妊娠育児子育て

夏の暑さと紫外線で赤ちゃんとの外出は抱っこ紐とベビーカーどっちがいい?

投稿日:

紫外線も強くなってきて、もうすぐ夏がやってくるそんな季節が近づいてきました。

ママも赤ちゃんを連れて外出をしないといけない時、やはり紫外線が気になりますよね。

そんな時はどうしたらいいのでしょう?と、抱っこ紐とベビーカーのどっちを持って外出すればいいいのか悩むママさんも多いです。

他のママさんはどう解決しているのか気になりますよね。

そこで、初めて赤ちゃんと外出するには、ベビーカーや抱っこ紐、夏の暑さ対策などをまとめてみました。

スポンサーリンク

何才から外出OK?赤ちゃんの紫外線対策はどうしてる?

この世に生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ免疫力が大人のように強くありません。

体もまだ弱く、ちょっとした事で風邪を引いたり体調不慮、また脱水症状などになりやすいです。

赤ちゃんを連れて外出をする場合は、早くても1ヶ月検診が過ぎてからが徐々にお外に連れ出すようにしましょう。

ただし、外出が出来るようになってもまだ遠出をしたりするのは避けるのがベストです。

赤ちゃんも紫外線対策が必要

赤ちゃんの肌は大人と違ってとても弱くデリケートです。皮膚も薄いので、少しのことで赤みが出たり湿疹ができてしまいます。

特に、夏の日差しはとても強く、赤ちゃんの肌にダイレクトに当てることは「やけどを負わす」といってもいいくらい危険なことなので、紫外線対策が必要です。

ポイント「一瞬の日光浴もダメ」という訳ではなく、日中の紫外線が最もキツイ時間を避けて、日陰や夕方など少し日が柔らかくなってからの日光浴は多少なら大丈夫です。

また、大人は紫外線対策で日焼け止めを塗りますが、赤ちゃんも日焼け止めを塗れるのをご存知ですか?

赤ちゃんのデリケートな肌にも使うことができる日焼け止めがあるんです。

生後0ヶ月から使える日焼け止めもあり、赤ちゃんが使える日焼け止めは基本、ママも一緒に使えるので1つ持っていればラクラクですよね。

 

日焼け止めを購入する際は、必ず紫外線吸収剤が入っていないノンケミカルを選んでくださいね。

抱っこ紐とベビーカーのどちらで外出するのがいいの?

外出の際に、抱っこ紐にするかベビーカーにするか迷うママさんは沢山いると思います。

2人目以降からは慣れているので選びやすいですが、初めてという方は迷ってしまいますよね。

他のママさん達はどう使い分けているの?抱っこ紐は持っているけど、ベビーカーは持っていないなど、悩むところではないでしょうか。

赤ちゃんがベビーカーに乗りたがらなかったり、乗せるとずっと泣いてしまう場合は、ベビーカーの使用頻度が低い事もあるでしょう。

また、赤ちゃんは大人より体温が高いため、抱っこ紐だと汗疹ができる心配もありますよね。

特に夏は気温も暑いので、抱っこをしていると赤ちゃんだけでなくお母さんも汗だくだくになる事もあります。

そこで、ベビーカーを嫌がる赤ちゃんでなければ、遠出などはベビーカーをおすすめします。

お出かけ先で買い物をしても、ベビーカーなら荷物を掛けたりできるので、お母さんの負担を少しでも減らす事ができるのも嬉しいです。

近所やさほど遠くない場所への外出でしたら、抱っこ紐だけ持ってのお出かけもいいでしょうが、長時間の抱っこはお母さんにも、また赤ちゃんにも負担になります。

なるべくお互いが負担のないように外出するためにも、ベビーカーは必需品となります。

運転をする、あるいは車で出かけてから歩くといった場合は、どちらも持っていくことをオススメします。

ちなみに
私は、双子を出産したので、双子用のベビーカーは必需品でした。少し大きくなって歩けるようになっても、外出時はベビーカーを必ず持って行き、荷物入れの役目もしてくれたので重宝しました。

抱っこ紐しかない時は

もし、抱っこ紐しかないという場合、前に抱っこをすることがほとんどだと思いますが、お母さんの胸元と赤ちゃんの間に、保冷剤を挟むと汗を掻きにくくなります。

保冷剤は直接肌に当てるのではなく、ハンカチやタオルなどに包んで使用して下さい。

保冷剤は、暑さ対策には何かと便利なので、ケーキ屋さんで付いてくる小さいものも捨てずにストックしておきましょう。

抱っこ紐とベビーカーのメリットやデメリットは?

