ダイエット

自分に合うダイエット方法を探すには?病院かエステかジムどれがいい?

投稿日:

自己流のダイエットでは「なかなか痩せない」「続けられない」などのお悩みをお持ちの方も多いでしょう。効率よく痩せるにはやはり専門家からの助言が大事です。
では、自分に合うダイエット方法を見つけるためには、どんな専門家の元を訪れれば良いのでしょうか。

そこで今回は、病院・エステ・ジムの特徴と、それぞれに向いているタイプの人などを説明していきます。

スポンサーリンク

病院(肥満外来など)でダイエット

病院でのダイエットは、医学的なエビデンスに基づいた正しいダイエット方法を指導してもらえます。運動するのが難しい合併症をお持ちの方でも、その合併症と上手く付き合いながらダイエットができるので、健康面で不安のある方でも安心して実践できます。

また、薬物療法が可能であることも病院でのダイエットの特徴と言えます。

しかし、どなたでも受診可能というわけではなく、「肥満症」と診断された方、もしくはBMI25以上の「肥満」である方が対象となるので、標準体重の方の美容目的のダイエットは対象外となります。

また、エステやジムとは異なり、診療時間が日中のみである場合が多いので、忙しい方はなかなか継続した通院が困難になりがちです。

病院でのダイエットに向いている人

・何か疾患があり、その主治医より痩せるように言われている方
・疾患が原因で食事制限・運動制限などがあり、通常のダイエットが出来ない肥満症の方

健康に不安のある方や、減量することで現在治療中の疾患が改善する見込みがある方にはぜひおすすめしたいのが病院でのダイエットです。

体への負担が少ないダイエット方法を提案されるので、時間はかかりますが、指導された内容をしっかりと実践できれば、体が引き締まり、動きやすくなっていく感覚が実感できることでしょう。

エステでダイエット

エステでのダイエットは、特別なマシンやハンドマッサージなどを用いた施術やエスティシャンによる食事や運動・ボディケアなどの生活全般の指導が主な内容になります。

しかし、「脂肪を減らす」などと言った効果は立証されていないので、あくまでも食事管理や運動などを行なった上で、補助的な施術だと考えてください。

一方、老廃物が溜まって浮腫みがある状態の方には、マッサージは効果的です。特にリンパドレナージュと呼ばれる手技は体内にある老廃物を排出する効果があります。浮腫みやすい方は、エステでのダイエットが効果を感じられやすいのではないでしょうか。

営業時間が長いエステサロンもあるので、忙しい方でも通いやすいことがメリットの一つに挙げられますが、費用面が高額になりがちなので、契約前にしっかりと確認すること、またオプションを勧められた場合どうするかについても、考えをはっきりしておく必要があります。

エステの利用が向いている人

・ただ痩せるだけではなく、美肌やリラクゼーションなどの付加価値も求めたい人
・美容への意識・関心が高い人

エステだけでは痩せないということはすでに立証済みです。しかし、マッサージで浮腫みをとったり、肌の艶が良くなったりなどの付加価値はあるので、ご自身の美しさを目覚めさせることで、ダイエットのモチベーション維持につながることは確実です。

とにかく「美しさ」にダイエットのテーマを置きたい方にはぴったりの場所でしょう。

スポンサーリンク

ジムでダイエット

ジムでのダイエットは、体を鍛えて筋肉量を増やすまさに王道ダイエット法です。筋肉量が増えれば、基礎代謝が上がるので、太りにくい体を作ることができます。

また、筋肉により体がぎゅっと引き締められるので、体重の減少は少なくても見た目は大きく変化します。姿勢もよくなり、心肺機能の向上も期待できるので、疲れにくい体を作ることができますが、やはり通い続けるという根性は必要です。

事前の見学や体験レッスンなどを受け付けているジムもあるので、自分の好みに合っているか、通いやすいかなどあらかじめリサーチしてから入会しましょう。

ジムでのダイエットに向いている人

・体を動かすことが好きな(好きだった)人
・筋肉を付けることを最重要視している人
・運動による王道ダイエットをしたが一人では続けられなかった人

ジムでは個々の体力や最終的な目標に合わせたプログラムを組んでもらえたり、場合によっては食事などのアドバイスももらえることがあります。

最近では女性トレーナーも増えてきているので、女性も通いやすくなった印象があります。
運動経験がある人はもちろん、これまで全く運動をして来なかった方でも安心して通えるような工夫がされているので、「運動は苦手」という方でも大丈夫です。

まとめ

ダイエットの専門家がいる代表的な場所として、病院・エステ・ジムの3つの例をあげてみました。それぞれ特色があるので、まずはお試しコースなどを申し込んでみましょう。

どのダイエット法でも共通する最も重要なポイントは「根気よく継続し、早急に結果を求めないこと」です。いきなりハードルを上げたとしても続かなければ意味がありません。

お財布事情・体力・施設の雰囲気など感じ方は人それぞれなので、一概にどこでダイエットするのがいいか?というのはその人によります。

ゆっくりと時間をかけて、ダイエットという大きな壁を一緒に乗り越えてくれるパートナーとも言える専門家を探しましょう。

-ダイエット
-, , ,

執筆者:

関連記事

運動せずにダイエットすると見た目が悪い?食事制限だけではダメ?

春になり、どんどん気温も上がり暖かくなってきました。服装も薄着になっていく時期ですが、そんな時こそ気になるのがボディラインです。去年着ていた服がキツくなったという経験をした事がある方も多いのではないで …

「Fitbit flex2」レビュー!何がいいか?使い方など!

ライフログは年々機種が増え、家電量販店でも専門のコーナーができるほどになりました。 機種もデザインも様々なので「使ってみたいけれど一体どれを選んだらいいのだろう」と、お悩みの方も少なくないでしょう。 …

1ヶ月で痩せる限界とは?健康的に落としていい体重はどれくらい?

「継続は力なり」と、昔の人はいいことを言いますね。 どんなことにおいても継続するということは非常に重要なことですが、それはダイエットについても同じです。 数日で諦めてしまっては、その数日間どんなにスト …

産後の混合育児は痩せにくい?授乳期のダイエットで効果的な方法は?

完全母乳で子供を育てるのが一番!というのは今やもう古い話です。 粉ミルクの質は劇的に向上し、母乳に近い成分が配合されるようになったので、粉ミルクで育てているからと言って赤ちゃんの発育に影響が出るような …

産後はいつまで安静にする?ダイエットはいつから始めるのがいい?

出産という大仕事を終え、やっと一息・・かと思いきや、今度は生まれてきたばかりの赤ちゃんのお世話に日々追われてしまい、自分のことはどんどん後回しになりがちなのが新生児を抱えるママです。 そんな忙しくめま …

スポンサーリンク



アーカイブ