北海道の観光

北海道バルーンフェスティバルってどんなことするの?楽しみ方は?

投稿日:03/07/2017 更新日:

バルーンって風船?そうとも言いますが空飛ぶ方です。

そう熱気球です!

風船のフェスティバルなんかも、どこかで開催されているなら興味がありますが。空飛ぶバルーンの方です!

ただ、熱気球の催し?なのか?何をするのか、どんなイベントなのか気になりますよね。

そこで北海道で行われるバルーンフェスティバルの開催日やどんなことをするのかまとめてみました。

 

スポンサーリンク

北海道バルーンフェスティバルって?

熱気球が初めて日本で飛んだのは、じつは北海道なのです。

1969年に北海道の留寿都(ルスツ)村で飛ばしたのが最初と練ります。

その後、農業実習生が上士幌町を熱気球の基地にしようと提案したのが始まりで、1974年7月29日に上士幌町で第1回熱気球フェスティバルとしてスタートし、国内で初めて4機の熱気球がフライトしました。

第3回熱気球フェスティバルは、国内初の熱気球競技会として開催された歴史ある大会になります。1980年頃から全国的に知られるようになり、1990年には北海道初となる日本選手権も開催しています。

上士幌町には、町民パイロットが数多くいて、1994年には上士幌高校に全国でも2校しかない熱気球部が誕生して高校生パイロットもいます。

北海道バルーンフェスティバルは、冬と夏の2回あり北海道壮大なの緑の大地を約30機の熱気球が飛び立ち、操縦の正確さを競い合います。

北海道バルーンフェスティバルはどんなことするの?

十勝の上士幌町は、気球の町として全国的に知られる町です。毎年夏と冬に、全国から参加者を集めてバルーンフェスティバルを開催しています。

2020年は
冬季開催日:2月9日・10日
夏季開催日:8月 日

と年2回開催されます。

道内外の約30チームが参加し、3日間に渡って熱気球競技を繰り広げます。

十勝の青い空に、色とりどりの熱気球が一斉に舞い上がり、タスクフライトと呼ばれる競技を行い、定められたエリアや時間の中で「投下地点」「目標地への近さ」「飛行距離の長さ」などの操縦の正確さを競います。

また、一般の方には搭乗体験もあります。

各種ステージショーやイベントなどもあり、地元食材を使った料理が食べられる「バルーン商店街」も出店されます。地上から見ているだけでも楽しいこと間違いなしのイベントです。

夜の空を彩るバルーングローも行われます。

住所:北海道河東郡上士幌町基線241
TEL:01564-2-2111
https://www.kamishihoro.jp/

 

スポンサーリンク

北海道バルーンフェスティバルの楽しみ方は?

広大な平原に数十機の気球が浮かぶ雄大な風景が展開されるので競技は見逃せません。各日の午前と午後にチームを分けてフライトします。

ただ、熱気球は風の穏やかな早朝によく飛ぶ確率が高いので、早朝から会場に行くのがベストです!

・旗が横になびくくらいの風が吹いている
・雨が降っている
・雲が低く、視界が悪い
・雷注意報や警報が出ている

このような時は気球がフライトできないので、延期か中止になります。風の動きを読みながらフライトするので「風まかせ」なスポーツですね。

会場で、熱気球の体験搭乗もできます。ふんわり~ふわりと浮いていく感覚は気持ちいいですよ!

各日7:00~9:00・15:00~17:00の2回実地されます。これも、朝一番がおすすめです。比較的、お昼からは風が吹きやすく中止になることもあるので、これがお目当てなら、早めに行きましょう!

十勝の広大な大自然の町なので、グルメの宝庫は言うまでもありません。バルーン商店街で、地元食材を使った美味しいものはいただきましょう。

上士幌町の名産品の買い物もできますし体験クラフトも同時開催されます。ステージショーやキャラクターショーなどのイベントもあるので子供さんも楽しめます。

また開催期間中の土曜日の夜には、バルーングローも開催されます。音楽とバーナーの光のショーで、真っ暗な夜空の会場を、幻想的に彩るロマンチックな時間です。

このバルーングローはぜひ宿泊して観に行きましょう。

源泉かけ流しの、ぬかびら温泉も直ぐ近くなので、夏休みを利用して、のんびり過ごすのもおすすめです。

★ぬかびら源泉郷情報★

合わせてこちらも

まとめ

北海道バルーンフェスティバルは毎年夏休みの時期です。ここ上士幌町は、全国的に見ても日照時間が多く夏は涼やかで過ごしやすく、サイクリングの町としても有名です。

3日間開催されるので、見ごたえ十分ですが夜に行われるバルーングローは中々見れない幻想的な光景なので、ぜひ、夏休み旅行の滞在地としておすすめです。

-北海道の観光
-, , ,

執筆者:

関連記事

神威岬から積丹ブルーを見るおすすめ時期は?観光時期や交通手段は?

皆さんは「積丹ブルー」という言葉をご存知ですか?北海道の小樽を、余市方向に進んで行くと、日本海の積丹半島に出てきます。 積丹の海は透明度が高く、さらに海藻が少ないので、その海面は、底が見えるほど透き通 …

小樽観光は魅力が多すぎ!見て食べて作る!小さなエリアで大満足の旅!

スポンサーリンク 小樽と言えば北のウォール街と呼ばれ、北海道開拓の玄関口や国際貿易の拠点としてとても栄えた街です。歴史的な建物が沢山あり、北海道の観光地としても有名どころですね。 でも、海と山に囲まれ …

釧路は世界三大夕日の1つだった!美しい夕日が見える穴場とおすすめ場所!

北海道の釧路は世界三大夕日の1つだというのはご存知ですか? 世界三大夕日はインドネシアのバリ島・フィリピンのマニラ、そして北海道釧路市の3か所です。場所やいわれには諸説ありますが、世界を旅する船乗りた …

釧路湿原は晩夏がおすすめ?感動する旅になるおすすめの乗り物がある?

北海道の道東にある釧路湿原は日本最大の湿地帯で、日本の湿原面積の約6割を、釧路湿原が占めています。四季を通して湿地の魅力を感じる所で、日本にいることを忘れさせる異国風景には感動します。そんな釧路湿原で …

札幌の祭りシーズンでホテルが取れない時の対処法や穴場を紹介!

札幌市は言わずと知れた観光地で、近年では海外からの観光客も増して祭りやイベントが重なると宿泊できないケースも出てきています。ですが、どうしても宿泊するためにはとにかく探さないといけないですよね! そん …

スポンサーリンク



アーカイブ