美容

ヘアドネーションは偽善なのか?くせ毛や毛染めの髪でもいいの?

投稿日:15/12/2018 更新日:

 

ここ最近になってよく耳にするようになった「ヘアドネーション」という言葉ですが、一体どういう意味なのか気になりませんか?
良いことをすることなのですが、全員ができることではありません。実は、私の知り合いもヘアドネーションを実践したのですが、髪の毛が長くないとできないことです。

そこで今回はヘアドネーションについてまとめてみました。

スポンサーリンク

ヘアドネーションとは何をすること?

ヘアドネーションを訳すと「ヘア」は髪の毛で、「ドネーション」は寄付という意味になります。つまり「髪の毛の寄付」ということになります。

えっ、髪の毛を寄付するなんて、なんのために?どうやってするの?と思いますよね。

例えば、ロングからショートカットやボブにバッサリ髪の毛を切りたい!という人がいたとします。床に落ちた髪の毛はゴミになるので、美容室では髪の毛は産業廃棄物として捨てられます。ですがヘアドネーション用に髪の毛を細かくヘアゴムで束ねてから切ることによって、本来ならゴミになるはずの髪の毛を、誰かにあげることができるのです。

その髪の毛は、特定非営利活動法人などへ寄付するために送られ、そこで寄付された髪の毛を使ってウィッグ(カツラ)が作られていきます。その後このウィッグを必要としている人達の元に贈られます。その送り先は、小児ガンや先天性脱毛症や不慮の事故などで髪の毛を失ってしまった18歳以下の子供たちなのです!

そう、ゴミになってしまう髪の毛を寄付することで、髪の毛がなくて笑顔が少なかった子供達を笑顔にすることができるのが、ヘアドネーションという取り組みになります。誰かを幸せにできる髪の毛に生まれ変わることができるということです。

最近では高性能のウィッグも沢山あるので、
「タダで髪の毛を寄付してもらって、カツラを作って高く売ってるの?」と、商売っ気たっぷりで見てしまいそうですが、そうではないのですよ。

美容室で寄付用に髪の毛を切ったら、自宅まで持ち帰ってから各団体に郵送してもいいですし、美容室から各団体に郵送してくれる場合もあります。気になる時は、美容師さんに相談してみましょう。

自分で郵送したほうが「寄付したんだ」という思いが強くなるかもしれませんよね!

ただ、ヘアドネーションに賛成の人もいれば、残念ながら「偽善じゃないのか」と感じる人もいるようです。各団体のホームページを見ると寄付された髪の毛がどのようにしてウィッグに生まれ変わって行くのかが、わかりやすく載っていますのでぜひ見てみてください。

・特定非営利活動法人 Japan Hair Donation & Charity
ホームページアドレス h ttps://www.jhdac.org
・特定非営利活動法人 HERO
ホームページアドレス h ttps://hairdonation.hero.or.jp
・株式会社グローウィング つな髪プロジェクト
ホームページアドレス h ttp://www.organic-cotton-wig-assoc.jp

くせ毛や毛染めした髪の毛でもいいの?

強すぎないくせ毛や明るすぎない毛染めの髪の毛なら大丈夫です。いろいろな髪質を混ぜてウィッグを作ることによって、より自然なウィッグにも仕上がります。

枝毛やダメージが酷すぎる場合は、寄付した後の選定時に取り除かれる可能性が高いので、寄付しないほうがいいでしょう。また長さも必要になり、誰かを幸せにするために必要な長さは、15センチ~31センチ以上になります。ヘアドネーションをするために髪の毛を伸ばしている人もいるんですよ。

もしヘアドネーションをしたいけど自分の髪質がわからない時には、美容師さんに相談してみましょう。

スポンサーリンク

 

海外でのヘアドネーションの取り組み方は?

アメリカやイギリス、中国やオーストラリアでも子供たちへウィッグを作るために、ヘアドネーションの取り組みが行われています。
日本の芸能人の中にもヘアドネーションをしたことがあるという方々もいますが、イギリス王室のキャサリン妃もヘアドネーションをしたことがあるようです。

海外でも髪の毛の寄付の仕方は日本とほとんど変わらなく、全世界的にもこうした取り組みが広がっています。

まとめ

ただ、髪の毛の寄付だけでは、成り立たないこともあります。
髪の毛をウィッグとして仕上げるために、髪の毛のほかにも費用がかかるということも課題になっています。
ヘアドネーションをする人は髪の毛が長いことが必要です。

もし、この先15センチ以上髪の毛を切ることがあったら、ヘアドネーションを考えてみるのはいかがでしょうか?

この記事を読んで、ヘアドネーションに興味を持って頂ければ、幸いです。

-美容
-, ,

執筆者:

関連記事

体の日焼け止め石鹸だけじゃ落ちてない!キレイに落とす方法とは?

最近の紫外線対策には、気を引き締めて取り組んでいる人もいらっしゃるでしょう。夏は顔だけでなく、露出している所には全て日焼け止めを付けるのが、ベストとされていますが、付ける事には余念がなくても、落とす時 …

日焼止めの選び方や紫外線対策の常識!日焼けをしないために知っておくこと!

毎年紫外線対策はそんなに考えていなかった・・でもそろそろ始めたほうがいいかなと、若さでカバーできていたことも、年齢と共にヤバくなってきて・・では遅いです! 今は、赤ちゃんから紫外線対策を始めているので …

子供のパ―マや縮毛矯正を美容室でお願いするのは何歳からがいい?

子供の髪の毛にパーマをかけて可愛くさせたい!という親御さんや、子供の髪の毛のクセがひどいから縮毛矯正やストレートパーマをかけてあげたいな…。など悩んでいる親御さんも多いことでしょう。特に思春期の子供さ …

乾燥肌にビタミンEオイルが役立つ!スキンケア効果がある塗り方とは!

紫外線を浴びすぎたり、冷たい風に当たりすぎたり、冬の乾燥した屋外やエアコンで乾燥した室内に長時間いると、可愛そうな状態になってしまうお肌の乾燥。そうでなくても乾燥肌なのに、日常の生活は乾燥肌を加速させ …

飲む日焼け止めサプリのインナーパラソルを飲んでおけばよかった説!

ここ最近話題になっている、飲む日焼け止めサプリ。今年になって後悔しています。なぜ、飲んでおかなかったのかと・・ 紫外線がますます強くなっているのに、冬場も紫外線をあなどれないのに・・後悔する前に飲んで …

スポンサーリンク



アーカイブ