中部の観光

白川郷の冬の服装は?足元は長靴とムートンブーツどっちがいい?

投稿日:

家全体をおおうほどの大きな茅葺(かやぶき)屋根や、家々の間に広がる水田・ライトアップされ雪とのコントラストが目を引く夜景など、いつの季節に訪れても「絵になる」世界遺産の白川郷。合掌造りとして世界的にも有名な場所です。

テレビや雑誌で見て、一度は足を運んであの景色を体験したいな、って思ったことありますよね。

白川郷は岐阜県の上のほう、石川県と富山県の県境の近くにあります。12月~3月の冬季は最低平均気温が、-2度~-5度となり、小京都として有名な高山と同じく、たくさんの雪が降り積もる場所でもあります。

そんな白川郷に冬の観光として訪れる場合は、どんな服装で行けばいいのか?迷う人も多いことでしょう。

そこで、服装や足元の防寒など気になることをまとめてみたので、ご参考にして下さい。

 

スポンサーリンク

冬はどんな服装をしていったらいいの?

彼氏や彼女・友達など、誰と一緒に行くかによっても服装選びは違ってくると思います。

ただ、オシャレにしたい気持ちもわかりますが、雪国を知らない人は場違いな格好をしやすいので、とにかく「肌の露出は避ける!」ということだけは頭に入れて服選びをしましょう。

防寒着として一番に思いつくのがダウンコートです。

寒い冬はというより、雪国にはやっぱりダウンがおすすめです。

ベストタイプのようなものではなく、できれば体全体をカバーできるロングコートタイプの方が安心です。欲をいえば、防水・防風機能が付いていればグッドでしょう。

肌の露出はできるだけ避けたいので、マフラーやネックウォーマーで首元を温めたり、手袋は必須アイテムになります。

またニット帽(できれば耳まで隠せる)や、耳当てなど、頭部の防寒も必要です。

ただ寒いからといって厚着をしすぎると、動きにくくなってしまうので、着こみ過ぎず、肌着はヒートテックなどの保温性にすぐれたインナーやタイツなどがおすすめです。

靴下は厚手で長めのものがよく、足元が悪いので、濡れてしまった時のためにも、替えの靴下もあると安心です。

防寒に便利な「ワークマン」

でも、オシャレな格好じゃなくてもいい、なんて場合はワークマンで防寒防風アイテムを探してみてはどうでしょうか?

そう、あの黄色と黒色の看板が目印の、作業着などを取りあつかっている「ワークマン」です。最近はワークマンプラスというブランドとして、アウトドアやスポーツ用の商品を扱っていてジワジワと人気が出てきていますよね。

また、作業着屋さんというイメージがありますが、女性用もあるので男女問わず利用でき、意外と、防寒用のインナーなど使えるアイテムが充実しています!

機能性に優れているだけではなく、低価格なアイテムもあるので利用しやすいですよ。

インナーや、普段使い用として持っていても重宝するので、ちょっと気になる方はチェックしてみはどうでしょうか。

また、スキーやスノボをされる方ならスキーウェアでもいいでしょう。

長靴とムートンブーツどっちがいい?

ちゃんと防水したい方ならば、やっぱり長靴の方がおすすめです。

最近は色が豊富なものやデザイン性のある長靴もあります。

雪が溶けた場所や踏み固められたところではなく、降り積もった場所を歩くこともありますので、丈の長いタイプを選びましょう。

また、雨用の長靴は保温効果はないので、足用のカイロなどで温めることをおすすめします。

 

ただ、やっぱり見た目が大事という方は、ムートンブーツでも良いですが、基本的に防水加工のものはほとんどないんですよね。

ムートンブーツは、元々はオーストラリアのサーファー用で、海から上がった時に足を冷やさないために作られブーツなので、温かい保温効果はあるのですが、水には弱く染みやすいです。
特にお値段が安ければ安いほど、保温効果が低く、染み込みやすいという難点があります。

通常のファッション性で履くなら問題ないのですが、雪国で履く場合は、なるべく防水撥水加工されたアイテムを選びましょう。

また、すでに持っている靴が防水加工されていなかったら、防水スプレーで対応をしっかりしましょう。その場合は防水スプレーを、「これでもか!」というぐらい吹きかけて、2~3度塗りをしておきましょう。

ちなみに、防寒着にも防水スプレーをかけておくと、急な雪でも弾いてくれるので安心ですよ!

長靴もムートンブーツも両方に言えることですが、防滑加工もチェックポイントです。

ライトアップされた夜景も見どころの一つですが、夜は足元が見えにくく転倒の危険があります。足底に凹凸の防滑加工があると、歩くのにも安心です。

スポンサーリンク

その他にあったら良いアイテム

使い捨てカイロ
冬といったらやっぱりカイロですよね。足元用を靴の中に忍び込ましてもいいですし、腰回りやポケットに忍ばせておくと、温かさが保てます。
傘やレインコート
雪が降っていると濡れてしまうので傘やレインコートも必需品となります。
ただ、凍結した道や慣れない場所では転倒する危険があります。傘よりは、レインコートの方が転倒しても両手が使えるのでおすすめです。

まとめ

いかがでしたか。

あれもこれも持っていくと、荷物がかさばって大変にはなるのですが、いざ現地に着いたら「想像以上に寒くて凍えそうになった」なんてことにならないよう、服装の準備は万全にしておくことをおすすめします。

「これでもか」というくらい防寒をしても、し過ぎることはないので、天気予報で気温や降雪情報も参考にしながら、事前準備はちゃんとしておきましょう。

-中部の観光
-, , ,

執筆者:

関連記事

名古屋駅周辺で「きしめん」のおいしいお店!地元民おすすめのお店3選!

つるりとした食感の麺に、だしの香るつゆが食欲をそそる名古屋が誇る伝統的な麺料理の1つ、「きしめん」。 うどんとは違う平らでなめらかな食感がある麺と、しっかりとだしを効かせたつゆが名古屋の人々に愛され、 …

東山動植物園の魅力は1日では足りない?地元民もおすすめするワケとは?

東山動植物園は、日本の動物園人気ランキングで常にTOP10以内に入り、日本最大の敷地面積を持ち、そして動物園・植物園・遊園地・ランドマークタワーの4つの楽しいエリアがあります。1日では時間が足りないほ …

白川郷の所要時間は?冬と夏では観光時間は違う?効率的な回り方は?

岐阜県北部にある世界遺産。 合掌造りとよばれる急こう配の茅葺(かやぶき)屋根が特徴で、歴史的建造物が点在し、田園が広がる集落として有名な白川郷は、観光したい場所として海外の観光客も多く訪れる場所です。 …

名古屋名物「手羽先料理」はここ!地元民がおすすめする美味しいお店3選!

「仕事が終わり、家に帰る前にちょっと一杯飲んでいこう」とビジネスパーソンの方々は、それぞれ好きな居酒屋へ足を運びます。ビールに日本酒・ハイボールなど自分の好きなお酒をとことん飲みたい時、おいしいおつま …

大須商店街は食べ歩きの聖地!地元民が行きつけのおすすめ店をご紹介!

大須商店街は、大正時代から続く歴史ある商店街で名古屋が誇る有名な商業エリアです。 老舗のお店だけでなく、若い経営者が立ちあげた新しいテイストのお店が入り混じり、また洋服のみならずパソコンやTVゲームを …

スポンサーリンク



アーカイブ