北海道のあれこれ

札幌の美味しい豚丼ミルキーウェイの紹介!2店舗あるけど姉妹店なの?

投稿日:10/12/2017 更新日:

 

豚丼といえば帯広が有名どころですが、札幌の豚丼店も負けていません!

西区八軒にあるミルキーウェイは1980年からの創業で、地元民に愛され続けている豚丼の名店です。

 

そんな名店が、実は同じ名前で2店舗あるんですよね・・

 

姉妹店なのか?そんな気になることも踏まえて八軒にあるミルキーウェイに食べに行ってみました。

 

スポンサーリンク

札幌の美味しい豚丼

 

札幌にも美味しいと言われる豚丼屋さんが何店舗かあり、特に人気の高い豚丼のが八軒のミルキーウェイです。

豚丼といえば帯広が本場なのですが、帯広に行く機会がなかったり、

北海道の豚丼ってどんなものなのか知りたいという初めての人にもぜひ行ってもらいたい豚丼屋です!

もちろんミルキーウェイは帯広にも負けない味です!

 

内地の人に豚丼のイメージを聞くと吉野家やすき家のような、薄こま切れ肉のイメージが強いと思いますが、北海道の豚丼は肉の厚みがしっかりあって、

特に帯広では炭火で焼かれた豚肉に甘しょっぱいタレが豚丼という形が地元の人に好まれています。

このミルキーウェイも厚みのある豚肉に甘しょっぱいタレが特徴的です。

 

私もじつは札幌に住むまで「豚丼って牛丼の豚バージョン」のイメージしかなくて・・

北海道の豚丼がどんなものかも知らなかったんですよ(笑)元は内地の出身なので・・

 

周りの人から「札幌の豚丼といえばミルキーウェイだよ!」とずっと聞かされていたので、念願かなって昨年の暮れに初めてミルキーウェイに来店した時・・

これが豚丼なんだ!とテンションが上がりましたよ!

 

豚丼ミルキーウェイ

 

札幌の豚丼ミルキーウェイは1980年にオープンして、最初は喫茶店を兼ねたお店でした。

当初から豚丼は好評だったようで、2005年に豚丼の専門店にチェンジされたんですね。

外観の看板がインパクト大なので少し笑えるし、

人によっては怪しい・・(笑)と思われることもあるみたいですが、

この目立たせ具合は、わたしも好きです!!

駐車場も2か所あり、お店を挟んだ両脇に6~7台停めれるようになっています。

冬は除雪もしっかりされているので車の止めにくさも感じません!

 

たかが豚丼されど豚丼・・

入り口の扉にも

ここまで言われたら入らないわけにはいかない・・(笑)

 

と、

店内は外観と違って木目調の優しい雰囲気です。

テーブルが4つ・カウンター席3つほどの席数で、

店内禁煙なので、これも有り難いです。

 

ご夫婦2人で切り盛りされていて、人柄の良さが身染み出ているとても感じのいいご夫婦です。

この店主のイメージと外観のギャップがちょっと面白くも感じますww

 

メニューも外看板にしっかり張られているので、どんなものか一目瞭然なんですが、

 

一応メニュー表をチェック!

こちらの豚バラ厚切り丼が人気メニューです。

 

メニューも豊富で豚肉の部位がバラや中落・ロースなど選べて肉の厚みも薄切りにできます。

丼タイプと定食タイプがあり、その他にもメニューがあります。

 

カツカレーが美味しいとのうわさも聞き付けているのですが、これは次回にとっておき、

 

やはり一番人気のバラ肉の厚切り、通称あつびー丼を注文してみました。

相方は、バラ肉厚切りのあつびー定食タイプを注文しました。

注文してからも待たされることなく手際よく出てきます。

こちらがあつびー丼

お味噌汁と温泉卵・お漬物が付いてきます。

こちらがあつびー定食

豚肉の下にサラダがびっしりで、ボリューミーです。

 

最初はこのままいただきます。

お好みで山椒もあります。

 

温泉卵の食べ方もあって

 

まずは温玉タレのように付けていただき、

 

そのあと豚丼にかけていただきました。

 

こうやって食べると味に飽きることもなく、最後まで美味しくいただけます。

っていうか、

豚肉に厚みがあるのにとても柔らかくサクっと噛み切れて

甘しょっぱいタレも全然しつこくないんです!

 

前回の来店時にはバラ肉中落の丼を食べたけど、

このお肉もコリコリしたしっかり感はあるのですが、さくっと噛み切れて柔らかくペロッといただきました。

 

相方の注文したあつびー定食は、千切りキャベツの上に豚バラがのっているタイプですが、

じつはこのキャベツと肉の間にマヨネーズがサンドされていて、

タレとマヨネーズが絶妙にあうんですよね~!

