北海道の観光

小樽雪あかりの路コースを回る所要時間!しっかり見るなら宿泊がおすすめ!

投稿日:21/11/2017 更新日:

 

小樽の企業や市民とボランティアの方々で作られていく、心温まる小樽雪あかりの路は今では海外からも大勢の観光客が押し寄せる、北海道の風物詩となりました。

優しさとおもてなしの心が溢れている会場は、一度行くと忘れられないという人も多いです。そんな小樽雪あかりの路はいろんな場所に明かりが灯されていて会場は40か所以上に上るほどに!

どこをどう回ればいいのかわからなくなってきそうですが、そんな小樽雪あかりの路のコースの回り方などを、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

小樽雪あかりの路会場のコース

毎年開催日は2月上旬から約10日間の間で、小樽駅を1歩外に出るとそこから会場が始まります。

2020年の開催期間は
2月8日(土)〜16日(日)17:00~21:00です

大小の各会場を合わせると40か所以上になり、小樽の町全体がキャンドルの光の包まれています。毎年盛大になり規模も拡大され今や小樽市全体が会場になるます。

小樽雪あかりの路のメイン会場は手宮線会場運河会場になります。

全ての会場を見て周ろうとすると、広範囲になるので雪道に慣れていない人には至難の業です。例えば、この時期の小樽の夜は氷点下です。外で歩く時間も1時間~1時間半あれば十分凍える寒さに到達します(笑)!

ここは絶対見たい!歩きたい!という場所を押さえて、その周辺を見るのがおすすめです。

 

手宮線会場は、鉄道の跡地で鉄道ファンにも有名な場所

普段は雪が積もると鉄道なのかわからないですが、この開催期間はとても静かで厳粛な雰囲気が漂い、都会の喧騒から離れるようで自分自身を見つめられるようなスピリチュアル的な会場です。

 

運河会場は小樽運河として全国的にも有名な観光名所

撮影スポットとしても観光客に人気の浅草橋街園が優しい明りで温かく迎え入れ、運河には浮き球が浮かべられ幻想的に演出。いつものノスタルジックな風景を一層引き立て、ぬくもりある会場になります。

 

その他の会場も期間中は毎日開催されている所と期間限定の場所

小樽駅から運河会場に向かう間のメイン通りや商店街、朝里川温泉や天狗山などは毎日開催され、天狗山ではオープニングに花火の打ち上げもあります。

朝里川温泉会場や天狗山は少しメイン会場から離れた場所になるので、行列ができるほどの混雑が比較的少ないのでおすすめの場所!広大な敷地に広がる幻想的な風景は圧巻です。

ゆったり静かに見学できるのでおすすめです。

おすすめスポット

期間限定の会場は町内会や学校が多く、有名どころでは富岡聖堂・マリーナ地区・伊藤整ゆかりの地・浅原硝子製造所などがあります。

・マリーナ会場は週末限定

長い通路の雪あかりが印象的でとてもロマンチックなのに、人が少ない穴場スポットです。海風がきつく開催時間も少し短めなので早めに行くのがおすすめです。小樽運河からは雪の降る時期は40分以上歩く事になるので、JR小樽築港駅から行くのがおすすめです。

 

・富岡聖堂

異国情緒溢れる素敵な建物がロウソクの灯りの中で、幻想的に浮かび上がり特に写真好きの方に人気のスポットです。2日だけの期間限定ですが、開催日は聖堂の見学もでき暖かい飲み物も提供されます。小樽駅から約20分の距離です。

 

・入船六・三町会の雪あかりの路

こちらの会場は毎年2日ほどの期間だけですがとても立派なオブジェが好評で、オブジェコンテストで何度も賞を受賞しています。南小樽駅から徒歩約20分の距離です。

 

・伊藤整ゆかりの道(旧衣斐質店)や伊藤整ゆかりの地(塩谷会場)

