北海道のあれこれ

札幌の冬に愛犬の散歩はする?しない?犬は寒さに強いのは本当?

投稿日:

有名な童謡「雪やこんこ」の歌詞にこんな一節があります。

「犬は喜び 庭駆け回り〜♪」

この歌詞にもあるように、私たちはなんとなく「犬は寒さに強い生き物である」というイメージを抱きがちです。

空前のペットブームにより、多種多様な犬種が家庭で飼育されるようになりましたが、果たしてどの犬種も寒さに強いのでしょうか?

そして寒い地域では犬のお散歩はどうしているのでしょうか?

そこで今回は、札幌の冬における愛犬のお散歩事情はどうなっているのか、解説していきます。

スポンサーリンク

そもそも犬は本当に寒さに強いのか

札幌の冬といえば、厳冬期ともなると終日気温は氷点下です。

そんな気温の中、愛犬を外に出しても良いのか気になりますね。

まずは、寒さに強い犬種と弱い犬種についてまとめてみました。

寒さに強い犬種
・シベリアンハスキー
・ゴールデンレトリーバー
・柴犬
・秋田犬
・セントバーナード   など
寒さに弱い犬種
・チワワ
・トイプードル
・ヨークシャテリア   など

寒さに強い犬種の特徴としては、まず中型〜大型犬であるということです。さらに被毛は、短い毛と長い毛が混在する「ダブルコート」であることも特徴です。

このダブルコートの被毛により、外からの冷気から体を守り、体温を逃しにくくしているのです。

一方で寒さに弱い犬種は、超小型〜小型犬ばかりです。

大型犬は元来、牧羊犬や狩猟犬など、人間の仕事の手伝いをしてきた歴史がありますが、小型犬は愛玩犬として人間のそばにいた犬種なので、自然の中の厳しい環境で過ごすことはなく、屋内の整った環境の中で暮らしてきました。

そのため、外気の変化に適応する必要がなく、必然的に寒さにも弱くなっているのです。

犬種により寒さへの耐性は異なりますが、幼犬や高齢犬も寒さに弱い傾向にあります。

また、寒さに強い犬種の中にも、幼犬の頃から高気密の暖かい室内で育てられた犬は冬が苦手になることもあります。

札幌のお散歩事情は?

さて、極寒の地札幌では愛犬のお散歩はどうしているのでしょうか?

答えはズバリ

「ハスキーだろうがチワワだろうが真冬も散歩に行く!」

です!

札幌の愛犬家は、余程の大荒れの天候でない限り、基本的にはお散歩に行きます。

大型犬はもちろん、小型犬もお散歩は運動不足の解消だけではなく、ストレス発散などの効果もあるので、できる限り外に連れて行ってあげましょう。

ただし、寒さに弱い犬種の場合は、朝方や日没後を避けて日中の比較的暖かい時間帯を狙ってお散歩に行くようにしましょう。

また、犬用のダウンジャケットなどの衣類を着せて、防寒対策も忘れずにしてあげたいですね。北海道のホームセンターやペットショップには犬用防寒着がたくさん販売されています。

「お揃いで人間用も欲しい!」と思えるほどおしゃれなデザインのものもあるので、じっくり選んでくださいね。

寒さに強い犬種は、寒がる様子(散歩中に震える、寒くなると途端にお散歩を嫌がる)がなければ、特に防寒対策は必要ありません。

ただ、ゴールデンレトリーバーやセントバーナードなどのような長毛種は、毛に雪が絡まって帰宅する頃には雪だまだらけになってしまいます。

この雪だまを取り除くのが意外と大変なので、なるべく雪がつかないように薄手のレインコートなどを着せておくことをオススメします。

肉球を保護するための犬用のシューズも販売されていますが、多くの犬がシューズをはくと上手に歩けなくなります。

思うように歩けないのは犬にとって多大なストレスとなるので、無理に履かせる必要はありません。

スポンサーリンク

お散歩後のケアも大事

帰ってきたら、まずは雪で濡れた毛をきれいに乾かしてあげましょう。

また、寒さで肉球がひび割れたり、人間と同様にシモヤケになることもあるので、肉球の状態もこまめにチェックしましょう。

何らかの症状が見られた場合はかかりつけの獣医さんに相談するか、肉球用の保湿クリームを塗ってあげましょう。

人間用の保湿クリームは舐めてしまうと危険なので避けましょう。

我が家の愛犬の場合

我が家にも小型のミックス犬がいます。実は東京の知人が飼えなくなったので、2歳半で札幌にやってきました。

東京では室内犬で、ほとんど散歩はさせていなかったのですが、我が家に来てからは散歩をさせるようにしました。

札幌の冬は11月過ぎた頃から雪が降り始めますが、その景色や雪に怖がる様子もなく散歩が大好きで、吹雪く以外は毎日散歩に出ています。

また我が家にやってきた頃は肉球が柔らかく、散歩を始めた頃は肉球から少し出血していることもありましたが、1か月もすると肉球が硬くなり、怪我も出血も無くなりました。

また、札幌でチワワを飼っている知人がいるのですが、このチワワは外に出ること自体が怖く、冬などの季節に関係なく散歩はほとんど行かないというワンちゃんもいます。

このように、散歩させるには犬の気持ちも大切ということですね。

まとめ

犬種によって寒さへの耐性は異なります。

また犬種だけではなく個体の年齢や生育環境により、元来寒さに強いはずの犬種でも冬を苦手とする犬もいます。

寒さに弱いからといって、必ずしも冬季間は外に出してはいけないというわけではないので、寒さ対策を万全にした上で愛犬の様子を見ながら冬も楽しくお散歩しましょう。

-北海道のあれこれ
-, , ,

執筆者:

関連記事

北海道旅行のおすすめ時期はいつ?食や遊びの旬をまとめてご紹介!

日本の中でも、行きたいところランキング1位2位を争う北海道!行ったことがない人からすると日本の海外?未知の世界?のように大きく考えてしまいそうですが、一度は行ってみたいですよね! でも気候も違うし、い …

札幌駅近郊で初心者でも停めやすい駐車場はここ!料金なども!

札幌駅前は北海道内でも最も交通量の多い場所です。 駅周辺は碁盤の目にはなっていますが、一方通行も多くて土地勘がないとなかなか運転しずらい場所ともいえます。 駐車場自体はたくさんありますが、狭かったり入 …

アメリカンドックとフレンチドックは違うもの?北海道は砂糖が常識だった!

お祭りなどの屋台でよく目にするアメリカンドック、ん?フレンチドック?どっちだったかな?と思いませんか? 見た目は変わらないし何が違うのかよくわかりませんよね。 また、北海道では砂糖を付けるとか、地域に …

北海道冬の暖房はつけっぱなし?灯油や電気の料金は?暖房手当がある?

真冬の北海道は連日気温が氷点下まで下がります。そんな極寒の地を経験したことのない方にとっては、まさに未知の世界と言えるでしょう。 転勤や進学などで北海道へ転居するとなると、やはり不安なのは冬の生活、と …

北海道の夏は生ウニが絶品!国内トップクラスの味を食べるおすすめの場所!

北海道は海産物の宝庫ですが、その中の一つにウニがあります。北海道のウニは、夏の漁と冬の漁があり、北海道の日本海側では毎年6月から8月にウニ漁が解禁になります。 この時期のウニは格別で、そこでしか食べら …

スポンサーリンク



アーカイブ