妊娠育児子育て

赤ちゃんには掛け布団はいる?いらない?寝相が悪い子や冬はどうする?

投稿日:

1日の大半を寝て過ごす赤ちゃんですが、寝冷えをしてしまわないか、心配になるママも多いのではないでしょうか。

少しでも肌寒くなると風邪をひかないように、なるべく暖かくしてあげたいところではありますが、果たして赤ちゃんの就寝中に掛け布団は必要なのでしょうか?

そこで今回は赤ちゃんの就寝時の寝冷え対策について解説していきます。

スポンサーリンク

赤ちゃんに掛け布団は必要?

寝ている間に体が冷えないようにしっかり布団をかけたはずなのに、いつの間にか布団を蹴飛ばしていたりうまく脱出したりして何もかけずに寝ていた!なんてことよくありますよね。

ある程度月齢が経過し、力もついてくると特にありがちな光景です。

赤ちゃんがうまく布団に入らずに寝てしまう理由として、以下の2点が考えられます。

・暑い
赤ちゃんは体温が高いので、大人が感じている以上に暑がりです。汗をかいていないか、手足が熱くなっていないかを確認してみましょう。

・重い
暖かくしようと厚手の羽毛布団などをかけてしまうのは、赤ちゃんにとっては重くて窮屈に感じることもあります。

大人は暖かい掛け布団にくるまって寝たいと感じる室温でも、赤ちゃんにとってはそれほど寒く感じていないことがあります。

どうしても布団に入って寝てくれないときは、薄手で軽い素材の布団に変更するか、掛け布団に拘らずタオルケットやバスタオル、フリース素材の毛布などを活用することも一つの方法です。

スポンサーリンク

寝相の悪い赤ちゃんはどうする?

寝相がよく、寝た時と同じ姿勢のまま朝を迎えるという赤ちゃんは、極めて少数なのではないでしょうか。

多くの赤ちゃんは左右にゴロゴロと転がる、中には時計の針のように頭と足の位置が反対になっているなんていう子もいます。

当然、寝相の悪い赤ちゃんは布団を脱ぎ捨てて寝ています。特に寒い時期はあれこれ心配になってしまいます。

だからと言って大人が夜中に起きてかけ直してあげるというのは、なかなか現実的な方法ではないですよね。

そんな時に活用したいのが、「スリーパー」や「腹巻」などのアイテムです。

スリーパー

スリーパーとは、就寝時に着るベストのような衣類です。

パジャマの上から着るもので、前はファスナーできちんと閉めることができる形が一般的です。

素材はフリースが多く、暖かいのに薄手で軽量なので小さな赤ちゃんでももこもこせずに着やすいです。「着る毛布」というとイメージしやすいのではないでしょうか。

子供服量販店などでも購入することができるので1着持っておくと便利です。

腹巻

腹巻きというと、アニメ「天才バカボン」の主人公・バカボンのパパが愛用しているラクダ色のものを想像しがちですが、子供用は色もデザインもポップで可愛らしいものが多いんです。

赤ちゃんのうちはまだロンパースタイプのパジャマを着るので、セパレートタイプと異なりシャツがズボンから出てお腹が丸出しになってしまう、ということはありませんが、お腹の部分だけでも保温しておくだけで安心できます。

スリーパーを着るほど寒くない季節に活用できるので、こちらも是非おすすめしたい品です。

まとめ

赤ちゃんが掛け布団を嫌がるようであれば、無理にかけようとはせず、タオルや毛布など薄く軽いものに変えてみましょう。

また、寝相が悪い赤ちゃんにはスリーパーや腹巻きなどを用意しておくと、どんなに動き回っても脱げることがないので寝冷えを確実に防ぐことができます。

ただし、寝冷えを心配するあまり着せすぎてしまうと汗をかいてしまい、かえって体を冷やしてしまったり、汗疹の原因となってしまいます。

まだ脱水を引き起こす危険もあります。

室温や赤ちゃんの様子を見ながら適宜調整できるように、掛け布団だけではなく、タオルケットや毛布などの代用アイテムを用意しておくと安心ですね。

-妊娠育児子育て
-, ,

執筆者:

関連記事

100均の離乳食グッズはおすすめ?シリコンスチーマーなどは安全に使える?

生後5~6ヵ月になると、いよいよ離乳食が始まりますね! ただ離乳食について調べると、赤ちゃん用の食器やマグカップ・保存容器など色々と必要なものが書かれていて、全てそろえようとすると大変でお金もかかりま …

赤ちゃんの肌着や服は残り湯で洗濯しても大丈夫?洗剤や漂白剤は?

赤ちゃんのうちは、ミルクの吐き戻しやうんち漏れなどで洗濯物も多いですよね。 これまで大人の洗濯物は残り湯で洗濯していた人や、節約のために残り湯を使用している人も多いと思いますが、乳幼児の洗濯も一緒でい …

離乳食は冷凍保存してもいい?保存期間やできないものや注意することは?

離乳食は5~6ヵ月を目安に開始されます。初めはごく少量からですが、2回食・3回食へ進むにつれ食べる量が増えるので、作る量も増えていきます。 大人のご飯プラス離乳食となればとても大変なので、ある程度まと …

産休は暇すぎる?産まれるまでの暇つぶしややっておけばよかったこと!

産休に入ると出産までの約6週間、検診や家事以外、これと言ってやることがなくなってしまいます。 特にこれまで忙しく働いていたワーママなら「暇すぎる!」と感じることもありますね。 しかし子供が産まれると、 …

年中ではひらがなや数字を読めなくても大丈夫?覚えさせるタイミングがある?

年中にもなると、同じ歳の子の間でも成長の差が著しく違ってくるようになってきます。 子供の能力の差は「生まれた月やその子の性格によるもので、個人差があるのは当たり前」と頭ではわかっていても、ついつい自分 …

スポンサーリンク



アーカイブ