妊娠育児子育て

2歳児にはチョコレートはまだ早い?チョコは何歳から食べれる?

投稿日:

甘いものの代表格といえば、そう、チョコレートです。

スーパーやコンビニに行くと、様々な種類のチョコレートが並んでいて、疲れた時や小腹が空いた時、ティータイムのおともに・・と、ついつい手を伸ばしてしまうという方も多いのではないでしょうか?

そんな大人も大好きなチョコレートですが、糖分がたっぷりなので、小さなお子様に与えるのはちょっと心配、というママも多いでしょう。

そこで、今回は2歳児にチョコレートは早いのかどうか、また、チョコレートは何歳から食べれるかについて解説していきます。

 

スポンサーリンク

2歳児にはチョコレートは早い?

2歳児といえば1日3回の規則的な食事をしている年代ですね。

もうフォローアップミルクも必要ないので、食事でしっかりと必要な栄養素を摂っているようにも見えます。

しかし、2歳児はまだまだ消化吸収機能が大人に比べると弱く、1日3回の食事だけでは栄養がうまく摂取できません。

そのため、食事以外からも栄養を取る必要があります。それが「補食」、つまりおやつのことです。

そこで、2歳児のおやつは成長に必要な栄養がしっかりと摂れる食材が理想的です。

例を挙げるなら、小魚やチーズ・昆布・おにぎりなどが良いでしょう。

チョコは補食になる?

チョコレートは少量でもカロリーが高く、主に糖分と脂質で構成されています。

カロリーを考慮すると、食べられるのは「板チョコひとかけら程度」が目安になります。

ほんの少しの量しか食べられないので、満足感も得られず、栄養も少ないので、この時期のおやつとしてはあまりおすすめできません。

チョコレートを食べていいのは何歳から?

チョコレートを食べてもいい年齢というのは明確に定められていませんが、目安としては3歳以降からがいいですね。

食事をきちんと食べることができていて、成長曲線の範囲内での成長をしていれば、幼児にも食べさせていいでしょう。

チョコレートを食べさす注意点

ただここで注意しなければいけないことがあります。

美味しいからと言って、食べたいだけ食べてしまってはオーバーカロリーになり、肥満の原因となります。

また、常にチョコレートが手に届く場所にあり、いつでも食べれるような環境にするのは、口の中を常に甘い状態にしてしまい、虫歯の原因となります。

さらに、チョコレートは非常に味が濃い食べ物です。毎日のように食べていては、濃い味付けに慣れてしまい、おやつだけではなく、食事も濃い味付けのものを好む傾向になります。

そこで、チョコレートを幼児に与える場合は、頻繁には与えず、食べるときは決められた量をおやつの時間だけに限定して食べるようにしましょう。

スポンサーリンク

チョコレートのおすすめの食べ方とは?

幼児期の子供にチョコレートを与える時のおすすめの食べ方は、ズバリ「フルーツにディップして食べる」です。

縁日などで見かけるチョコバナナのように、お気に入りのフルーツに少量のチョコレートをかけて食べると、満足感も得られる上、フルーツからのビタミンを摂取することができます。

作り方も、チョコレートを溶かし、お好みでカットしたフルーツにディップするだけなので、親子でおやつ作りも楽しみながら食べることができますね。

寒い季節なら、「ホットチョコレート」もおすすめです。

温めた牛乳(または豆乳)にチョコレートをひとかけら入れて、かき混ぜると出来上がりです。こちらも簡単に作れるのでぜひお子様と一緒に作って楽しんでみてください。

まとめ

糖分の多いおやつは虫歯や肥満の原因になるので、与え方に悩む方も多いですが、

・たくさん与えない

・ダラダラと食べさせない

などのルールを守った上で食べる分には問題ありません。

あまり小さい頃から積極的に与えるべきではありませんが、特別なおやつの一つとして、親子で楽しみながら食べることも、精神的な成長に大切な役割を果たします。

工夫をしながら、チョコレートと上手に付き合っていきましょう。

-妊娠育児子育て
-, ,

執筆者:

関連記事

トランプは何歳からできる?幼児でも楽しめるトランプ遊びの紹介!

トランプは、世界中で世代を問わず多くの人が親しんできた遊びです。 場所を問わずに、どこでも誰とでも何百通というゲーム遊びができるので、ほとんどの人がトランプ遊びをした経験があるでしょう。 それに、カー …

2歳や3歳のイヤイヤ期は無視してもいい?わがままのひどい子対策は?

育児をしていると何度も何度も「壁」にぶつかります・・。 新生児の頃の昼夜関係ない授乳とおむつ替え・・ うまく食べてくれない離乳食・・ などなど、気が抜けない日々が毎日続くのです。 それを乗り越えると、 …

赤ちゃんには掛け布団はいる?いらない?寝相が悪い子や冬はどうする?

1日の大半を寝て過ごす赤ちゃんですが、寝冷えをしてしまわないか、心配になるママも多いのではないでしょうか。 少しでも肌寒くなると風邪をひかないように、なるべく暖かくしてあげたいところではありますが、果 …

外食時の離乳食の持ち込みはダメ?スタバやミスド・マックでは?

赤ちゃんの離乳食はだいたい5~6か月頃から始まるのですが、大人のものを取り分けして食べさせるのは1歳を過ぎてからです。 ですが、1歳になるまでにちょっとお出かけをしたり、これからの夏休みの時期に旅行に …

産休前に職場へ挨拶と差し入れは何がいい?配るタイミングや注意することは

今や仕事を持ちながら妊娠・出産するということは、ごく当たり前になりました。 働くママの増加に伴い、妊娠しても働きやすい環境を整備すべく様々な法律も制定されています。 産休も法律で定められている休暇なの …

スポンサーリンク



アーカイブ