妊娠育児子育て

赤ちゃんを連れての外食はいつ頃からがいい?お店選びのポイントは?

投稿日:

生後1ヵ月を過ぎ、ママも赤ちゃんも外出できるようになると、色々な所に行きたくなりますよね。スーパーへお買い物に行ったり、赤ちゃん用品を買いに行ったりと、外出はいい気分転換にもなります。またお友達や家族と、外食の機会も出てくるかと思います。

そんな時、赤ちゃんも一緒に連れていっていいの?泣いたりグズったりしないか心配になりますよね。

そこで、今回は赤ちゃんと外食するときの注意点や、お店選びのポイントをお伝えします。

スポンサーリンク

赤ちゃんとの外食はいつ頃からいい?

生後1ヵ月になると、1ヵ月検診を受け問題なければ外出をしてもいいとされています。しかし人の多く集まるレストランなどは、様々な感染のリスクもあり刺激も強すぎるため、まずは短時間のお散歩から始めて、近所のスーパーなど徐々に慣らしていきましょう。

外食デビューは2ヵ月頃からでも可能ですが、お座敷がないところであれば、ベビーカーで入店が可能かどうか確認しておくとよいでしょう。

首が座り始める3ヵ月頃からは、テーブル席でも食事はしやすくなります。ただ赤ちゃんによって、昼間は機嫌のいい子もいれば泣く子もいるので、その子の性格を観察して一緒に外食出来そうか検討してみましょう。

外食する際に気を付けたいこと

赤ちゃんとの外食となると、普段なにも考えることなく入れていた飲食店でも、色々な事を想定して考えることも出てきます。

外食する日取りを早めに決めておく
出来るだけ事前に日程を決めておけば、前もってにベビーグッズ等も準備できて、離乳食が開始していれば市販のベビーフードを購入しておくこともできます。

また、当日天候が悪いなど赤ちゃんに負担になりそうであれば、日程を変更するなど赤ちゃんの体調を優先してあげましょう。

お店を事前に予約しておく
事前に予約しておくと、待ち時間も少なく赤ちゃんへの負担も減らせます。授乳のタイミングなどを考慮して、外食しやすい時間帯で予約をしましょう。

また、予約の際には赤ちゃんを連れての入店が可能か?お座敷を希望する場合はその旨を伝える!ベビーカーを使用したい場合は持ち込み可能か?など、色んな場面に備えて確認しておきましょう。

マナーを守る
レストランなどのお店には、必ず他のお客様がいます。「かわいいね」と言ってくれる方も多いでしょうが、中には泣き声が迷惑だと感じる方もいます。泣いてしまうのは仕方がないですが、抱っこをしたりして赤ちゃんの気を紛らわせてあげましょう。

また、赤ちゃんを連れているとティッシュやオムツ・離乳食を持ち込んだ場合は、レトルトなどの袋などたくさんゴミが出てしまいます。基本的には自宅へ持ち帰るようにしましょう。

お店選びのポイントは?

どんなお店を選んだらいいのか迷うこともありますよね。

月齢の低いうちは、ねんねしたまま玩具で遊んでくれますが、月齢が高くなるにつれ暇を持て余したり、グズったりしてしまいます。なるべく赤ちゃんも楽しく快適に外食が出来るためのお店選びのポイントを紹介します。

お座敷があるか
1歳未満は特にお座敷がオススメです。お座りできる月齢でも、ソファーや椅子席では安定せず落下してしまう危険性もあります。
オムツ交換台や授乳室があるか
おむつ替えも頻回な時期は、特にオムツ交換台はあった方が良いでしょう。授乳室まで備えている所はまだ少ないので、その際は授乳ケープを持参すると良いでしょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【即発送】【メール便送料無料】授乳ケープ 360度安心の授乳ケープ(ポンチョ)!…
価格:3780円(税込、送料別) (2019/8/7時点)

楽天で購入

 

 

離乳食の持ち込みは可能か
離乳食が開始していれば、店内で食べさせて良いか確認しておきましょう。お弁当を作って持ち込むママもいるかと思いますが、お店側はあまりよく思わない場合もあります。またキッズ用のお茶碗やスプーン等もあるか合わせて確認しておきましょう。
ベビーチェアやベビールームがあるか
お座りが出来る時期はベビーチェアがあると、テーブルに合った高さでご飯もあげられます。また、子供が退屈した時におもちゃで遊べるベビールームがあると、ご機嫌取りに助かります。
スポンサーリンク

外食時に持っていくといいものはある?

