妊娠育児子育て

ぺこぱ育児は全肯定ツッコミでポジティブにストレス解消!大人にも使える?

投稿日:

我が子は可愛いもの。目に入れても痛くないと、誰しもそういう思いがあるのではないでしょうか?

ただ・・そうは思っていても、時には親の予想外の行動をしたり、言うことを聞かず反抗されたりと思うようにいかないのが育児です。

子供のささいな行動にイラ立ったり、ついついキツく言い過ぎてしまって落ち込んでしまう、そんなママも多いですよね。もちろん私の子育て時代はイライラがマックスでした。

そんな時に、心を落ち着かせ余裕を持たせる魔法の言葉・・「ペコパツッコミ」がある事はご存知ですか?

このツッコミはお笑い芸人「ぺこぱ」の漫才で、最近特に注目されています!

そこで今回は子育て中のイライラを解消するために、全肯定ツッコミを取り入れた「ぺこぱ育児」についてご紹介します。

スポンサーリンク

ぺこぱって何者?

ぺこぱとは、2009年に結成された松蔭寺太勇(ツッコミ)・シュウペイ(ボケ)の漫才コンビで、2019年のMー1グランプリで見事決勝進出を果たし、その知名度は全国区のものとなりました。

ぺこぱの漫才の特徴は、人を傷つけない独特な全肯定ツッコミでハマる人が続出し、ダウンタウンの松本人志さんは
「ノリつっこまないボケ」
「新しいところ突いてきた」
(2019年Mー1グランプリ準決勝より)

と評していました。

全肯定ツッコミって一体どんなもの?

皆さんは漫才のツッコミというと、どんなものを想像しますか?

「なんでやねん!」

「どないなっとんねん!」

などのセリフで、相方をバシッと小突くスタイルを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

従来のツッコミは、ボケに対して否定することで成り立っている漫才形式ですが、しかし、ぺこぱのツッコミは相手を決して否定しないのです。

例えば、

タクシー待ちをしていたら、停車するはずのタクシーにはねられてしまいます・・
スタンダードなツッコミなら「どこ見てんねん!」と相方を怒鳴りつけるのですが、ぺこぱの場合は
「いや、いってーな!どこ見て運転してるんだよ!・・・って言ってる前に無事でよかった」
(「タクシードライバー」より)

と言ったぐあいに何が起こっても全てを肯定し、とにかくポジティブに捉えるのです。

このポジティブな言い方をすることで、意外と気持ちも穏やかにスッキリした気分になれてしまえる!ということなのです。

ぺこぱ育児を実践してみよう!

子育てをしていると何かとイラッとしてしまうシチュエーションはありますよね。

そんな苛立つ状況の中、ぺこぱ育児の活用法のほんの一例をご紹介してみましょう。

壁紙や家具に落書きしてしまった!

「なんでそんなところに書くの!・・・いや、ここなら常に君の作品を見ることができる、素敵じゃないか」
片付けをしない!

「いつまでも出しっぱなしにしないの!・・・いや、むしろ散らかっていた方が物を一目で見渡せるから合理的だな」
好き嫌いをする!

「残さず全部食べなさい!・・・いや、味覚が敏感な証拠か、素晴らしい舌だ」

もちろん全てを子供の言いなり・全てを肯定するというのは、教育上正しくない場合もあります。

ですが、ぺこぱ式全肯定ツッコミをするとどうでしょう・・。

苛立っていた気持ちがふと落ち着くような感覚になりませんか?

このように、頭ごなしに叱るのではなく、一度クールダウンし「なぜその行為がいけないことなのか」を冷静に子供に説明できるようになるところが、ぺこぱ育児の良いところと言えるでしょう。

スポンサーリンク

大人同士の人間関係にも使える

また、ぺこぱの「ツッコミ」は大人社会でも心を落ち着かせる良い表現として使われています。


職場やママ友・親戚関係など、私たちは様々なコミュニティの中に身を置いています。

そして、どのコミュニティでも多少なりとも「ウマの合わない人」はいますよね。

ぺこぱ式全肯定ツッコミは育児だけではなく、大人同士の人間関係におけるストレス緩和にも役立ちます。

相手の考え方や行動を尊重し、認めることで苦手だと思っていた人の長所を発見できる可能性もあります。

また、合わない人というのは往々にして自分とはタイプの異なる人であることが多いので、これまでの自分にはない考え方を見つけ、視野を広げるきっかけにもなります。

このように子供だけでなく社会全体のコミュニケーションでも「ぺこぱ方式」は生かされるので、この発想でストレスが解消されると、笑顔も増えて怒ることも少なくなりそうですね!

まとめ

ぺこぱの全肯定ツッコミには、育児だけではなく日常のあらゆる場面でプラス思考になれるノウハウが詰まっています。

とは言っても誰しも疲れてしまう時や、うまくいかなくて自己嫌悪を感じたり悩む時だってあります。

そんな時、あなたの心の中の「ぺこぱ」はこう言うに違いありません。

「いや、疲れたり悩んだりするってことは、それだけ真剣に物事と向き合っている証拠だ」

子供だけでなく、自分を肯定することもぺこぱ育児をしていく上で重要なことです。

子供もママもハッピーになれる「ぺこま育児」で毎日を楽しくポジティブに過ごすきっかけになれば幸いです。

-妊娠育児子育て
-, , ,

執筆者:

関連記事

乳児のお風呂はシャワーでいい?朝シャワ―はスキンケアに良いって本当?

汗ばむ季節になってきましたね。 子育て中のママたちがこの時期に気になるのは、赤ちゃんの「お風呂事情」ではないでしょうか。 大人なら暑い日はシャワーだけでサッと済ますという事がよくありますが、果たして乳 …

離乳食の3回食で外出できない!調理時短の技や旅行の時はどうする?

離乳食も3回食へと進むころには食べる量も増えるため、その分作る量も増え1日中台所に立ってる!?っていう人もいるのではないでしょうか? それに加え、大人のご飯の準備もしていたら外出どころではありません。 …

離乳食はいつまであげる?完了後は幼児食?大人の食事とどう違う?

離乳食は初期の5~6ヵ月に始まり、12~18か月頃に完了期となります。 その後は幼児食へと進みます。 でも何を目安に幼児食に進んだらいいのでしょうか?幼児食とはどんな風に作ればいいのでしょうか? そこ …

離乳食を嫌がるようになる原因は? スプーンのせい?理由や対策は?

生まれて間もないわが子も、母乳やミルクだけではなくいよいよ離乳食が始まる頃、スプーンで口に運べば食べてくれるもんだと思っていたけど・・。 そんな簡単なもんじゃなかった? 赤ちゃんがやっとご飯が食べれる …

赤ちゃんを連れての外食はいつ頃からがいい?お店選びのポイントは?

生後1ヵ月を過ぎ、ママも赤ちゃんも外出できるようになると、色々な所に行きたくなりますよね。スーパーへお買い物に行ったり、赤ちゃん用品を買いに行ったりと、外出はいい気分転換にもなります。またお友達や家族 …

スポンサーリンク



アーカイブ