北海道の観光

札幌円山動物園のおすすめの時間帯や所要時間はどれくらいかかる?

投稿日:19/01/2019 更新日:

札幌にある円山動物園は、道内では旭山動物園に次ぐ規模で毎年多くの人で賑わっています。道外から観光で立ち寄る時など、観光プランで有効な時間の使い方をしたいと思われる人も多いはずです。

もし、円山動物園をプランの中に入れるとしたら、移動や園内を見学するにはどれくらいの時間がかかるのか気になりますよね。そこで、円山動物園に行く時に混雑を避ける時間帯や、見学の所要時間などをまとめてみました。

スポンサーリンク

円山動物園までのアクセス方法

円山動物園は札幌駅から車で約15分くらいの場所にあります。しかし、ゴールデンウィークや夏休み時期の週末などは渋滞することもよくあります。

駐車場は約900台ほど停められますが、混雑期になると、駐車場に入るだけで数時間待ちということもあります。付近の盤渓スキー場の駐車場を解放することもありますが、それでも待ち時間は発生します。混雑期に訪れるなら車はあまりおすすめしません。

札幌駅から公共交通機関を利用する場合は、地下鉄南北線「さっぽろ駅」から「大通駅」まで行き、そこで東西線「宮の沢行」に乗り換え、「円山公園駅」で下車します。ここまでおよそ10分程度です。円山公園駅に着いたらすぐバスターミナルがあるので「円15 動物園線」に乗車し、「動物園前駅」で下車します。所要時間はおよそ7分です。
また4月末から10月上旬までは円山公園駅からシャトルバスも運行しています。
地下鉄駅から徒歩でも15分くらいなので、バスの待ち時間を考慮すると、かかる時間はそれほど差はありません。

札幌駅から円山動物園まで公共交通機関を利用して約20分程です。

園内の一般的な滞在時間は?

円山動物園の見学は、およそ2~3時間あれば全ての展示をゆったりと見ることができます。もちろん、園内にはカフェやレストラン・ショップなどの他に、西門近くに子供向け広場「まるっぱ」があり、アスレチックなどで遊べるので、子供さんと行く時は1日中滞在しても飽きることはありません。
また、お弁当の持ち込みも可能ですので、ピクニック気分で楽しむことができます。ただカラスがお弁当などの飲食物を狙ってくることがあるので、外で飲食をするときは十分気をつけてください。

 

スポンサーリンク

おすすめの時間帯は?

最もおすすめなのが開園直後の時間帯です。開園時間は9:30からで、この時間帯は比較的空いていることと、活発に動いている動物が多いので見応えがあり狙い目です。

お昼を過ぎると昼寝をしていまう動物もいて、せっかく行ったのにお尻しか見えない、なんてこともよくあります。

特にここのシロクマ達はダラダラするのが好き?なのでピクリとも動かず寝そべっていることがあります。それはそれで可愛いのですが、やっぱり野性味ある迫力の姿は見たいですよね。そんな時にはなるべく開園後の午前中に入園するのがおすすめです。

まとめ

ゆっくりと時間をかけてみるもよし、サクッと雰囲気だけを味わうもよし、様々な楽しみ方ができるのは円山動物園の良さです。市内中心部からのアクセスも良好なので、観光プランに合わせた楽しみ方をしてみてください。お役に立てれば幸いです。

-北海道の観光
-, , , ,

執筆者:

関連記事

おたる水族館の混雑状況は?滞在時間や見学時間はいつ頃がいい?

おたる水族館とは、小樽市祝津にある水族館です。日本海に面した断崖絶壁の丘の上に建っていて、その地形を生かして屋外の海獣公園の水は海水が直接流れ込むようになっています。 建物自体はとても古いですが、とて …

標津サーモン科学館は鮭だけじゃない?楽しみ方や割引・周辺観光なども!

道東にある標津サーモン科学館は名前の通り、鮭に関しては日本最大級を誇る展示で、鮭のすべてがわかる水族館です。 世界遺産の知床半島にも近く、道東の観光としても足を運びやすい場所です。 鮭のわかりやすい解 …

神威岬から積丹ブルーを見るおすすめ時期は?観光時期や交通手段は?

皆さんは「積丹ブルー」という言葉をご存知ですか?北海道の小樽を、余市方向に進んで行くと、日本海の積丹半島に出てきます。 積丹の海は透明度が高く、さらに海藻が少ないので、その海面は、底が見えるほど透き通 …

小樽観光は魅力が多すぎ!見て食べて作る!小さなエリアで大満足の旅!

スポンサーリンク 小樽と言えば北のウォール街と呼ばれ、北海道開拓の玄関口や国際貿易の拠点としてとても栄えた街です。歴史的な建物が沢山あり、北海道の観光地としても有名どころですね。 でも、海と山に囲まれ …

道東知床半島を観光する時のお役立ち情報やイベント記事まとめ!

こちらは知床地域の情報記事をまとめています。 観光に行く時など、お役立ち情報も入っていますので気になる記事をクリックしてみて下さい!

スポンサーリンク



アーカイブ