北海道の観光

小樽雪あかりの路は札幌雪まつりとダブルで見るのがおすすめ!

投稿日:20/11/2017 更新日:

札幌雪まつりは1950年から開催され世界三大雪まつりとして歴史もあり、北海道内のみならず、全国・海外からも200万人以上が訪れる冬のビックイベントです。

そのお隣の小樽市でも、1999年から小樽雪あかりの路が開催されています。このふたつの開催日は毎年重なっていて、札幌雪まつりが大々的に人気があるので、小樽雪あかりの路を知らない人もいるかもしれませんが、一度訪れるとまた行きたくなる、魔法にかけられたようなおすすめのイベントなのです。

そこで、この二つのイベントを同時に楽しむ方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

札幌雪まつり

北海道の大イベントとして盛大に行われる札幌雪まつりは、毎年2月の上旬から約1週間の開催でメイン会場が3つに分かれて、様々な催しが行われます。

2020年は
・大通り会場とすすきの会場が
2月4日(火)~2月11日(火)
・つどーむ会場が
1月31日(金)~2月11日(火)
の日程になります。

大小様々な雪像を見学したり雪遊びができる、ライトアップやプロジェクションマッピングなど見て遊べて感動できる、冬の楽しい観光にはもってこいのお祭りです。

大雪像は自衛隊の方々や市民ボランティアの方々で造られ、毎年非常に完成度の高い雪像は圧巻です。

大通り会場とすすきの会場は交通の便もよく、観光スポットとしても人気のある大通り公園がメイン会場になるので、駅からのアクサスもいい場所です。

また地下歩行空間を利用すると、極寒の寒さも抑えられます。

つどーむ会場は、札幌駅からは少し離れているのですが臨時のバスも出ているので、大通り会場とつどーむ会場を往復する事もできます。

 

小樽雪あかりの路

小樽雪あかりの路は1999年に小樽市民の有志によって開催され

2020年の開催期間は
2月8日(土)~16日(日)
点灯時間17:00~21:00になります。

この小樽雪あかりの路は札幌雪まつりとは対照的で、大掛かりな雪像や大イベントというような感じでの打ち出し方ではなく、市民・参加型・手作りにこだわって小樽の夜を素朴に癒しと温かさを感じてもらうイベントになります。

市民や地元商店街・町内会・企業・学校やボランティアの人々が全て手作業で会場をつくっていくので、温かさが溢れています。

会場も小樽の広範囲にわたりメイン会場は手宮線・小樽運河で、小樽駅前から中央通り・都通り・花銀通り・堺町通りなど歩く道に沢山の感動の明かりがともされています。

小樽の歴史と情緒ある街並みが、ロウソクの火だけで彩られ幻想的で感動が感動を呼び、今では札幌雪まつりに続き北海道の冬の風物詩にもなります。

 

 

スポンサーリンク

ダブルで見るのがおすすめ!

北海道を代表するこの2つのイベントは、開催日が少しかぶった時期があります。しかも札幌駅から小樽駅はJRで約30分の場所です。大通り会場から小樽駅まででも地下鉄やJRを利用して約1時間弱の距離です。

大きな北海道でこの至近距離の2大イベントは、どちらも見ないと損した気分になる!
と私なら絶対思います。

・札幌雪まつりは朝から夜までイベントがあり、いつ見に行っても楽しめますし、

つどーむ会場は9:00~17:00間での開催です。

また大通会場のメインとなる雪像は24時間いつでも見る事ができます。

・小樽雪あかりの路はメインは夕方からです。

北海道の冬は日が沈むのも早く開催日は、17:00頃には暗くなります。ちょうど小樽の明かりが灯されだすのが17:00から21:00の時間なので、この時間に小樽に居ることができれば、雪あかりの路も楽しめます。

ということは、札幌と小樽の観光は1日あれば回れるコースなので、このイベントは2つとも見る事ができます。

たとえば、

午前からお昼にかけて大通り会場とすすきの会場を見学し、15時過ぎごろから小樽に向かうようにすると16時過ぎには小樽にいます。雪あかりの路を2~3時間堪能したら札幌に戻って、大通り会場とすすきの会場の夜のライトアップやプロジェクションマッピングを楽しむ!

また、

子供さんがいる場合など、午前中つどーむ会場で雪遊びをしてお昼過ぎに大通り会場付近を見学し、16時頃から小樽に向かい雪あかりを楽しんで札幌に戻る、でもいいですよね!

その逆に、

小樽に宿泊しているなら朝から札幌に出向いて雪まつりを楽しんだ後、夕方に小樽に帰り、ゆっくり雪あかりを見て歩いてもムードありです。
このコースはカップルにおすすめですね!

 

まとめ

いかがでしたか。

せっかくこの時期に札幌や小樽観光に行くなら2つとも見ないなんてもったいないですよ!これは雪国を楽しむには絶対おすすめのコースです!札幌雪まつりで雪国のダイナミックさを見て、小樽雪あかりの路で心温まる情緒豊かな街並みを見る。どうでしょう!

ぜひ計画の1つに取り入れてみて下さい。

-北海道の観光
-,

執筆者:

関連記事

知床峠の行き方や交通手段は?夏でも服装には気を付けないとダメ?

知床半島は北海道東部のオホーツク海に約70キロ長く突き出た半島です。2005年に美しい自然景観として、世界自然遺産に登録されました。 しかも知床半島だけでなく、半島を取り巻く海洋も含めての自然遺産登録 …

小樽運河はなぜ観光スポットになっている?由来やおすすめの時間帯はある?

小樽の観光で外せないスポットと言えば「小樽運河」です。実際に行ったことはなくても「聞いたことがある」「テレビで見たことがある」という方も多いのではないでしょうか。 そんな小樽運河はなぜ人気の観光スポッ …

札幌定山渓温泉ぬくもりの宿ふる川は親孝行をするにはもってこいの宿!

北海道の温泉といえば、登別や十勝・洞爺湖・最近ならニセコなど、有名どころが沢山ありますが、札幌の定山渓も広く知られてくるようになりました。 札幌からのアクサスもよく、観光するにも宿泊するのもおすすめの …

ニセコの夏はなにがある?夏の過ごし方や遊び方・おすすめスポット!

ニセコと言えば、やっぱり北海道内でも屈指のパウダースノーが自慢のスキー場ですよね。ニセコアンヌプリ国際スキー場などの有名なスキー場があり、ふもとにはいくつもの温泉郷があり、「ニセコ = 冬」のイメージ …

函館観光体験談!函館浪漫をじっくり満喫するのは自転車がおすすめ!

埼玉県入間市在住の50歳になる主婦です。 函館は歴史とロマンがたっぷり詰まった素敵な街です。我が家では新選組をきっかけにして様々なことを調べていたら、五稜郭に行ってみたいという子供たちの希望で、函館へ …

スポンサーリンク



アーカイブ