中部の観光

白川郷の冬の服装は?足元は長靴とムートンブーツどっちがいい?

投稿日:

家全体をおおうほどの大きな茅葺(かやぶき)屋根や、家々の間に広がる水田・ライトアップされ雪とのコントラストが目を引く夜景など、いつの季節に訪れても「絵になる」世界遺産の白川郷。合掌造りとして世界的にも有名な場所です。

テレビや雑誌で見て、一度は足を運んであの景色を体験したいな、って思ったことありますよね。

白川郷は岐阜県の上のほう、石川県と富山県の県境の近くにあります。12月~3月の冬季は最低平均気温が、-2度~-5度となり、小京都として有名な高山と同じく、たくさんの雪が降り積もる場所でもあります。

そんな白川郷に冬の観光として訪れる場合は、どんな服装で行けばいいのか?迷う人も多いことでしょう。

そこで、服装や足元の防寒など気になることをまとめてみたので、ご参考にして下さい。

 

スポンサーリンク

冬はどんな服装をしていったらいいの?

彼氏や彼女・友達など、誰と一緒に行くかによっても服装選びは違ってくると思います。

ただ、オシャレにしたい気持ちもわかりますが、雪国を知らない人は場違いな格好をしやすいので、とにかく「肌の露出は避ける!」ということだけは頭に入れて服選びをしましょう。

防寒着として一番に思いつくのがダウンコートです。

寒い冬はというより、雪国にはやっぱりダウンがおすすめです。

ベストタイプのようなものではなく、できれば体全体をカバーできるロングコートタイプの方が安心です。欲をいえば、防水・防風機能が付いていればグッドでしょう。

肌の露出はできるだけ避けたいので、マフラーやネックウォーマーで首元を温めたり、手袋は必須アイテムになります。

またニット帽(できれば耳まで隠せる)や、耳当てなど、頭部の防寒も必要です。

ただ寒いからといって厚着をしすぎると、動きにくくなってしまうので、着こみ過ぎず、肌着はヒートテックなどの保温性にすぐれたインナーやタイツなどがおすすめです。

靴下は厚手で長めのものがよく、足元が悪いので、濡れてしまった時のためにも、替えの靴下もあると安心です。

防寒に便利な「ワークマン」

でも、オシャレな格好じゃなくてもいい、なんて場合はワークマンで防寒防風アイテムを探してみてはどうでしょうか?

そう、あの黄色と黒色の看板が目印の、作業着などを取りあつかっている「ワークマン」です。最近はワークマンプラスというブランドとして、アウトドアやスポーツ用の商品を扱っていてジワジワと人気が出てきていますよね。

また、作業着屋さんというイメージがありますが、女性用もあるので男女問わず利用でき、意外と、防寒用のインナーなど使えるアイテムが充実しています!

機能性に優れているだけではなく、低価格なアイテムもあるので利用しやすいですよ。


インナーや、普段使い用として持っていても重宝するので、ちょっと気になる方はチェックしてみはどうでしょうか。

また、スキーやスノボをされる方ならスキーウェアでもいいでしょう。

長靴とムートンブーツどっちがいい?

ちゃんと防水したい方ならば、やっぱり長靴の方がおすすめです。

最近は色が豊富なものやデザイン性のある長靴もあります。

雪が溶けた場所や踏み固められたところではなく、降り積もった場所を歩くこともありますので、丈の長いタイプを選びましょう。

また、雨用の長靴は保温効果はないので、足用のカイロなどで温めることをおすすめします。

 

ただ、やっぱり見た目が大事という方は、ムートンブーツでも良いですが、基本的に防水加工のものはほとんどないんですよね。

ムートンブーツは、元々はオーストラリアのサーファー用で、海から上がった時に足を冷やさないために作られブーツなので、温かい保温効果はあるのですが、水には弱く染みやすいです。
特にお値段が安ければ安いほど、保温効果が低く、染み込みやすいという難点があります。

通常のファッション性で履くなら問題ないのですが、雪国で履く場合は、なるべく防水撥水加工されたアイテムを選びましょう。

また、すでに持っている靴が防水加工されていなかったら、防水スプレーで対応をしっかりしましょう。その場合は防水スプレーを、「これでもか!」というぐらい吹きかけて、2~3度塗りをしておきましょう。

ちなみに、防寒着にも防水スプレーをかけておくと、急な雪でも弾いてくれるので安心ですよ!

長靴もムートンブーツも両方に言えることですが、防滑加工もチェックポイントです。

ライトアップされた夜景も見どころの一つですが、夜は足元が見えにくく転倒の危険があります。足底に凹凸の防滑加工があると、歩くのにも安心です。

スポンサーリンク

その他にあったら良いアイテム

使い捨てカイロ

冬といったらやっぱりカイロですよね。足元用を靴の中に忍び込ましてもいいですし、腰回りやポケットに忍ばせておくと、温かさが保てます。
傘やレインコート

雪が降っていると濡れてしまうので傘やレインコートも必需品となります。
ただ、凍結した道や慣れない場所では転倒する危険があります。傘よりは、レインコートの方が転倒しても両手が使えるのでおすすめです。

まとめ

いかがでしたか。

あれもこれも持っていくと、荷物がかさばって大変にはなるのですが、いざ現地に着いたら「想像以上に寒くて凍えそうになった」なんてことにならないよう、服装の準備は万全にしておくことをおすすめします。

「これでもか」というくらい防寒をしても、し過ぎることはないので、天気予報で気温や降雪情報も参考にしながら、事前準備はちゃんとしておきましょう。

-中部の観光
-, , ,

執筆者:

関連記事

地元民おすすめのみそカツ!名古屋の濃厚みそダレがおいしいお店3選!

昨今のグルメブームの1つとして、「肉料理」が注目を集めています。 昔は「肉は健康に悪いから、ダイエット・健康面であまり食べるのは良くない」と言われていましたが、現代では「健康な体を作るたんぱく質を取る …

名古屋が生んだ「 あんかけスパゲティ」のおいしいお店を地元民が紹介!

名古屋が独自に生み出したパスタ。それは『あんかけスパゲティ』です。 スパゲッティといえば、ナポリタンやカルボナーラ・明太子など多くの種類がありますが、あんかけスパゲティって聞いてもピンとこない人もいま …

名古屋名物台湾ラーメン!味仙の他にも美味しいお店を地元民が紹介!

全国には、独自の味を追求したラーメンを提供するお店がたくさんあるのに加え、ご当地ラーメンなる地元ならではの文化で生まれたラーメンがあります。たくさんのお店がある中、私たちそれぞれお気に入りのお店があり …

名古屋でひつまぶしを食べるならここ!地元民がおすすめするお店3選!

普段家で食べるごはんも良いけれど、今日は気分を変えて外で食べようという気持ちになりますよね?お誕生日などのお祝い事や、普段会えない人と久しぶりに会って食事する時には、少々高級なものを食べて喜びをみんな …

ラグーナ蒲郡ナイトプールの混雑状況や行き方・駐車場など行ってみた感想まとめ!

夏のこの暑い季節を乗り切り、楽しく快適に過ごすイベントの一つ、それはプールに行くことではないでしょうか? 大きなプールで友人や恋人と泳いだり、うき輪でプカプカ浮きながら会話を楽しむなど、過ごし方は様々 …

スポンサーリンク



アーカイブ