四国の観光

石鎚山の鎖場とは?難易度や登り方のマナーやルールがある?

投稿日:

西日本最高峰であり紅葉も美しく日本百名山にも選ばれている石鎚山は、山岳信仰の山として古くから親しまれています。この場所での穴場スポットはなんといっても「鎖場」です。名前だけ見れば、なんだか恐ろしそうな場所ですが、一体どのようなものなのでしょうか。

そこで今回は、鎖場はどんなものなのか?登り方やルールなどがあるのか?など気になることをまとめてみました。

スポンサーリンク

石鎚山の鎖場って何?

石鎚山の鎖場とは、大きさが電車のつり革くらいのサイズの鎖がいくつも繋げられてできている「鎖のロープなような物」になります。18世紀に架けられたという記録があり歴史を感じるものでもあります。決して登山のために架けられたものではなく、昔は修行のために使われていた鎖です。それが今となっても残っており、登山をする方々に使われています。

表参道コースを登っていくと、まずはじめに「試しの鎖」があり、その後夜明峠を越えると「一ノ鎖」「二ノ鎖」「三ノ鎖」があり合計4つの鎖が存在します。選ぶ登山コースによってはすべての鎖を登らずに頂点までたどり着くこともできます。

鎖場の難易度はどのくらい?

そこで気になるのは、鎖場を登るときの難易度ではないでしょうか。上の項目で石鎚山には4つの鎖場があると記しましたが、それぞれの場所で難易度も違ってきます。どの鎖場に挑戦するか参考にしてみてください。

試しの鎖

長さは74m。「試し」という名前がついていますが、足場が少なく難易度は高めです。雨の日は足場も鎖も滑るので特に注意が必要です。「この試しの鎖を登ってみて、つらいと感じたらあとの鎖も避けておくのが無難」という意味で「試し」と名付けられたのかもしれませんが、試すには難易度の高い鎖場のような気もします(笑)。

一ノ鎖

長さは33m。一番短い鎖場です。足場がたくさんあるため難易度は低め。最も楽な鎖場なので、登山初心者は「試しの鎖」より、この鎖場から挑戦することをおすすめします。

二ノ鎖

長さは65m。試しの鎖、一ノ鎖よりも遥かに距離が長いため、腕力のみで登ると体力がかなり奪われてしまいます。ボルダリングのように、足の力も使って踏ん張りながら登るようにしましょう。難易度は試しの鎖よりも高いです。

三ノ鎖

長さは68m。最も長い鎖場。難易度はほぼ二ノ鎖と同じくらいです。一番最後に現れる鎖なので、体力が消耗しているととても危険です。足場があまりなく急なので、特に気をつけて登りましょう。

スポンサーリンク

鎖場の登り方にマナーやルールはあるのか?

石鎚山の鎖場は、登りも下りも同じルートの場合がほとんどなので、交互通行が基本になってきます。そのときのマナーやルールは特に看板などでは記されてはいませんが、登山者みんなが気持ちよく登山をするために覚えておいたほうが良い内容を紹介します。

登り優先
基本的には、登りの方が優先になるので、下りの方は配慮するようにしましょう。
前の人を抜かさない
足場が少ない鎖場で、前の人を抜かす行為は絶対にやめましょう。
前の人が登っているときは真下に入らない
前の人が登っているときは、登りきるまで待つようにしましょう。万が一落下の危険があります。
上にいる人が下にいる人を引っ張りあげない
鎖場の鎖はとても滑りやすいので、上の人が手を滑らせると二人とも落下する危険があります。必ず1人で登るようにしましょう。
絶対に鎖を離さない
足場だけで昇るのは大変危険なのでやめましょう。
待つ場所は谷側ではなく山側
谷側は危険なので山側で通行者を待ちましょう。
できるだけヘルメットを装着する
頭上から石などが降ってくることがあります。必ず頭を守るようにしましょう。
臨機応変に声かけをする
登りが優先といっても、場合によっては下りの人が混雑する場合もあります。「次通ってもよろしいですか?」など臨機応変に登山者同士で声かけをすることも大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。歴史あふれる石鎚山の鎖場。難易度がそれぞれ違うことが驚きですね。登りきったら最高の達成感を味わえますが、常に危険と隣り合わせだということも頭の中に置いておいてほしいです。登山者同士がルールやマナーを守って、気持ちよく思いやりの溢れる登山をしましょう。

-四国の観光
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

お遍路の意味とは?する理由や目的はなに?どんな効果があるの?

弘法大師(空海)誕生、修行の地として知られる四国。かつては「四国辺地(僻地の意)」 と呼ばれ、日本中の修行僧が悟りを求めて集まりました。江戸時代には、修行僧だけでなく 信仰・物見遊山の為に民衆が集まり …

しまなみ海道は原付バイクも走行できる?料金は高い?所要時間は?

広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ「瀬戸内しまなみ海道」。海道だけど橋がメインで、しかも有料道路だという不思議な道です。 有料道路と聞くと自動車で走行するのが普通かと思われますが、近年しまなみ海道をサイ …

四国よさこい祭りは車で行っても駐車場はある?穴場や駐車場確保の仕方とは?

高知県高知市の夏を代表するイベント「よさこい祭り」。毎年約100万人が集まる四国三大まつりの1つです。 2019年の日程は 8月9日に前夜祭、10日・11日に本番で、12日に後夜祭と、合計4日間行われ …

阿波踊り2019年の日程や見所!初めて見るならどの場所がいい?

徳島県発祥の阿波おどりは、日本三大盆踊り、四国三大祭りの代表として全国はもちろん、外国にまで親しまれています。 江戸時代から、約400年の歴史がある阿波おどり、一度は見てみたいですよね。 そこで初めて …

石鎚山の登山は初心者や子供でも大丈夫?冬山はやめた方がいい?

石鎚山は、愛媛県西条市と久万高原町の境目に位置する、西日本最高峰の山です。現在では毎年多くの登山客で賑わい、動植物も沢山みられる人気の山となっています。 ただ、鎖場という傾斜のきつい登りが大変と伝えら …

スポンサーリンク



アーカイブ