美容

乾燥肌の治し方は即効性のある食べ物と水分の取り方で早く良くなる!

投稿日:08/11/2017 更新日:

今は年中乾燥しているお肌の人が多く、ライフスタイルやホルモンバランスでお肌の状態も敏感になっています。私も年齢の変わり目で敏感肌に拍車がかかった時期もありました。そんな時は体の中から潤いを与えてあげると、即効性があります。

そこで今回は乾燥肌に即効性のある食べ物と水分の摂りかたを、私の体験を交えてまとめてみました。

スポンサーリンク

乾燥肌に悩む前に!

春は花粉や紫外線・夏はエアコンや紫外線・秋は花粉や寒暖差・冬は暖房と外気など、今では1年中お肌のトラブルが絶えません。特に空気の乾燥する時期は乾燥肌の人にとっては辛い季節になりますよね。マスクを付けると蒸気で保湿されるとか、これを付ければ乾燥は防げるとか、藁にもすがる気持ちで美容に心掛けている人も多いですが、食べ物や水分で乾燥しにくくなるの知っていますか?
人の肌は、正常なら28日周期のターンオーバー(肌細胞の生まれ変わり)でお肌の入れ替えをしています。でもこれを正常にするためには、体内からお肌に働きかけないとできないことです。特にお肌に大切な栄養が不足するとターンオーバーも周期がずれて、肌本来の機能も果たせなくなってきます。それではいくら高価な基礎化粧品を使っても、砂漠に化粧水やクリームを付けている状態なので、いくらお手入れしても間に合いません。
私も若い頃から乾燥肌で、30代を過ぎる頃は乾燥肌のピークでした。ドンドン乾燥していく肌になっていったので、いろんなことを試してみたら一番効き目が良かったのが水分の取り方と食べ物でした。

いくら、化粧水をバシャバシャ浴びるほど付けても、いくら、高級クリームを付けても、翌朝はカピカピに乾燥して突っ張る・・。これは、体内が渇いている証拠なのです。そこで、お肌に対する栄養と水分を補ってあげるだけで、ひどい乾燥に悩まされることはなくなります!

 

乾燥肌に即効性のある食べ物

まず皮膚の細胞は正常だと約4週間で新しい細胞に作り替えられます。その細胞を作る栄養素は常に準備しておかなければいけません。食べ物からや、体内で作りだす栄養素もあります。その中でも大切な栄養素は、脂質の1つでもあるコレステロールです。

「え~っ・・コレステロールって悪者じゃなかったの?」と思う人は多いと思いますが、コレステロールが不足すると、新しい細胞を正しく作ることができなくなるのです。

食事制限などムリなダイエットをすると肌がボロボロになるのもこのせいです!

コレステロールと聞くと肥満や成人病のイメージがあるイヤな食品と思われがちですが、コレステロールが少ないと、逆に病気やガンにもなりやすいと言われています。

それはなぜか?

日々生まれ変わる細胞を正しく作ることができないからです!最近ではコレステロール値が高い方が長生きする研究結果も出ています。

このように、お肌の細胞にも重要なのがコレステロールなのです。

コレステロールは動物由来の脂質になり、魚の干物やイカ・タコ・卵類などの食品に多いです。

また、良質のたんぱく質とビタミン群も必要不可欠です。タンパク質といっても良質なものと聞くと、どれになるか分かりにくいですよね。じつは、肉より大豆よりはるかに優れている良質のたんぱく質がなんです。良質のタンパク質のスコアが100%が一番高いとしたら、大豆は56%・牛肉は80%・イカは86%・豚肉は90%で、卵は100%なんですよ!

卵にはタンパク質に限らずビタミンC以外の栄養素がほとんど入っているので究極の栄養源です!

