スキー

スキー初心者の板の長さは短い長いどちらがいい?新品より中古がいい?

投稿日:

今年こそはスキーをやってみよう!と意気込んでいる方も多いのはないでしょうか。レジャースキーはスポーツの中でも運動神経がない人でもマスターしやすいと言われている種目で、自転車に乗れれば滑れると主張するスキーヤーもいるくらい多くの方が楽しめるスポーツです。
そんなスキーを楽しむためには道具がないと始まりません。特に初心者にとってスキー板の選び方は非常に難しいのではないでしょうか。
そこで今回は、スキー板の選び方について解説していきます。

スポンサーリンク

初心者のスキー板はどんなものが良い?

まず、スキー板を選ぶにあたって重要なのが「長さ」です。

初心者のカービングスキーの長さは、身長よりも10cmから20cmほど短いものが最適です。目安としては、スキー板がご自身の顎から鼻の下くらいとなります。

短めのスキーは取り回しやすいので、まったくスキーの経験がない方でも比較的早くターンのコツを掴みやすいという特徴があります。

その反面、スピードが出にくいので、ある程度慣れてくると物足りなさを感じることもあります。

逆に少し長めのスキーは、若干取り回しにくくなるものの加速しやすくなります。

一口に初心者といってもレベルは様々ですが、ターンができる程度なら長めを、全くできないのであれば短めを選ぶと良いでしょう。

ただし、適正範囲から外れた長さは初心者にとっては扱いにくくなります。安全に滑るためにもまずは基本の長さから始めるのがいいですね。

スキー板の種類

スキー板にもいろいろ種類があります。代表的なものとして、

オールラウンドスキー
圧雪・非圧雪・コブなど様々な斜面に対応。 スキーをエンジョイしたい人向け(レジャースキーヤー向け) 総合スポーツ用品店(ゼビオとかアルペンとか)では最も多く取り扱っているモデル
デモスキー

技術の向上を目的としたスキー板。
スキーの基礎ができていることを前提としたものなので、中級者以上が対象となる。
検定合格を目指しているようなストイックに練習したい人向け
フリースタイルスキー

モーグルやハーフパイプなどのように、エアー(小さなジャンプ台)を跳ぶのに特化したスキー
ファットスキー

上記3つの板に比べると圧倒的に幅が広いのが特徴。
ゲレンデ外などの深雪ゾーンで雪に埋もれずに滑走できるが、圧雪された斜面の滑走には不向き

などがあります。この中で初心者にオススメなのはどんな雪面にも広く対応できる「オールラウンドスキー」です。

また、板の形状を大まかに分類すると

ロッカー
地面に対してわずかに凹型に反れているので、雪との設置面が少なく操作しやすい。 また先端部が浮いているので、雪のコンデションが悪いときや降雪後なども安定しやすい。
キャンバー

ロッカーとは逆に、地面に対して凸型に反れている。また、スキー全体に圧がかかりやすいので、エッジを効率よく使うことができ、少しの体重移動でターンができるので高速滑走しやすい。
逆に、重心が安定していないとエッジが引っかかって転倒しやすい。

この2つに分けられます。

注意メーカーにより多少曖昧な部分もあります(exフリースタイルっぽいオールラウンド、とかロッカーだけどキャンバーの要素もあるなど)

まずは初心者がどんな雪面でも安定した滑走ができるロッカーをオススメします。

ちょっと難しいお話になってしまいましたが、初心者が買うべきスキーは「オールラウンドのロッカー」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク

スキーを買う時の注意すること

それでは早速スキー板を買いにいきましょう!
選択肢としては「新品」と「中古」がありますね。

新品を購入するメリットとしては、なんといっても品質が良いということです。

また、値札の部分に「初心者向け」「オールラウンド・ロッカー」などと明記されているので、特別な知識がなくても選びやすいというところもメリットではないでしょうか。

中古の場合は板の状態を見極める必要があります。

安く購入できてもエッジや滑走面が劣化しており、メンテナンスが必要になった場合、新品よりも高くついてしまう場合もあります。

中古の板を選ぶ場合は、スキー表面だけではなく、滑走面の傷の程度やエッジや金具に錆がないか、隅々までチェックしましょう。

価格に関しては、雪が降りスキーが盛んな地域は、そうではない地域に比べると新品のスキーでも若干価格が安く設定されていることがあります。

お住まいに地域によっては「中古を探すより新品を買った方が安い」ということもあるので、まずは新古両方チェックしてみましょう。

レンタルスキーという方法も!

ほとんどのスキー場でレンタルスキーも用意されています。

旅行のついでに滑りたい、年に1~2回しか滑らないという方は、購入ではなくレンタルも考慮に入れてみてはいかがでしょうか。

一昔前のレンタルスキーは「手入れは行き届いているが古い」「よくわからないメーカーのもの」といったあまりよくない印象でしたが、最近は一流メーカーの最新モデルをレンタルできるところもあります。

もちろん専属のスタッフが、あなたにぴったりの板を選んでくれるのでお手軽にスキーを始められます。

スキー場によっては予約が必要なところもあるので、あらかじめ問い合わせをして確認しておきましょう。

まとめ

初心者が滑りやすいスキー板は身長から10cmから20cmほど短いもので「オールラウンド、ロッカー」という種類が最適です。

価格は地域により異なるので一概には言えませんが、新品に関しては「安いもの=粗悪」というわけではないので、初心者の場合はまずはコスト重視で選んでも問題ないでしょう。

中古は状態を十分に見極める必要があります。たくさんの板を見比べてより良いものを探してみてください。

高価なスキー板をお手頃価格で購入できるチャンスもあるのが中古の面白いところです。

最後に、板はスキーヤーの安全に直結するものです。ビンディング(スキー履を止める金具)の設定やメンテナンスの必要性については、プロに相談して万全の準備をして楽しく滑りましょう!

-スキー
-, , , ,

執筆者:

関連記事

スキーブーツの保管の仕方!手入れやブーツインナーは洗濯できる?

スキーブーツは意外と汚れやすいアイテムです。 特にインナー部分は汗や匂いが気になりますよね。しかし、形が特殊的なのでどうやってお手入れしていいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 そもそもどん …

北海道でスキーの長期滞在したい!宿泊も充実のおすすめの場所は?

せっかく北海道でスキーをするならゆっくり滞在したいですね。しかし、意外とスキーは疲労が溜まるもの。リフレッシュしつつ、適度にスキーを楽しみながら、スキー以外にも冬の北海道の遊びも満喫できるような場所を …

北海道のGWはまだスキーができる!おすすめのスキー場と注意点!

本州のゴールデンウィークといえばポカポカ陽気で、中にはもう半袖を着て暑そうな姿をしている方もよく見かけます。 一方、日本で唯一、気候帯が「亜寒帯」に属する北海道のゴールデンウィークは、やっと桜が咲き始 …

北海道スキーはマイナス20℃の極寒も覚悟?道民のスキー防寒対策とは?

スキーに行くときにまず気になるのは当日の天気や気温ですよね。天気予報で現地の天候を確認することはできますが、それはあくまでも麓の情報です。 北海道でスキーをする時は、ハイシーズンだと山頂付近はマイナス …

スキー手袋の乾かし方や臭いの取り方!裏返し方や早く乾かすには?

スキー手袋は肌が直接触れるので、汗や皮脂汚れが気になりますよね。何度も使っていくうちに、臭いも出てきたリ、付けた後の自分の手まで臭くなることも・・。 また外側も泥やリフトの潤滑油で汚れやすいです。 そ …

スポンサーリンク



アーカイブ