海外

ワーホリと留学は何が違うの?双方のメリットとデメリットとは?

投稿日:05/10/2018 更新日:

ワーホリや留学はどちらも「外国へ行ってしばらくの期間を過ごす」ということですが、

どのようなシステムなのか?
どちらが自分に合っているのか?
どちらを選べばいいのか?

悩むことがあると思います。

そこで、今回はワーホリと留学の違いについて見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

ワーホリと留学の大きな違い

・ワーホリ(ワーキングホリデー)は1年間の期間限定で海外に移住する事ができるシステムです。

移住先では仕事や遊び、語学学校などにも通えて比較的に自由度が高いビザになります。

ただし年齢制限があり、1つの国に1度しか利用する事ができないので、1年経過すると日本に戻るか他の国を探さないといけません。

 

・留学は主に勉強がメインになりますので、留学期間中は必ず語学などの学校に通わないといけません。

また、仕事(アルバイト)も禁止されています。

ただ年齢制限はなく、ひとつの外国に何年でも何度でも利用できるビザになります。

 

年齢制限があるのがワーホリで、ないのが留学

期間が決まっているのがワーホリで、ないのが留学

仕事ができるのがワーホリで、できないのが留学

 

ワーホリは1年という期間限定だけど自由な暮らしができ、留学は勉強がメインになるという感じですね。

 

ワーホリのメリット・デメリット

ワーホリは自由度が高い生活ができますが、ではメリットとデメリットはあるのでしょうか?

 

・メリット

ワーホリは移住先の語学学校にも通えるので語学力のアップにはなります。

空いてる時間でアルバイトも出来るので収入を得る事で、生活費を現地調達できたり観光なども楽しむことが出来ます。

また日本を離れて外国で暮らすことで、日本では経験できない異国の生活全般の体験や、知らなかったことの知識が豊富になります。

日本での当たり前が当たり前ではないと気付いた時は、「目から鱗が落ちる」心境になりますよ!

もちろん視野が広がり将来の選択肢が増え、人間としての器も大きくなると思います。

せっかく語学勉強をしたのなら、しばらくその生活に身を置いて語学実践しないと勿体ないですよね。

最大1年間滞在していれば、日常生活で使うようなちょっとした言葉も自然と話せるようになります。

 

・デメリット

ワーホリは語学学校に通うこともできますが、卒業後は自分の意思が強くないと語学力が伸びません!

特に日本人が多く集まる都市は要注意です。

日本人が多い都市は日本語の言語率が高くなるので、つい楽だから日本語を話せる所に行くようになります。

そうすると多国籍のお友達を作りずらくなり、日本語以外の言語を使わなくなる…

外国にいるのに結局日本語を使ってしまい、「ただ外国に住んでいるだけ」になりやすいです。

また帰国後の就職活動時にも少し困難があります。

企業側には「ワーキングホリデー は若者が外国でホリデーを過ごす」と思われているので、

よほど語学力を伸ばすか専門職のスキルを伸ばすかしないと、「ただ遊んでいただけ」と思われ、少し不利になるということもあります!

仕事を辞めてワーホリをする人は、「辞める」のではなく「長期休暇」をもらえるように相談したり、

帰国後の再就職先の目処をつけておいたほうがいいかもしれません。

 

 

留学のメリット・デメリット

留学は言葉の通り勉強しに海外に行くという感じですが、こちらもメリットデメリットがあります。

 

・メリット

留学は勉強に集中できるため、語学力の伸び率はワーホリと比べたら、比べものにはならないでしょう。

また外国で専門職の学校(例えば看護学校など)に留学すれば、日本では手に入らないスキルを手に入れることができます。

学校には多国籍の生徒が揃いますので、外国のお友達も沢山できますね。

また語学力や必要スキルが備わっていれば、日本で勉強している学生よりも語学力や海外のスキルなどを習得しやすいので、海外就職や外資系企業への就職は有利になることが多いです。

将来の就職先を見据えての留学はとても良いモノになります。

また働きたい国での生活の経験があれば、自分自身がその国の過ごし方に慣れていることもあり、就職もしやすくビザに関しても経験があると通りやすいと言われています。

日本にいるときよりも、将来への選択肢は増えますね。

 

・デメリット

とにかく学費の工面が大変です!

長期になればなるほど授業料や現地での家賃・光熱費・生活費・交通費・交際費など、

お金はあっという間になくなります。

学費も高額なことが多く、お金に余裕がないとバイトなどできないので、かなり辛い生活になります。

「勉強だけしに行くのだから遊びはいらない」と思うかもしれませんが、遊びも勉強です!

多国籍の友達と仲良くなれるチャンスでもあるので、付き合いが悪いと友達もできにくいでしょう・・

せっかく出来た多国籍のお友達と、お出かけしたり出来なくなると異国ということもあり孤独感が増します。

それでは、せっかくの留学生活も台無しになってしまいますね。

このように、留学は資金面がかかることが最大のデメリットとなります。

まとめ

それぞれのメリットはどちらが自分に合っているのか?

またデメリットをどうにか対処でそうであるのかを考えて、ワーホリか留学を選ぶといいですね!

外国で生活するためのお金の準備と語学勉強はあらかじめしっかりしておきましょう。

やりたいと思ったことは憧れのままにするのではなく、チャレンジすると世界が変わりますよ。

-海外
-, ,

執筆者:

関連記事

ワーホリをしてオーストラリアで家探し!シェアハウスした体験談など!

日本でも、なんとなく定着しつつあるシェアハウスという言葉。その名の通り他人が何人かと同じ家で一緒に住むことですよね。その家の持ち主と一緒に住むこともあり、または開いている部屋を賃貸で貸す場合とあります …

ワーホリを利用するのに年齢制限があるのはなぜ?制限なしの国はある?

今ではネットでいろんな情報を入れることができますが、まだまだ知らないことも沢山あります。 正直なところ、私も学生の時にワーキングホリデーという制度があるなんて知らなかったし、 今現在、老若男女問わずワ …

ワーホリを利用して子連れでも行ける国がある?一緒に行く方法とは?

ワーホリに行くには18歳から30歳までの期間しかチャンスがありません。 独身だったら自分の自由が利き、結婚していてもパートナーに了承を得て渡航している人や、子供がまだいない夫婦2人の渡航をしている人た …

ワーホリって何ができるの?目的や行ける国・おすすめの国はある?

「ワーホリで海外に行く!」とか「ワーホリしてきた!」と聞いたことありませんか? 海外に行くのにパスポートやビザが必要なのはわかるけど目的によって種類が色々あります。 その中で、ワーキングホリデーという …

ワーホリビザの申請の仕方は?おすすめの申請方法と事前に用意するもの

ワーキングホリデービザは海外で生活するのに大切なビザになります。 申請方法も料金がかかる代理店や、かからない所もあったり、間違いがあっても大変なことになります。 また、慌てることのないように申請する前 …

スポンサーリンク



アーカイブ