妊娠育児子育て

2歳児にはチョコレートはまだ早い?チョコは何歳から食べれる?

投稿日:

甘いものの代表格といえば、そう、チョコレートです。

スーパーやコンビニに行くと、様々な種類のチョコレートが並んでいて、疲れた時や小腹が空いた時、ティータイムのおともに・・と、ついつい手を伸ばしてしまうという方も多いのではないでしょうか?

そんな大人も大好きなチョコレートですが、糖分がたっぷりなので、小さなお子様に与えるのはちょっと心配、というママも多いでしょう。

そこで、今回は2歳児にチョコレートは早いのかどうか、また、チョコレートは何歳から食べれるかについて解説していきます。

 

スポンサーリンク

2歳児にはチョコレートは早い?

2歳児といえば1日3回の規則的な食事をしている年代ですね。

もうフォローアップミルクも必要ないので、食事でしっかりと必要な栄養素を摂っているようにも見えます。

しかし、2歳児はまだまだ消化吸収機能が大人に比べると弱く、1日3回の食事だけでは栄養がうまく摂取できません。

そのため、食事以外からも栄養を取る必要があります。それが「補食」、つまりおやつのことです。

そこで、2歳児のおやつは成長に必要な栄養がしっかりと摂れる食材が理想的です。

例を挙げるなら、小魚やチーズ・昆布・おにぎりなどが良いでしょう。

チョコは補食になる?

チョコレートは少量でもカロリーが高く、主に糖分と脂質で構成されています。

カロリーを考慮すると、食べられるのは「板チョコひとかけら程度」が目安になります。

ほんの少しの量しか食べられないので、満足感も得られず、栄養も少ないので、この時期のおやつとしてはあまりおすすめできません。

チョコレートを食べていいのは何歳から?

チョコレートを食べてもいい年齢というのは明確に定められていませんが、目安としては3歳以降からがいいですね。

食事をきちんと食べることができていて、成長曲線の範囲内での成長をしていれば、幼児にも食べさせていいでしょう。

チョコレートを食べさす注意点

ただここで注意しなければいけないことがあります。

美味しいからと言って、食べたいだけ食べてしまってはオーバーカロリーになり、肥満の原因となります。

また、常にチョコレートが手に届く場所にあり、いつでも食べれるような環境にするのは、口の中を常に甘い状態にしてしまい、虫歯の原因となります。

さらに、チョコレートは非常に味が濃い食べ物です。毎日のように食べていては、濃い味付けに慣れてしまい、おやつだけではなく、食事も濃い味付けのものを好む傾向になります。

そこで、チョコレートを幼児に与える場合は、頻繁には与えず、食べるときは決められた量をおやつの時間だけに限定して食べるようにしましょう。

スポンサーリンク

チョコレートのおすすめの食べ方とは?

幼児期の子供にチョコレートを与える時のおすすめの食べ方は、ズバリ「フルーツにディップして食べる」です。

縁日などで見かけるチョコバナナのように、お気に入りのフルーツに少量のチョコレートをかけて食べると、満足感も得られる上、フルーツからのビタミンを摂取することができます。

作り方も、チョコレートを溶かし、お好みでカットしたフルーツにディップするだけなので、親子でおやつ作りも楽しみながら食べることができますね。

寒い季節なら、「ホットチョコレート」もおすすめです。

温めた牛乳(または豆乳)にチョコレートをひとかけら入れて、かき混ぜると出来上がりです。こちらも簡単に作れるのでぜひお子様と一緒に作って楽しんでみてください。

まとめ

糖分の多いおやつは虫歯や肥満の原因になるので、与え方に悩む方も多いですが、

・たくさん与えない

・ダラダラと食べさせない

などのルールを守った上で食べる分には問題ありません。

あまり小さい頃から積極的に与えるべきではありませんが、特別なおやつの一つとして、親子で楽しみながら食べることも、精神的な成長に大切な役割を果たします。

工夫をしながら、チョコレートと上手に付き合っていきましょう。

-妊娠育児子育て
-, ,

執筆者:

関連記事

離乳食に使ったらダメな食材・調味料は何?黒砂糖も1歳過ぎてから?

生後5、6か月になると始まるのが離乳食ですね。 産まれて半年というと、なんだか長い期間のように感じますが、実際子育てをしていると半年なんてあっという間。 「え?もう離乳食!?」という感想を持つママも多 …

赤ちゃんと長距離移動!ミルクはどう作る?お湯は?使い捨て哺乳瓶がある?

赤ちゃんを里帰り出産して、さあ自宅に帰ろう!と思った時、長距離だったらいろんな準備や不安があります。 その中でも、母乳が出ずミルクを飲ませている時は何を用意するか?どうするかなど、考える事が沢山ありま …

赤ちゃんの肌着や服は残り湯で洗濯しても大丈夫?洗剤や漂白剤は?

赤ちゃんのうちは、ミルクの吐き戻しやうんち漏れなどで洗濯物も多いですよね。 これまで大人の洗濯物は残り湯で洗濯していた人や、節約のために残り湯を使用している人も多いと思いますが、乳幼児の洗濯も一緒でい …

赤ちゃんの散歩はしないとダメ?外出しないとよくない影響がある?

子供は新しい発見や新しい世界にとても興味があります。その中でもお散歩が好きな子は多いことでしょう。 家の中にずっといると飽きる・退屈などで、窓から外を見て騒いでみたり、外に行きたいとママの気を引くこと …

新生児にホットカーペットや電気毛布はダメ?冬の寒さ対策はどうする?

新生児が冬を過ごすにあたって一番心配なのが「寒さ」ですよね。 風邪をひかせないように、あれこれ対策をとっているパパ・ママも多いのではないでしょうか? そこで新生児が元気に冬を乗り切るための寒さ対策や、 …

スポンサーリンク



アーカイブ