抱っこ紐とベビーカーにもメリットやデメリットがあります。

抱っこ紐のメリットといえば

・軽い ・コンパクト ・手軽 ・両手が使える

デメリットは

・疲れる・肩凝りが酷い ・夏は汗がたまる

ベビーカーのメリットといえば

・押すだけなのでとても楽 ・荷物を掛けられる ・遠出が楽になる

デメリットは

・公共交通機関に乗ると幅を取ってしまう・階段が使えない ・両手が使えない

など、便利な点もあれば不便だと感じてしまう事もどちらもあります。

スポンサーリンク

ベビーカーの場合雨の日はどうするの?

ベビーカーで外出する際、気になるのが雨の日です。

抱っこ紐での外出の際は傘をさせばいいですが、ベビーカーの場合は雨避けのカバーを付けてあげましょう。

町を歩いていて、雨の日に良く目にするのが透明なビニール製のベビーカーカバーです。

赤ちゃんが雨に濡れないようにちゃんと守ってくれます。

 

逆に日差しが強い場合は、ベビーカー用の日傘を差してあげたり、ベビーカーに付いているカバーで隠してあげてください。

ただし、もしカバーでベビーカーを覆う時には、夏の雨はジメジメし蒸し暑くなるので、ベビーカーにミニ扇風機や暑さ対策も忘れないでくださいね。

 

また、長時間赤ちゃんをベビーカーに乗せておくと、背中が蒸れて汗もができやすくなるので、背中の暑さ対策も万全にしてあげましょう。

車のチャイルドシートも同様に、お洗濯は中々できないので通気性の良いガーゼ素材のシートを座席につけると、取り外して毎回洗うこともできるので便利で清潔に過ごせますよ。

まとめ

いかがでしたか?

赤ちゃんと一緒の外出で、ベビーカーと抱っこ紐どちらがいいのかわからない、迷っているという方は是非参考にしてみてください。

外出先で、お母さんと赤ちゃんにとってベストな方法を見つけてみてくださいね。

-妊娠育児子育て
-, ,

執筆者:

関連記事

赤ちゃん返りは5歳や一人っ子でもある?愛情不足じゃなく試されてる?

乳児から幼児に成長すると、1人でできることも増えていき、徐々に「手がかからなくなってきた~!」「少しはラクになるかな!」と思いきや、突如として「ママやって!」「できない」と駄々をこねだすこと・・よくあ …

妊婦や産後もお寿司や生モノは食べられないって本当?授乳にも影響がある?

アルコールやカフェインに代表されるように、妊婦が口にしてはいけない食材はたくさんあります。 ご自身の健康だけではなく、お腹の中の赤ちゃんへの影響を考えると、妊娠中は普段に比べて口にするものには細心の注 …

2歳児にはチョコレートはまだ早い?チョコは何歳から食べれる?

甘いものの代表格といえば、そう、チョコレートです。 スーパーやコンビニに行くと、様々な種類のチョコレートが並んでいて、疲れた時や小腹が空いた時、ティータイムのおともに・・と、ついつい手を伸ばしてしまう …

離乳食はきちんと食べさないとダメ?時間がバラバラ・1食抜けても大丈夫?

そもそもなぜ離乳食が必要なのでしょうか? しっかり母乳やミルクが飲めていれば良いのでは? 離乳食はその名の通り「乳」を「離」れて食事から栄養を摂るということです。そこで離乳食には、将来の食生活の基礎を …

赤ちゃんのお風呂デビュー!体はどこで洗う?1人で入れるコツは?

生後1ヶ月検診が無事終了すると、赤ちゃんの生活の幅がぐんと広がります。 その一つが「お風呂」です。これまではベビーバスなどを使って沐浴をしていた赤ちゃんもバスルームで大人と一緒にお風呂に入れます。 だ …

スポンサーリンク



アーカイブ