この味が嫌いな人はいないはず・・(笑)

 

ご年配の人にも子供さんにもお肉が柔らかいので食べやすく、お子様ランチも提供されています。

 

スポンサーリンク

 

ミルキーウェイは2店舗ある?姉妹店?

 

札幌市内に同じ豚丼のミルキーウェイの看板が2つあります。

今回ご紹介した西区八軒のミルキーウェイと、

 

中央区南22条の電車通り沿いにもあります。

 

なんと店構え、看板も名前も一緒!

 

電車通りを通るたびに「絶対姉妹店だよね、今度行ってみるか~」なんて話をしていたのですが、

先日、八軒のミルキーウェイの店主に聞くと・・

以前そこの南22条の電車通り沿いで豚丼屋をしていたけど、こちらの西区八軒に移転してきて、そのままの状態で看板なども残して八軒に移転したそうなんです。

で、次にその店舗を借りた人がそのまま使用しているだけで、

誰がされているか全然知らないんですよ~。と・・

 

えっ、それでいいの?

そんな事情を知らない人達は姉妹店と思っているよ・・現に私たちもそう思っていたので(笑)

 

でも全然気にしていないし、むしろ南22条のミルキーウェイにも行って下さいと・・

 

なんと太っ腹な店主なんでしょう(笑)

 

この一連の流れでもわかるように、こちらの八軒のミルキーウェイの店主はとても人柄が良くて、接客もとても丁寧なんです。

ご夫婦の雰囲気もよく、柔らかい物腰でどなたにも親切丁寧に接客されます。

この感じも、長年愛される秘訣だと思いました。

最後に奥様と看板犬のコウスケ君と!

普段はケージの中でいい子にしていて、吠えることもない賢いワンちゃんです。

 

ということで、たかが豚丼されど豚丼のド派手な同じ看板で、店名も同じですが・・

姉妹店でも何でもない!

ということでした。

 

でも、逆に興味があるので南22条の電車通り沿いミルキーウェイにも行ってみようと思います!

 

八軒ミルキーウェイの場所

 

北海道の食は底なしのように沢山美味しいお店があります。

その中でも札幌で豚丼が食べたいと思った時は八軒ミルキーウェイがおすすめです!

 

たかが豚丼されど豚丼 豚丼のミルキーウェイ

・住所:北海道札幌市西区八軒8条東1丁目1-19

・TEL:011-613-8613

・営業時間

平日:昼11時~14時30分・夜17時~22時30分

日曜・祝日:昼12時~14時30分・夜17時~20時30分

・定休日:不定休

持帰りやお土産にもできます。

 

札幌駅からはJR学園都市線あいの里公園行に乗車→2駅目の八軒駅で下車し、八軒駅から徒歩約5分です。

車の場合も駐車場があります。

 

 

まとめ

 

たかが豚丼されど豚丼のとてもインパクトのある店構えですが、

お店の外観に尻込みして今まで行けていなかった人にも、

美味しい豚丼のお店を札幌で探している人にも、

おすすめの豚丼ミルキーウェイの紹介でした。

-北海道のあれこれ
-, , ,

執筆者:

関連記事

北海道の夏は生ウニが絶品!国内トップクラスの味を食べるおすすめの場所!

北海道は海産物の宝庫ですが、その中の一つにウニがあります。北海道のウニは、夏の漁と冬の漁があり、北海道の日本海側では毎年6月から8月にウニ漁が解禁になります。 この時期のウニは格別で、そこでしか食べら …

北海道冬の暖房はつけっぱなし?灯油や電気の料金は?暖房手当がある?

真冬の北海道は連日気温が氷点下まで下がります。そんな極寒の地を経験したことのない方にとっては、まさに未知の世界と言えるでしょう。 転勤や進学などで北海道へ転居するとなると、やはり不安なのは冬の生活、と …

札幌発祥のスープカレーは土産にも最適!道民がおすすめする6選!

  スープカレーと言えば今やラーメン・海鮮料理・ジンギスカンと並ぶ北海道ご当地グルメとして有名になりました。 スープ状のカレールーにはゴロゴロと大きな野菜やお肉が入っており、スパイシーなその …

夏休みは北海道で定番観光じゃないアクティブに遊べる大満喫の穴場!

北海道と言えば、名所の観光巡りばかりではないですよ。北海道はでっかいどーの言葉通り、せっかく海を渡ってくるのなら大自然を満喫しないともったいないです。 また北海道は大自然に恵まれていますが夏の時期は短 …

白い恋人パークイルミネーションの期間と行き方!カップルで楽しむ方法

  クリスマスシーズンになると、イルミネーションがきれいな場所が沢山増えてきます。   札幌にもイルミネーションを見る事ができるエリアは沢山ありますが、   中でも、 あ …

スポンサーリンク



アーカイブ