美容

ヘアドネーションは偽善なのか?くせ毛や毛染めの髪でもいいの?

投稿日:15/12/2018 更新日:

 

ここ最近になってよく耳にするようになった「ヘアドネーション」という言葉ですが、一体どういう意味なのか気になりませんか?
良いことをすることなのですが、全員ができることではありません。実は、私の知り合いもヘアドネーションを実践したのですが、髪の毛が長くないとできないことです。

そこで今回はヘアドネーションについてまとめてみました。

スポンサーリンク

ヘアドネーションとは何をすること?

ヘアドネーションを訳すと「ヘア」は髪の毛で、「ドネーション」は寄付という意味になります。つまり「髪の毛の寄付」ということになります。

えっ、髪の毛を寄付するなんて、なんのために?どうやってするの?と思いますよね。

例えば、ロングからショートカットやボブにバッサリ髪の毛を切りたい!という人がいたとします。床に落ちた髪の毛はゴミになるので、美容室では髪の毛は産業廃棄物として捨てられます。ですがヘアドネーション用に髪の毛を細かくヘアゴムで束ねてから切ることによって、本来ならゴミになるはずの髪の毛を、誰かにあげることができるのです。

その髪の毛は、特定非営利活動法人などへ寄付するために送られ、そこで寄付された髪の毛を使ってウィッグ(カツラ)が作られていきます。その後このウィッグを必要としている人達の元に贈られます。その送り先は、小児ガンや先天性脱毛症や不慮の事故などで髪の毛を失ってしまった18歳以下の子供たちなのです!

そう、ゴミになってしまう髪の毛を寄付することで、髪の毛がなくて笑顔が少なかった子供達を笑顔にすることができるのが、ヘアドネーションという取り組みになります。誰かを幸せにできる髪の毛に生まれ変わることができるということです。

最近では高性能のウィッグも沢山あるので、
「タダで髪の毛を寄付してもらって、カツラを作って高く売ってるの?」と、商売っ気たっぷりで見てしまいそうですが、そうではないのですよ。

美容室で寄付用に髪の毛を切ったら、自宅まで持ち帰ってから各団体に郵送してもいいですし、美容室から各団体に郵送してくれる場合もあります。気になる時は、美容師さんに相談してみましょう。

自分で郵送したほうが「寄付したんだ」という思いが強くなるかもしれませんよね!

ただ、ヘアドネーションに賛成の人もいれば、残念ながら「偽善じゃないのか」と感じる人もいるようです。各団体のホームページを見ると寄付された髪の毛がどのようにしてウィッグに生まれ変わって行くのかが、わかりやすく載っていますのでぜひ見てみてください。

・特定非営利活動法人 Japan Hair Donation & Charity
ホームページアドレス h ttps://www.jhdac.org
・特定非営利活動法人 HERO
ホームページアドレス h ttps://hairdonation.hero.or.jp
・株式会社グローウィング つな髪プロジェクト
ホームページアドレス h ttp://www.organic-cotton-wig-assoc.jp

くせ毛や毛染めした髪の毛でもいいの?

強すぎないくせ毛や明るすぎない毛染めの髪の毛なら大丈夫です。いろいろな髪質を混ぜてウィッグを作ることによって、より自然なウィッグにも仕上がります。

枝毛やダメージが酷すぎる場合は、寄付した後の選定時に取り除かれる可能性が高いので、寄付しないほうがいいでしょう。また長さも必要になり、誰かを幸せにするために必要な長さは、15センチ~31センチ以上になります。ヘアドネーションをするために髪の毛を伸ばしている人もいるんですよ。

もしヘアドネーションをしたいけど自分の髪質がわからない時には、美容師さんに相談してみましょう。

スポンサーリンク

 

海外でのヘアドネーションの取り組み方は?

アメリカやイギリス、中国やオーストラリアでも子供たちへウィッグを作るために、ヘアドネーションの取り組みが行われています。
日本の芸能人の中にもヘアドネーションをしたことがあるという方々もいますが、イギリス王室のキャサリン妃もヘアドネーションをしたことがあるようです。

海外でも髪の毛の寄付の仕方は日本とほとんど変わらなく、全世界的にもこうした取り組みが広がっています。

まとめ

ただ、髪の毛の寄付だけでは、成り立たないこともあります。
髪の毛をウィッグとして仕上げるために、髪の毛のほかにも費用がかかるということも課題になっています。
ヘアドネーションをする人は髪の毛が長いことが必要です。

もし、この先15センチ以上髪の毛を切ることがあったら、ヘアドネーションを考えてみるのはいかがでしょうか?

この記事を読んで、ヘアドネーションに興味を持って頂ければ、幸いです。

-美容
-, ,

執筆者:

関連記事

リンスはしない方がいいの?髪に必要ない?リンスをする理由は?

最近では「リンス」というワードをあまり耳にしなくなったような気がしますが、髪の毛の表面にリンスの成分をつけることで手触りや、くし通りを良くするものです。 ただ、リンスはしない方がいいとか、必要ないなど …

紫外線の日焼けトラブルを治すには?肌にビタミンが必要なのはなぜ?

最近では年中紫外線対策をしましょうと言われていますが、完全にシャットアウトすることもできないし、夏は山や海にも行きたい、冬もスキーなど楽しみたい!という人も多いはずです。 でも日焼けが気になりますよね …

拭き取り化粧水を毎日使うのはNG?お肌に合わない時の使い道はある?

拭き取り化粧水はいらなくなった角質を取り除き、肌をワントーン明るくする効果があるだけではなく、手触りがよくなったり、その後の化粧品の浸透を高めてくれる効果がある化粧水です。 ドラッグストアでも気軽に購 …

トリートメントは頭皮に付けたらダメ?何分放置する?すすぎ時間の目安は?

「トリートメントは頭皮に付けないように」と言われても、正直難しいですよね。すすぎの時についてしまいますし。 また「トリートメントをつけたらしばらく放置してください」と言われても、何分ぐらい放置すればい …

乾燥肌を治す肌に効果のあるサプリメントの紹介!サプリの正しい飲み方も!

お肌は身体の中からも外気にも影響されて乾燥しやすくなります。最近では紫外線の影響などで、ほとんどの人が乾燥肌と聞きます。どんなに対策をしてみても肌がよくならない時は、サプリメントを有効に活用するのがお …

スポンサーリンク



アーカイブ