美容

飲む日焼け止めサプリのインナーパラソルを飲んでおけばよかった説!

投稿日:23/06/2017 更新日:

ここ最近話題になっている、飲む日焼け止めサプリ。今年になって後悔しています。なぜ、飲んでおかなかったのかと・・

紫外線がますます強くなっているのに、冬場も紫外線をあなどれないのに・・後悔する前に飲んでおくべきでした。

なぜ後悔したのか、ご紹介します・・

スポンサーリンク

飲む日焼け止めサプリとは?

まず最初に、飲む日焼け止めサプリってその名の通り飲む日焼け止めのことです。今までは日焼止めといえば、塗るものだったのですが、何年か前から、飲む日焼け止めが海外で爆発的な人気になり、今では、欧米諸国の日焼け止め対策は、飲むものとして定着しています。

日本でも、90%以上の人が普段から日焼け対策をしていますが、その日焼け対策についても、90%以上が不満を感じるようで、効果を実感していないんですね。

つまり、対策はしているけど満足をしていない人が多いということです。

そこで、日焼け対策の手段としては日焼け止めクリームを使用しているのですがベタつく・塗りづらい・何度も塗り直さないといけない・白く残る、匂いが気になる、塗り忘れてしまうなど、多くの悩みもあるんです。

そう、まずムラができやすく、何度も塗り直さないといけないという点は、非常にロスですよね。正直、2~3時半置きに塗り直さないといけないとか、お昼から化粧をいったん落として塗り直すなんてなかなかできません。

このような不十分な感じでは「対策はしてきたつもりだけど・・」結局、日焼けしたりシミができたりします。

こんなことでは、紫外線を防ぐには限界があります!

そう、今までのケアでは不十分だったんです。日焼け止めクリームのパワーが徐々に弱くなったり、反射してくる紫外線対策は日傘では防げなかったり、今までの対策では、紫外線には勝てなかったんですよ。

そこで、2015年あたりから飲む日焼け止めサプリが話題になり、内部からの日焼け対策が必要だって、わかってきたんです。

ここ最近では、ホンマでっかTVで取り上げられてから芸能人が愛用している事で、すごく話題になってるんですよね。成分も気になりますが、10~15年の研究を重ねて皮膚科でも使用されているので、副作用の心配は今のところ大丈夫なようです。

8433

スポンサーリンク

飲む日焼け止めサプリインナーパラソル

飲む日焼止めサプリも色々種類がありますが、日焼止めに効くとされるニュートロックスサンが1mgでも配合されていると「配合」と記載できるため購入時には注意が必要なんです。

1日250mg以上で使用が認められる「ニュートロックスサン 日傘サプリ」このロゴが付いていることが信頼の証です。

かさのマークです

 ☝

このマークですね!
そこで今一番暑い商品が飲む日焼け止めサプリインナーパラソルなんですよ!このUVサプリの成分でもあるニュートロックスサンが7500mgも配合されています。他と比べると圧倒的な高配合率だから高い実感が期待できますね。

その他にも美容に大切な

ビタミンCが3000mgも高配合されているのには驚きです。

・それにビタミンPも3300mg

ビタミンPはビタミンCの吸収効果を高めるのに必要なものなので、こちらもしっかり配合されているのは インナーパラソルだけなんですよ。ココの会社は分っていらっしゃる!

コプリーノ1500mg

コプリーノの成分は紫外線によって皮膚に起こる光障害を抑制する効果を持っているキノコの成分で、アンチエイジング対策に非常に効果が期待できる成分です。

パインセラ900mg

パイナップルから作られた植物由来のセラミドで、お肌に必要不可欠な成分です。

このような高配合な美容成分がたっぷり入っているのは、夏の美容ケアに最適なサプリです。その上しっかりと品質管理や衛生管理をしていて、品質認証テスト(放射能テストなど)にも合格しています。安全・安心のサプリですね。

8431

インナーパラソルを飲んでおけばよかった説

こんなに、飲む日焼け止めサプリのこと知っていたのに・・私は、サプリを飲むときは成分を徹底的に調べて、自分に合うものをしっかり見極めてから購入するのですが、やっといいもの見つけたと思って、インナーパラソル買うことを決めていたんです。

が、その前に・・

そうなんです!やらかしてしまいました・・

今年思いっきり日焼けしてしまいました。しかもまさかこんなとこ?ていう場所です。

顔や首筋などは気を付けていたのですが、やっぱり飲む日焼け止めサプリ飲んでおけばよかったと後悔しています。

なんで飲まなかったんだ!今年は飲むぞと決めていたのに・・これはヤバいです。早速飲みます。

8431

飲んだ結果は、秋にはわかるはずです!

まとめ

いつものことなので、逆に見落としがちでもある日焼け対策ですがちょっとした失敗で、ひどい火傷のようになることもあります。

毎年気を付けていたのに・・と私のようなブレスレットを付けないためにも飲む日焼止めサプリはおすすめしたいですね!
合わせてこちらも
紫外線で日焼けしてしまった時の対処法と後悔しないための対策法

-美容
-, ,

執筆者:

関連記事

初めての美容室子供はいつから行かせる?カットを嫌がる男の子の場合は?

小さい頃は髪の毛の量も少ないし、お母さんが適当に子供の髪を切ってなんとかしのいでいたけど…。 幼稚園に上がって、七五三の写真を撮る時ぐらいまでには美容室でカットをお願いしたいと 思うお母さんは多いので …

クレンジングオイルやゲルが肌に合わない!化粧落とし以外の使い道はある?

クレンジングはメイクをする女性にとって、メイク用品と同じくらい重要なアイテムです。 オイルやクリーム・ゲルなど種類も多種多様で、好みのものを見つけやすい反面、肌に合わないということもしばしばあります。 …

ヘアドネーションは偽善なのか?くせ毛や毛染めの髪でもいいの?

  ここ最近になってよく耳にするようになった「ヘアドネーション」という言葉ですが、一体どういう意味なのか気になりませんか? 良いことをすることなのですが、全員ができることではありません。実は …

スキンケア化粧品は何歳ごろから始める?子供の使い始める年齢はある?

スキンケア化粧品(基礎化粧品)というと、クレンジングや洗顔・化粧水・乳液・美容液などのことを言いますが、これっていつ頃から使うのでしょうか? 赤ちゃんの時は、肌も敏感なのでお母さんがちゃんとケアしてい …

小学・中学生でも脱毛はあり? エステと医療脱毛はなにが違う?どちらがいい?

ムダ毛処理は、年齢性別問わず気にしてる人がたくさんいますよね。 その中でも小学生・中学生・・。時代の流れからなのか、小学生からムダ毛を気にして悩んでる子供さんが多いということです。そして、親御さんにと …

スポンサーリンク



アーカイブ