生活

ビニールプールの水替えは毎回する?消毒は必要?簡単な排水方法ってある?

投稿日:

夏がやってくると、子供が喜ぶビニールプールが大活躍です!

ただ、とても楽しく遊んでくれるのは嬉しいですが、あと片付けが何かと大変ですよね。

1日くらい水を抜かないでそのままにしていても、大丈夫なのでしょうか?

面倒くさいから、次の日も暑いようだったらそのままにしようかな?

なんてことも考えますよね。

でも1日でもそのままにした時の、衛生面的なことも気になりませんか?

そこで水替えの疑問や、良い片付け方法を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ビニールプールの水替えは毎回した方がいいの?

プールの水は1回使っただけで、水はかなり汚れます。

子どもの汗や鼻水、唾液やおしっこなど、色んな体液で汚れています。

ほかにも外気の汚れや砂や草など、気づかないうちに色んなものが入り込んでいるんですよね。

目に見えないからといって、決してきれいな水・何もないというわけではありません。

その状態でこのまま1日でも放っておくと、そのような見えない汚れからバイ菌が沢山湧いてくるのです。

だから結論を言えば、毎回取り換えた方がいいということになります。

自分の子どもが、そんなばい菌の湧いた水の中で遊んでると思った嫌ですよね?

それを飲み込んでるかもしれないと思ったら、余計嫌ですよね。

だから、毎回水替えをすることをおすすめします。

水の消毒はした方がいい?

それでも、毎回水替えをするのは面倒だな・・と思うこともありますよね。

わかります!

そこで、消毒すればいいのではないか?

水道水は元々カルキが入っているから大丈夫じゃない?

と、思いますよね。でも、ちょっと待ってください!

水道水

水道水にはカルキが入っているので、たしかに多少は消毒効果はあります。

でも、それをそのまま外に放置して日光に当てておくと、カルキは抜けてしまい、徐々にぬめりが出できます。

ただの水道水では、水遊びした後、そのまま一日放置しているだけでバイ菌の繁殖は始まってしまいます。

消毒液

公共の施設ではよく塩素消毒をされていますよね。

でも家庭用の小さなプールで考えると、塩素消毒の濃度調整は難しく、外の場合は特に紫外線によって効果が薄れてくるので何度も投入する必要があります。

それに、小さな子供さんは結構プールの水を飲み込んでしまうことが多いですよね。

塩素消毒をした水を、もし飲み込んで体内に塩素が入ると思うと、あまり心地いい気はしませんよね。

そこで、非塩素系の水をきれいにしてくれる消毒がおすすめです。

 

塩素消毒に比べると、肌にも優しく害も少ないです。

どうしても、水替えをすることが面倒な時には、このような消毒を利用するのもいいですね。

ビニールプールの水が楽に抜ける排水方法

毎回、水を取り替えないといけないとなると、できれば簡単に片づけたいのが本音でしょう。

プールの種類にもよりますが、水を抜く口がついているプールだといいのですが、そうでないと大変です。

プールも水が入っていると重たいし、ひっくり返そうと思っても周りが大変なことになってしまいますよね。

水の抜き方

ホースを使って水抜きをします!

まず、プールの中にホースの両端をいれて、水を入れておきます。

そして、水が抜けないように手で押さえながらホースの片方をプールの外に出します。

手を離すと水が流れてくる。という方法が一番簡単だと思います。

この方法だと、一気に水が流れてびしゃびしゃになる事もないし、片方のホースを排水溝の近くに置いておけば、放っといてもそのまま流れていきます。

コツとしては、プールの中に入っている方のホースの位置を高くし、外側のホースを低い位置にして自然と流れる環境を作るということです。

この方法に慣れれば、とても楽ですよ。

後片付け

では、次に水が抜けたあとの片付けです。

外に置いておいて、日に当てて乾かした方がいいと思っている方も多いのではないでしょうか?

実は…それは間違いです!

なぜかというと、外に置いておくとビニールが劣化してしまうからです。

だから、片付けるときは屋内をおすすめします。

水分が乾いたら、しまえるスペースに置いておきましょう。

できれば膨らました状態でしまえたら、次に使うときも楽ですよね。

ただ、膨らました状態でしまう時も、その状態で置いておくと、ほこりやゴミがついてしまいます。

そこで、しまったあとに大きめのビニールをかけてほこりがつかないようにすると、次回使う時にきれいな状態で使用することができます。

たたんでしまう場合も同様で、ビニール袋にいれてしまいましょう。

スポンサーリンク

まとめ

ビニールプールの水は、使用のたびに交換した方がいいのは確かです。

目に見えないゴミや汚れがあるので、小さな子供さんが利用する場合は、特にめんどくさがらずちゃんと取り替えてあげましょう。

ただ、どうしても水替えが億劫な時には、非塩素系の消毒剤がおすすめです。

また、排水するのも中々大変ですが、少しコツを使えば簡単にできると思います。

プールの大きさによっても、大変さは違うと思いますが、慣れてしまえば大丈夫ですよ。

今回のビニールプールについて、参考になれば幸いです。

-生活
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

リモートワークは集中できない?メリハリを付けて生産性を高める方法!

新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、自宅でリモートワークをしている方も増えてきました。 在宅ワークとも言いますよね。 このリモートワークをするにあたって、1番の悩みのタネといえばオフィスでの業務に …

お彼岸でお墓参りに持参するロウソクやお線香・花はなぜ必要なの?

仏壇やお墓にお参りをすることは故人の供養になり、年に何度かは足を運びますがその時、ロウソク・お線香・花、この3つは必ず持参します。なぜでしょう? 仏前の供養では、「香・灯・華」の三つが基本とされ、お線 …

自宅にゴキブリが沢山いる?ゴキブリが増える理由と劇的に駆除する方法は?

暑くなるとチョロチョロ出てくる黒い物体・・。これが好きって人は、ほぼいなであろうゴキブリ!発見しただけで、悲鳴を上げるか硬直してしまうなど、イヤなやつですよね。 そんな、かわいくないゴキブリを家の中で …

停電はオール電化住宅の天敵?絶対に備えておくべき大切なものとは?

オール電化住宅は、ガス代もかからないし火災に対する安全性が高いなどの良い反面、オール電化住宅は、すべての機能が電気でまかなわれているので、停電してしまうと電気が使えないだけでなく、生活の手段が塞がれて …

エアコン・ストーブ・ホットカーペット・暖房器具のメリットデメリット!

ジリジリと熱い夏が終わり、気が付けばアッと言う間に寒い冬がやってきます。そこで本格的に寒さが厳しくなる前に、チェックしておきたい1つが暖房アイテムです。 エアコンやストーブ・ヒーター・ホットカーペット …

スポンサーリンク



アーカイブ