妊娠育児子育て

トランプは何歳からできる?幼児でも楽しめるトランプ遊びの紹介!

投稿日:

トランプは、世界中で世代を問わず多くの人が親しんできた遊びです。

場所を問わずに、どこでも誰とでも何百通というゲーム遊びができるので、ほとんどの人がトランプ遊びをした経験があるでしょう。

それに、カード一式だけでできるシンプルさなのに、こんなにも奥深い「おもちゃ」は、トランプ以外思いつかないといっても過言ではないくらいです!

そしてトランプは、幼児教育にもとても役に立つおもちゃでもあるのです。

ただ、幼児とトランプ遊びをする時は、理解度なども必要になってくるので、何歳からできるようになるかなど、気になるところですよね。

そこで今回は、何歳ごろから幼児でも楽しめるのか?また幼児とできるトランプ遊びなどについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

トランプは何歳からできる?

トランプで遊び始めることができるのは、数字や記号を理解できるようになる3歳頃が目安となります。

個人差もありますが、もしあまり理解ができていなくても、カードの絵柄を教材にして数字を覚えさすのもいいですよ。

遊びやオモチャとしてトランプを見せていくと、早く理解ができるようになり覚えも速くなるでしょう。

トランプ遊びのメリットとは?

トランプ遊びをするためには、ルールを覚えることはもちろんですが、以下のような動きも必要となります。

・カードを切る
・カードを配る
・カードを整理する(並べる、場に捨てるなど)
・順番を待つ

これらは大人にとってはごく単純な動作ですが、幼児にとっては難しいものです。

遊びを通して楽しみながら、これらの動きを身につけていけることにトランプ遊びのメリットがあります。

世代は関係なく遊べる

幅広い世代に親しまれているということもメリットとして考えられます。

これは、普段一緒に遊び慣れていない祖父母なども、気軽に一緒に遊んであげられるということです。

例えば、「○○ごっこ」などのように、幼児の空想力で話が進んでいくような遊びは、祖父母にとってはなんのことだかわからない部分が多々ありますよね。

ブロックなども細かい作業が多くて苦手、スマホやテレビゲームなどはもってのほか・・という方も多いでしょう。

その点、トランプなら遊んであげやすいというメリットもあります。

トランプはシンプルな遊び

また、トランプ遊びは必ずしも全てのカードを使用する必要はありません。

カードの枚数を減らすことで、ゲームの難易度を下げることができるのもシンプルな遊びだからこそのメリットです。

だから、お子様の発達に合わせた遊び方ができるのです。

幼児でも楽しめるトランプ遊び

それでは、トランプを初めて触る子でも楽しめるゲームを、いくつかご紹介していきましょう。

神経衰弱

まずは、お子様の知っている数字だけのごく少ない枚数から始めてみましょう。

数字だけや、どちらかの色だけなど、トランプの枚数をしぼって、慣れてきたら徐々に枚数を増やしていきます。

ババ抜き

これもトランプの中ではメジャーなゲームですね。

説明しなくとも祖父母も遊びに加われるので、お子さんにも早めにルールを覚えてもらいたいゲームです。

初めのうちはなかなか難しいので大人(あるいは大きな子)と、チームを組んで遊ぶのもいいですね。

ぶたのしっぽ

運動神経も問われるゲームです。

ジョーカーを抜いた52枚を裏返した状態で円状に広げます。

その中から一枚めくり中心に置きます。

順番にこれを繰り返し、前のカードを同じ数字、または同じマークの場合、中心の山に手を伸ばしてタッチします。

最初に触れた人が山札をもらい、最終的に多くのカードをゲットした人が勝ちです。

トラけん

ジョーカーを抜いた52枚の点を切り、全員に配ります。

「セーの」の掛け声とともに、手札の中から1枚を出します。

最も数字が大きいカードを出した人が勝ち、というルールです。

ちなみにこのゲームは、私が幼い頃、母がゲームマスターとなり、いとこたちとよく遊びました。

1ゲームごとにお菓子がもらえるのですが、飴玉1個の時もあればコアラのマーチのような大きなお菓子がもらえることもあります。

小さなお菓子で強いカードを使って確実に手に入れるか、大きなお菓子だけを狙いに行くか、子供ながらとても悩んだことを覚えています(笑)。

単純なゲームですが、意外と盛り上がるので親戚やお友達が集まる時などにおすすめのゲームです。

この「トラけん」というのは「トランプ」+「じゃんけん」から生まれた母の造語です。

調べてみると「せんそう」など、似たようなルールで別の名称のゲームもあります。

アレンジしやすいゲームなので、参加人数や状況などに応じてオリジナル要素を加えて遊べますね。

スポンサーリンク

まとめ

アメリカでは、トランプは非常時持ち出し袋の中に必ず入れておくと言われています。

それくらい多くの人で遊べ、飽きのこないおもちゃということです。

頭と指先を使い、他者とのコミニュケーション力も必要とされるトランプゲームは、お子さんの学びには最適なおもちゃです。

しかも、幅広い世代で馴染みがあるので、家族みんなで遊べるということも魅力の一つです。

一見、地味な遊びですが、メリットはたくさんあります。

ぜひトランプ遊びで、親子はもちろん祖父母も交えて楽しんでください。

-妊娠育児子育て
-, ,

執筆者:

関連記事

ビニールプールを使わない時の置き場所は?しまう時の保管の仕方は?

夏といえば海やプールを思い浮かべる家庭は多いですよね。子どもにも人気の遊びです。 遊園地のプールや市民プールは面積が大きいですし、滑り台や流れる仕掛けがあったりと、子どもにとっては魅力的です。 ただ、 …

夜勤や夜の仕事・パートでは保育園に入れない?入園の条件や保活のコツはある?

キャリアを維持するため・家計のためなど理由は様々ですが、子育て中に働くには保育園の確保が第一ですよね。 しかし、核家族化や共働き世帯が増加傾向にある今では、保育園の需要は伸びに伸びて、多くの自治体では …

ベビーカーはいつからいつまで使う?3歳や4歳では?乗りたがる時は?

育児中の代表的なアイテムの一つ、ベビーカー。   今は種類も豊富にあり、価格帯もピンからキリまでと幅が広いので、一体どれを選べばいいのか悩むご家族も多いのではないでしょうか。 さて、このベビ …

子供の好き嫌いは親のせい?食べてくれない原因や偏食は治さないとダメ?

子供にはどんな食べ物でも、好き嫌いなく食べてもらいたいと思うのが親心ですよね。 しかし幼い頃から好き嫌いのないお子さんというのはあまりおらず、ほとんどが多少の好き嫌いはあります。 食事を用意する親とし …

赤ちゃん返りは5歳や一人っ子でもある?愛情不足じゃなく試されてる?

乳児から幼児に成長すると、1人でできることも増えていき、徐々に「手がかからなくなってきた~!」「少しはラクになるかな!」と思いきや、突如として「ママやって!」「できない」と駄々をこねだすこと・・よくあ …

スポンサーリンク



アーカイブ