「小樽雪あかりの路」の名称は、伊藤整の詩集「雪明りの路」にちなんでつけられた名前です。旧衣斐質店は静屋通りから一本海側の仲静谷通りにあり、歴史あるものと静けさと灯が情緒があり心落ち着く会場です。塩谷会場は小樽駅前からバスで約20分ほどにある塩谷バス停を下車すると、ゴロダの丘で幻想的なキャンドルが温かく迎えてくれます。

少しメイン会場からは離れますが、この会場は名前の由来にもなるので行く価値があります。

 

・勝納川沿いの浅原硝子製造所

創業明治33年という小樽で老舗のガラス製造所です。製作所の裏手に勝納川があり、川沿いの自然を生かした雪あかりを灯しています。ライトや街灯がないので日が落ちる真っ暗になる前の見学がおすすめです。

 

小樽雪あかりの路の回り方

とにかく会場がいろんな所に点在し、開催時間も4時間なので行動範囲が限られます。開催時間も17時~21時までとそんなに長い時間ではありません。そこに、食事を挟むつなるとメイン会場を散策するだけで明かりが消える時間になります。

また、雪国の道を知らない人には歩くだけでも大変だと思います。2つのメイン会場を足早に見て、食事を入れると2時間程はかかります。混雑する時間なら、メイン会場2つを見て食事をしたら終わりになりますね・・

点灯時間はかなりの人出になることが予測されるので、メイン会場などは幻想的でロマンチック!な雰囲気には、人の多さに欠けてしまいます。

そこで、時間のない人にはメイン会場でパンフレットをもらい、メイン会場を一通り散策したら、人混みを抜けて路地を歩くのがおすすめです。

 

メイン会場ルート

たとえばメイン会場の小樽運河は運河沿いや浅草橋周辺には人であふれていますが、海岸沿いの方向に一歩入ると人も少なく情緒感のある風景を楽しめます。

人混みに入るとメイン会場に押し流されるだけなので会場には行けますが、賑やかなので幻想的な雰囲気には欠けるかもしれません。お祭りのような感じが好きな人向けです。

少しゆっくり散策したいときは、ボランティアの人に近くで人混みを避ける場所を聞くのもおすすめです。

 

他のルート

また、メイン会場は最後にとっておき、小樽駅かすぐ朝里川温泉や天狗山に向かうのもおすすめです。

天狗山へはバスで約20分、朝里川温泉へは約30分の距離です。そちらを先に楽しむと、少し時間が経ってからメイン会場に行くので人混みも避ける事ができます。

天狗山からの雪あかりと小樽の「北海道三大夜景」のコラボはぜひおすすめです!

 

また、バスを利用すると効率よく回れます。はじめての小樽はどこを回ればいいか分かりませんよね!時刻に合わせて各会場を巡るバスが臨時で運行していて、各会場を効率よく回れるようにセット券などもあります。

もし1日4回以上バスに乗るなら、中央バスの「おたる市内線バス1日乗車券」がお得です。

・中央バス
http://www.chuo-bus.co.jp/main/feature/winter_festival/yukiakari.php

 

小樽の食

おたべるトクトク体験きっぷ」という小樽の飲食店や体験スポットに使えるお得なチケットがあります。

小樽の飲食といえば、なんといってもお寿司が有名!寿司屋通りがあるほど、お寿司の名店が沢山あります。小樽は海産物の宝庫でもあるので、ここに来てお寿司を食べないのはもったいないですよ!

その他小樽を代表するルタオ本店やスイーツ有名店が沢山あります。そんな小樽の食が、かなりお得に味わえるチケットなので、小樽で飲食を考えるならこのチケットは絶対お得です。

ただ、小樽の飲食店はそんなに遅くまで開いていないので、早めの食事をおすすめします。チケットの販売場所は手宮線会場色内駅で小樽雪あかりの路開催期間中の販売です。

・チケットの販売
http://yukiakarinomichi.org/?p=3562

 

スポンサーリンク

しっかり見るなら宿泊がおすすめ!

