北海道のあれこれ

札幌雪まつりに子供と行く時に気を付ける事や注意することは?

投稿日:19/11/2017 更新日:

雪が降る寒い季節の恒例イベント「札幌雪まつり」は毎年2月上旬に開催され、世界各国からの観光客も大勢訪れるビックイベントです。雪国の生活を知らない人や、雪を見たことがない地域の人は老若男女問わず、雪を見ただけではしゃいでしまいますよね!

そのお気持ちはよくわかります。

そんな雪に彫刻を施した雪像は見るだけで感動しますし、会場もそれぞれ違った雪の見せ方をしてくれます。そこで子供さんと行くときには注意することがあります。

真冬のイベントならではの、気を付けることをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

札幌雪まつり子供と行く

雪まつりは札幌にとってもビックイベントの1つで、開催日の1か月前頃から大通公園での雪像制作が始まります。毎年、流行りもののキャラクターや大きな出来事などをメインにした雪像がたくさん並び、

ジャンプ台や、スケートリンク、迷路や滑り台など、子供も楽しめる雪の体験型コーナーも沢山あります。

雪まつり会場は3つあり、大通り会場とすすきの会場・つどーむ会場になり、それぞれの見せ方も違ってきます。大通り会場とすすきの会場は至近距離になりますが、つどーむ会場は少し郊外になります。

子供さんと雪まつりを楽しむ場合は、日中はつどーむ会場がおすすめです。

雪まつりは宣伝も撮影場所も大通り会場がメインになり、他県の人は大通り会場だけと思っている人も多いのですが、すすきの会場では氷をメインにした氷像が芸術的な完成度の高い彫刻が並び、

つどーむ会場では、色々なイベントを開催して子供が遊べる体験型雪まつりのように催されています。

特に小学生くらいの子供さんなら、絶対につどーむ会場は喜ばれます。もちろん雪を知らない各国の方々も、雪遊びに大興奮されています。ドーム屋外では、雪とふれあう体験型の会場になるので氷の滑り台・巨大チューブ滑り台やそり遊び、スノーラフティングなど時間を忘れて遊べるものが沢山あります。

市民団体による雪像もあるので、見る楽しみ充実しています。

つどーむ会場はドーム型の屋内もあるので、ドーム内ではラーメンフェスティバルやグルメコーナー・飲食コーナーがあるので身体を温める事もできます。

アイドルグループのステージや、アトラクション・手作りブースあるので、飽きることはありません。吹雪いていたり氷点下になる季節なので、外でだけの見学や遊びは大人も子供も凍える思いです。ドームの中でいろんな体験ができたり暖を取る事ができるのは、雪が初めての子供さんにも大切かと思います。

初めての雪まつりで子供さんと一緒に行くなら、まずはつどーむ会場がおすすめです。

 

スポンサーリンク

気を付ける事や注意することは?

子供さんの年齢によっても気を付けることがあります。小学生ぐらいになると歩く事もしっかりできるので、大通り会場やすすきの会場での見学もできると思いますが、とにかくこの時期は、氷点下になる事がほとんどです。路面はアイスバーンでツルツルです。

また、大通りやすすきの会場はメイン会場になるので人であふれかえっています。海外からの観光客や雪道を歩いたことがない人が沢山いるわけですから、あちらこちらで転倒ている人もいますし、一緒に巻き沿いにされることもあります。

小学生以下の子供

転倒するだけならいいのですが、カチコチに凍ったアイスバーンで骨折する人も沢山います。このような状態なので、小学生以下の小さいお子さんは歩くのが困難な状況になります。また、子供さんが走ってどこかに行っても、追いかけるお母さんが転ぶこともありますので!

服装もしっかり寒さ対策は必要ですが、靴底もしっかり滑り止めを付け、できれば人混みは避けた方がいいかと思います。私も会場で肩をつかまれて一緒に転倒させられた経験があります。アイスバーンや雪道の歩き方を知らない人たちが沢山いる中なので、特に小さな子供さんは非常に危険です。できたら、大通り会場は平日の夜ライトアップされた時間で、人が溢れていない時に行くのがおすすめです。

乳幼児

乳幼児はベビーカーを出動させるのは危険ですし、抱っこひもも危険です。抱っこひもで子供を抱っこしていて親御さんも転倒する可能性はあるわけです。そのような状態で転倒したらどちらも怪我をする危険があります。絶対おすすめできません!

ベビーカーは氷点下の寒風が思いっきり当たって雪積もあるし普通に凍えます。また積雪路面をベビーカーで進もうにも雪に埋まったり、アイスバーンでは非常に危険です。

まだ歩く事に慣れていない幼児は雪まつりに行くなら、つどーむ会場がおすすめですが、雪まつりのこの季節、乾燥・人混み・低温でインフルエンザをもらう人も多いです。このような事からも、特に歩くことがままならない乳幼児は、雪まつりはあまりおすすめできないと思います。

また、札幌雪まつりのおすすめの日を、↓こちらで詳しく説明しています。

 

まとめ

初めての雪の体験や初めての雪まつりは絶対楽しんでいただきたい!ですが、雪を知らない人がたくさん集まる場所にもなるので、一歩間違えると大けがにもなる事もあります。

くれぐれも、子供さんと雪まつりに行くときには、周りの人にも足元にも気を付けて歩くようにして下さい!なるべく、内股でペンギンのような歩き方がおすすめです。

是非とも楽しんでいただきたいので、怪我のないように注意してください。

-北海道のあれこれ
-, , ,

執筆者:

関連記事

北海道でしか買えないお土産!道民がおすすめする定番じゃない商品!

北海道のお土産といえば石屋製菓の白い恋人・六花亭のマルセイユバターサンド・ロイズやルタオなど全国区で知られるお土産が沢山ありますが、その他にも北海道らしいここでしか買えないお土産が沢山あります。 その …

道東自動車道のおすすめサービスエリアやガソリンスタンドはどこにある?

自動車道は日本全国に沢山あり、最近ではサービスエリアも風変りして、ショッピングモールになっていたり、温泉まであったり、それぞれご当地グルメなども味わえたりして、その土地ならでわの催しなどもあったりと、 …

北海道冬の暖房はつけっぱなし?灯油や電気の料金は?暖房手当がある?

真冬の北海道は連日気温が氷点下まで下がります。そんな極寒の地を経験したことのない方にとっては、まさに未知の世界と言えるでしょう。 転勤や進学などで北海道へ転居するとなると、やはり不安なのは冬の生活、と …

アメリカンドックとフレンチドックは違うもの?北海道は砂糖が常識だった!

お祭りなどの屋台でよく目にするアメリカンドック、ん?フレンチドック?どっちだったかな?と思いませんか? 見た目は変わらないし何が違うのかよくわかりませんよね。 また、北海道では砂糖を付けるとか、地域に …

2019年根室さんま祭り日程や雨の場合は?服装や持参するものはある?

さんま水揚げ量が日本一の根室市では1993年から毎年、市民の人にさんまを振舞う、根室さんま祭りを開催して、今では全国区の知名度になります。 さんまの獲れる場所から漁港が近いので鮮度も抜群!そんな、脂の …

スポンサーリンク



アーカイブ