓子を作ることもできます。4Fにはローズガーデンや宮の沢サッカー場を眺めながら、石屋製菓のオリジナルチョコドリンクも味わえるので、この棟は見ておきたいですね!

チョコレートファクトリーの入場料は
大人:600円・中学生以下:200円・3才以下は無料です。

全てを見て回ると、所要時間は約2時間という感じですが、ラウンジやレストランでゆっくり寛ぎながら見学するならもう少し時間が必要ですよ!

大人も楽しめるの?

白い恋人パークは子供の遊べるガリバータウンやキッズタウンをよく宣伝しているので、子供がメインの場所なのかと思っていたのですが、そんなこはなく大人もしっかり楽しめます。

有料エリアのファクトリーウォークを進んでいくと、2Fにオーラの泉と呼ばれる噴水が見えてきます。1870年頃のイギリスのロイヤルダルトン製でゴージャス感がすごく出ていて、水中ライトが鮮やかに照らされて幻想的になっています。

廊下にはアンティークな調度品やコレクションの数も多く、昔のパッケージラベルや昔の子供のおもちゃなどは、懐かしさもあって大人の方が楽しんでいます!どちらかというと、この有料エリアは大人の方が楽しめるといってもいいかと思います。

チェダーハウスと呼ばれる無料エリア1Fは、お土産やあめ職人のキャンディー作りの見学もでき、ここでしか買うことのできない限定品もあります。また白い恋人オリジナル缶も作れるので、旅の思い出としても良いお土産になりますよ!

 

スポンサーリンク

 

白い恋人パークへ行ってみた感想!

今回は大人2人、車で来場したので誘導されるがままに2Fの駐車場に止めて、すぐ屋内入り口から館内に入っていきました。2Fから入るといきなり「地獄の天使」がお出迎えしてくれます。

車やバイクの古い廃材を使ったオブジェで、その他にもアンティークな置物がいろんな所に見られます。アトムがキッズタウンに誘導してくれたり、その奥にはなぜか真実の口が・・

2Fから館内に入ると、どのような順路になっているのかわからなくて、スタッフの人に誘導してもらうこともありましたが、このパークのスタッフは皆さんとても丁寧親切で感じが良かったのが印象に残ります。

チョコレートファクトリーの受付も私たち以外は海外の人達だったのですが、スタッフの対応で皆さんスムーズに見学ができていたので、外国の観光客も多いわけがわかります。

白い恋人の工場見学がメインと思っていたのですが、美術品やちょっとした置物・雰囲気といい、ここは大人が楽しむとこかなあ~とも思いました。

雪が降り始めるころからはイルミネーションも楽しめたり、春が来るとローズガーデンを散歩したり、おしゃれなアンティーク家具に囲まれてティータイムをしたりと、デートスポットとしてもおすすめできます!

また、白い恋人パークでしか買えないお土産もゲット。チョコレートなのですが、ホワイトチョコをチョイスしました。

なぜかって?そう、私も何でホワイトなのと思ったのですが、一緒に行った相方が「白い恋人といえばホワイトチョコレートでしょ!」と何の躊躇もなくこちらを選んだので、言われてみればそうか・・と納得(笑)

味はもちろん美味しかったです!

今のところ(2018年)、ここでしかこのチョコは購入できないみたいなので、ちょっと変わったお土産を求めている方にはおすすめですよ!

 

その他にもホワイトチョコレートが練り込まれた焼き菓子や、白い恋人パークがパッケージになったここだけのオリジナルクッキーなどもあります。

特に人気があるのが「白い恋人パーククッキーBOX」で、海外の観光客にも人気がありました。

 

まとめ

札幌に観光に来てどこに行こうか迷っている人や、札幌に住んでいるけど行ったことがない人・「えっ、そこって子供の遊ぶとこでしょ!」など、まだ白い恋人パークに行ったことがない人は、大人だけでも楽しめるスポットなので、ぜひ一度行ってみてはいかがでしょうか!

合わせてこちらも

-北海道の観光
-, , ,

執筆者:

関連記事

ノースサファリサッポロはどんな所でアクセス方法は?親子でも楽しめる?

ゴールデンウィークや夏休みの計画はもうしてますか? 動物が好きな人で危険しらずの人なら北海道の札幌に、ノースサファリサッポロという動物園があります。ここは普通の動物園ではないんです。動物と触れ合えるの …

北海道夏の千歳市で千歳基地航空祭とドレモルタオで大満足した旅!

数年前の夏、埼玉県から家族4人(夫婦と当時小学生の息子二人)で千歳に訪れました。飛行機が大好きな我が家なので、一度は見てみたい航空自衛隊の「千歳基地航空祭」へ頑張って遊びに行ってみました。 真夏のはず …

知床横断道路の開通期間はいつ?車で走る所要時間や注意することは?

北海道の道東部、世界遺産の知床半島はアイヌ語で、「地の果て」や「地の突端」と言われ、日本の中でも、厳しい自然と地形が魅力的な一度は訪れたい場所ですよね。 そんな知床半島には、島を横断する知床横断道路( …

ナイタイ高原牧場を堪能するには車が必要?行き方やバスツアーはある?

北海道らしい場所を観光したいと思ったら、広大な土地や自然を思い浮かべる人も多いですよね。 そこで、道外の方にはイマイチ馴染みの薄い所かもしれませんが、ナイタイ高原牧場という観光スポットが最近有名になり …

秘境の神の子池は行く価値がある?ベストシーズンや夕方や雨でも大丈夫? 

北海道にも沢山の秘境と呼べる場所が沢山ありますが、道東にも秘境と呼ばれる神秘的な神の子池があります。 周りには川湯温泉をはじめ、摩周湖・屈斜路湖など有名な観光スポットがあり、とても素晴らしい自然に囲ま …

スポンサーリンク



アーカイブ