妊娠育児子育て

新生児がオムツを嫌がる時はどうする?おむつ替えのコツや対処法!

投稿日:23/12/2019 更新日:

新生児にとってオムツは必需品です。

しかし、中にはオムツを嫌がる新生児もいるので困っているママも多くいるのではないでしょうか?

そこで今回は、新生児がオムツを嫌がる時の対処法やおむつ替えのコツなどについて解説していきます。

スポンサーリンク

新生児がオムツを嫌がる原因を探ろう

生まれたてのこの時期は、「快」「不快」のどちらかの感情しかないと言われています。

オムツを嫌がるということは、何か「不快」に思っているポイントがあるはずです。

まずはそこを探してみましょう。

サイズが合っていない

オムツのパッケージに目安となる体重が記載されていますが、これはあくまでも参考値です。

体重が参考値の範囲内であっても、お腹や足の付け根にゴムの跡がくっきりと付いていたら、そのオムツはもうサイズアウトしています。

ワンサイズ大きなものに交換しましょう。

肌に合っていない

新生児の肌はとてもデリケートです。だから、ちょっとしたオムツの摩擦でも痛みや痒みといったトラブルを引き起こしてしまいます。

もしオムツが触れる部分の肌全体が赤みを帯びていたら、オムツが肌に合っていないと考えられます。

またオムツかぶれの場合は局所的に赤みが出ることが多いです。

同価格帯でもメーカーを変えるだけで解消される場合があるので、思い切って別のメーカーのオムツに変えてみましょう。

お値段は若干上がりますが、最近は同じ銘柄でもより高品質な商品ラインを持つメーカーもあります。

さらに、手間はかかってしまうという難点はありますが、布オムツの方が肌への負担は少ないので市販の紙オムツでは合わないという場合は検討されてみるのもいいですね。

なお、発赤などの症状が長く続くようでしたら一度皮膚科を受診し、医師の指示を仰ぎましょう。

オムツ替えがイヤ

サイズもあっており、特に目立った肌トラブルもないのにオムツを嫌がる原因はオムツ替えにあります。

胎児の頃は羊水に包まれていた新生児にとって、肌を外気に晒すということはとても不安なことなのです。

しかし、オムツ替えのときは肌を露出しないわけにはいきません。

そこでもう一度オムツ替えのやり方を見直してみましょう。
(肌を出さないようにする・おむつ替えのスピードアップなど)

オムツ替えのコツとは

オムツ替えに最も重要なことは、肌を露出する時間を限りなく短くする、つまり「効率の良い手順を踏む」ということです。

オムツを外す前に、必要な物品は全て手元に用意しておきましょう。

新しいオムツをお尻に下に敷き、汚れたオムツを外したらすぐに履かせられるようにしておくことも大切です。

寒い時期には室温だけではなく、オムツやおしりふきが冷たくなっていないかも確認しましょう。

これらが冷たいと新生児は緊張してしまい、オムツを嫌がってしまいます。保管場所を室内の暖かい場所にする、おしりふきウォーマーを使うなどの工夫をしましょう。

おむつ替えの時間を楽しく!

物品だけではなく、オムツ替えの雰囲気も重要な要因です。

楽しい雰囲気を演出することで徐々に慣れて嫌がらなくなります。

例えばママが話しかけたり、歌を歌ってあげることも効果的です。

歌の上手い下手は関係ありません。新生児にとって最も耳にしている音、そして安心できる音はお腹の中にいる時から聞こえていたママの声なのです。

オムツ替えの時間は楽しいと印象つけるように、どんどん声を聞かせてあげましょう。

とはいえ、昼夜関係なく続くオムツ替えなので、時に疲れてしまう時もあります。

そんな時はおもちゃで気をそらすのも有効です。

新生児のうちはまだ自力でおもちゃは持てないので、ジムやメリーのような吊り下げタイプのおもちゃがあると便利ですね。

カラフルで、様々な感触を楽しめるように多くの素材を使ったものがおすすめです。

まとめ

新生児にとってオムツとは生活して行く上で切っても切り離せないものです。

そのため、嫌がられてしまっては新生児のストレスになるばかりではなく、ママにとっても疲労度はぐんと増してしまいます。

しかしちょっとした工夫をすることで、途端にスムーズに行くこともあります。

オムツを嫌がる原因はどこにあるのかじっくり観察をして、改善していきましょう。

今はオムツに翻弄される大変な時期ですが、慌ただしい日々を過ごしているうちに、オムツとの付き合いもあっという間に終わってしまいます。

子育てをして行く中でのオムツで試行錯誤する期間も、ある意味貴重な時間と言えます。

焦らずゆっくりとオムツ嫌いを克服して行く参考になれば幸いです。

-妊娠育児子育て
-,

執筆者:

関連記事

1歳児にサーティーワンや市販のアイスは大丈夫?注意することは?

アイスといえば暑い時期だけではなく、食事の後のデザートとして、気分転換したい時のおやつとしてなど、そのさっぱりとした食感が魅力的ですよね。 子供から大人まで、アイスが好き!という方はたくさんいらっしゃ …

赤ちゃんがミルクを吐き戻した後も飲みたがる!飲ませても大丈夫?

生まれて間もない赤ちゃんは内臓の機能が未発達なため、ミルクや母乳を飲んですぐに吐き戻してしまうことがよくあります。 しかし、吐いてもなおミルクを欲しがる様子を見ると、本当に与えても良いのか心配になりま …

赤ちゃんを連れての外食はいつ頃からがいい?お店選びのポイントは?

生後1ヵ月を過ぎ、ママも赤ちゃんも外出できるようになると、色々な所に行きたくなりますよね。スーパーへお買い物に行ったり、赤ちゃん用品を買いに行ったりと、外出はいい気分転換にもなります。またお友達や家族 …

母乳が突然出なくなった?おっぱいが張らない原因や復活させる方法はある?

出産後の母乳は、吸わせ方が一番の難所となり「吸ってくれないから・・」と挫折するママさんも多いのですが・・、 今まで順調に母乳が出ていたのに、だんだんと出が悪くなってきた・・そんなお悩みを抱えるママも多 …

パパが「とるだけ育休」になっている?積極的に育児に参加させる方法とは?

小泉孝太郎議員が「育休」を取得したことで物議をかもしたのは、皆さんの記憶にもまだ新しいのではないでしょうか。 賛否はともかく、近年は男性社員にも育休取得を推進する企業が増えてきましたね。 しかし、パパ …

スポンサーリンク



アーカイブ