会場が沢山あるので、ゆっくり回りたい人には小樽での宿泊がおすすめです。日中は雪あかりが灯されていませんが、ボランティアの方々の作業風景や、どこにどのようなオブジェがあるなど確認もしやすく、夜の暗さで街並みがわからなくても、明るいうちに散策しておけば効率よく歩きやすくなります。

昼と夜の風景の違いに感動も多くなるでしょう。

運河の宿 小樽 ふる川

運河の宿 小樽 ふる川

小樽運河の目の前の宿で、昔懐かしいノスタルジックな情緒漂う旅館です。

ホテルノルド小樽

ホテルノルド小樽

こちらも小樽運河が目の前のホテルで、異国情緒のある外観です。

小樽・朝里川温泉 ウィンケル ビレッジ

小樽・朝里川温泉 ウィンケル ビレッジ

朝里川温泉会場に近く一棟貸の別荘になり、カップルでもグループでも対応できます。

小樽ヴィラマウンテング

小樽ヴィラマウンテング

小樽天狗山の麓に位置しスキー宿としても人気です。

グランドパーク小樽

グランドパーク小樽

マリーナ会場の目の前のホテルで眺めも景色も最高のロケーションです。

 

その他にも小樽運河近くの人気の宿朝里川温泉の宿などもあります。

 

まとめ

いかがでしたか。

年々観光客が増えている小樽雪あかりの路は一度訪れたら来年も行きたくなる、リピート率の高いイベントです。小樽の市民の方々の優しさがたくさん詰まったイベントなので、道民としては誇らしいイベントでもあります。

会場のろうそくを灯してくれて、スノーキャンドルやオブジェの制作をしてくれたり道案内や、カメラのシャッター押し・滑り止め用の砂まきなど、ボランティアの方々が極寒の中心を込めて手作りで迎えてくれています。

くれぐれも、キャンドルやオブジェを触ったり壊したり持ち帰ったりしないようにマナーを守って観光しましょう。

また私が大好きな、おたる水族館も冬季休業前なのでおすすめの観光場所です。

おたる水族館はデートのおすすめ場所!魅力と札幌からのアクセス

-北海道の観光
-, ,

執筆者:

関連記事

一日中流氷を満喫する方法や穴場!知床半島ウトロ町で流氷の上を歩く!

真冬の北海道で流氷を見るために、2月中旬に一人旅に行きました。旅の目的地は知床半島のウトロです。 世界遺産に登録された知床半島は自然が豊かで多くの珍しい生き物が住んでいます。知床半島の入り口である斜里 …

タウシュベツ川橋梁の見頃は?なぜツワーでの見学がおすすめなの?

廃墟や廃線めぐりは、今かなり人気がありますが、 北海道の上士幌町にあるタウシュベツ川橋梁もその1つです。 極冬の寒い凍結と、融解を繰り返すことによって劣化の速度が上がっているので、2017年5月にも、 …

然別湖の紅葉狩りはいつ頃から?見どころやおすすめのドライブコース!

然別湖は十勝有数の紅葉スポットとして、毎年多くの観光客がやってきます。 湖畔にはナナカマドの赤、ダケカンバの黄色がとても美しく、朝や夕方の観光船が走っていない時間帯は湖面も穏やかで鏡のようになり紅葉が …

おたる水族館の混雑状況は?滞在時間や見学時間はいつ頃がいい?

おたる水族館とは、小樽市祝津にある水族館です。日本海に面した断崖絶壁の丘の上に建っていて、その地形を生かして屋外の海獣公園の水は海水が直接流れ込むようになっています。 建物自体はとても古いですが、とて …

札幌の祭りシーズンでホテルが取れない時の対処法や穴場を紹介!

札幌市は言わずと知れた観光地で、近年では海外からの観光客も増して祭りやイベントが重なると宿泊できないケースも出てきています。ですが、どうしても宿泊するためにはとにかく探さないといけないですよね! そん …

スポンサーリンク



アーカイブ