外食時に必要な持ち物は時期にもよります。まず離乳食開始前であれば、ミルクやオムツ着替え・ガーゼ・ゴミ袋は最低持っていくようにしましょう。

離乳食開始後であれば、それに加えベビーフードやエプロン・マグ・ウエットティッシュ等、必要であれば食器やスプーンも持っていきましょう。

ベビーチェアがないお店では、テーブルに取り付け出来る椅子もあるので、頻繁に外食の機会があるようであれば購入してもよいかもしれません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【 店内最大48倍 】【別注★限定色】専用トレー付\★ポイント5倍★送料無料★/…
価格:10800円(税込、送料無料) (2019/8/7時点)

楽天で購入

 

 

また離乳食後期以降で、大人の取り分けやお子様メニューを食べられる時期であれば、キッチンばさみを持参すると食べやすい大きさにすぐカットできるのでオススメです。

オススメの外食店は?

子供と外食するようになると、うどん屋さんが増えたというのはあるあるですね(笑)。私もよくうどん屋さんは利用していました。

他には、座席で注文できるようなしゃぶしゃぶのお店ねどもオススメです。赤ちゃんの好みの物を注文出来て、味付けもこちらで調整しやすいです。茹で野菜のままあげてもOKですしね!多少の調味料をかけてもOKです!

赤ちゃんが一緒であれば、やはり手がかかり大人もゆっくり食事が出来ないことが多いでしょう。仕方のないことですがせっかくの外食の機会なので、出来れば美味しく食べたいですよね。食べる物は冷めてもなるべく美味しく食べられるものを選ぶといいでしょう。

まとめ

いかがでしたか。今回は赤ちゃんとの外食についてご紹介しました。

事前にお店を予約し、店内にオムツ交換スペースがあるか、離乳食の持ち込みは可能かなど確認しておきましょう。色んな場面を想定して、お店にないものは自宅で準備して行くようにしましょう。

赤ちゃんとの外出は荷物が多くなりがちですが、万一に備え焦らなくていいように、着替えやオムツなど余分に持って安心して外食を楽しんで下さい。

外出するのは大変ですが、大人にとっても赤ちゃんにとってもリフレッシュになるはずです。

-妊娠育児子育て
-, ,

執筆者:

関連記事

新生児のオムツは余りやすい!生後1か月の使用量と余った時の活用法!

赤ちゃんの必需品といえば、まず頭に思い浮かべるのが紙オムツですよね。 生まれてすぐに使うものなので、出産準備品の一つとして事前に用意される方も多いのではないでしょうか。 オムツは、新生児用から小学校入 …

赤ちゃんと長距離移動!ミルクはどう作る?お湯は?使い捨て哺乳瓶がある?

赤ちゃんを里帰り出産して、さあ自宅に帰ろう!と思った時、長距離だったらいろんな準備や不安があります。 その中でも、母乳が出ずミルクを飲ませている時は何を用意するか?どうするかなど、考える事が沢山ありま …

生後4・5か月になっても授乳間隔があかない!長い短いには原因がある?

産まれたばかりの赤ちゃんは、一般的に2〜3時間おきの授乳になり、ママにとっても「一日中の大半は授乳時間となります。 その後、成長とともにその間隔は徐々開いていき、また規則的にもなってきます。 目安とし …

2歳でお刺身や生卵など生ものはまだ早い?何歳から食べさせるのがいい?

育児をしていると戸惑うことは山のようにありますが、そのうちの一つが「食事」についてではないでしょうか? 離乳食の期間は、育児書や保健センターなどの指導により、食材や調理法などの情報が比較的入手しやすい …

1歳児にサーティーワンや市販のアイスは大丈夫?注意することは?

アイスといえば暑い時期だけではなく、食事の後のデザートとして、気分転換したい時のおやつとしてなど、そのさっぱりとした食感が魅力的ですよね。 子供から大人まで、アイスが好き!という方はたくさんいらっしゃ …

スポンサーリンク



アーカイブ