 

ビタミン群

ビタミンは沢山の種類がありますが中でもA・C・Eなどはお肌の細胞に重要です。

ビタミンEは
毛細血管の血行を良くし、皮膚の新しい細胞に生まれ変わる手助けをします。大豆・アーモンド・葉野菜・シジミなどが多い食材です。

 

ビタミンAは
肌の保湿性を高めたり保護したりする作用があるので、不足すると乾燥肌になってしまうとても重要なビタミンです。レバー・人参・乳製品・肝油などが多い食材です。

 

ビタミンCは
コラーゲンの形成に必要で、毛細血管を強くし傷の治りも早め酸化を防いでくれます。柑橘類・柿・じゃが芋・ピーマン・ブロッコリーなどが多い食材です。

 

コレステロール(脂質)やタンパク質また、ビタミンAやEなどは動物性が多いのです。ということは意外にも、ダイエットや健康を気にする人に不足しがちなモノなんですよね。
それに栄養素は、体内で一番必要な所から使われていきます。生きるために必要な栄養分だけ摂取すると、臓器に一番に栄養が使われるので肌にまで届きません。

だから乾燥肌=栄養不足と考えましょう!健康的に生きるために必要な栄養を摂らないと、肌細胞にまで栄養が回らないということです!

普段の食事に十分気を付けていても補えないと思ったら、サプリメントは有効です。私もサプリメントには救われました。ビタミンCはいくら食べても飲んでも身体には留まってくれないので、肌まで届くようにビタミンCを有効に使うには、サプリメントも必要ですね。

スポンサーリンク

 

水分補給の仕方を知ろう!

人の身体は60~70%が水分です。乾燥って砂漠を思い浮かべればわかると思いますが、水分不足が一番の原因です!この水分の循環がよくないと乾燥を招いてしまいます。何年も前から1日に水分は2リットルは摂りましょう!といわれていますが、特に乾燥肌の人に、これは本当に必要です。1日の食事、プラス水分を2リットル摂ることがおすすめです。

水分とはどのようなモノ?

お水がおすすめです。ジュースや牛乳などは水分には入らないです。コーヒーや緑茶なども基本的には入りません。コーヒーや緑茶は利尿作用があり水分を排泄する作用が強いので、できればお水をメインに飲んで下さい。
コップ1杯が約200mℓとして、コップ8~10杯を目安に飲みましょう。水分の摂りかたは一度に飲むのではなく1日の中で分けて摂ります。なるべく、朝の時間が排泄の時間になるように午前中にコップ5杯が目安です。
活動的になる朝は1時間おきにコップ1杯、お昼から夕方にかけて徐々に減らして2~3時間おきにコップ1杯を心掛けます。またのどが乾いたら早めに水分補給です!

このように水分を摂取すると、体内で水分不足にならずに循環もスムーズになります。栄養不足と一緒で、水分が足りなくなると肌の細胞にまで循環しにくくなり、乾燥を招く原因になります。
潤いのある肌を保つためにも、水分は頻繁に摂ることをおすすめします。

まとめ

乾燥に足りないものはコレステロールやタンパク質ビタミン群といった保湿成分です。動物性の食材をしっかり食べて、ビタミンCを摂るのがお肌にとって何よりの栄養です。

その都度、水分補給も忘れずに摂りましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

-美容
-

執筆者:

関連記事

体の日焼け止め石鹸だけじゃ落ちてない!キレイに落とす方法とは?

最近の紫外線対策には、気を引き締めて取り組んでいる人もいらっしゃるでしょう。夏は顔だけでなく、露出している所には全て日焼け止めを付けるのが、ベストとされていますが、付ける事には余念がなくても、落とす時 …

スキンケア化粧品は何歳ごろから始める?子供の使い始める年齢はある?

スキンケア化粧品(基礎化粧品)というと、クレンジングや洗顔・化粧水・乳液・美容液などのことを言いますが、これっていつ頃から使うのでしょうか? 赤ちゃんの時は、肌も敏感なのでお母さんがちゃんとケアしてい …

初めての美容室子供はいつから行かせる?カットを嫌がる男の子の場合は?

小さい頃は髪の毛の量も少ないし、お母さんが適当に子供の髪を切ってなんとかしのいでいたけど…。 幼稚園に上がって、七五三の写真を撮る時ぐらいまでには美容室でカットをお願いしたいと 思うお母さんは多いので …

夏バテ肌は顔ダニ皮膚カビが一番発生しやすい時期!ケアの仕方は?

秋の美肌こそ真の美肌です!と言っても過言ではない程、夏の肌状態をどこまでケア出来ているかで、来年の肌状態までにも関わってくる、重要な季節です。 秋は1年の中でも最もナイーブなお肌になっていて、この時期 …

広がった毛穴は戻らない?急に開く原因は? 毛穴を閉じる方法はある?

お肌の悩みで上位にはいるのは、毛穴の悩みです。 ある時まで気にならなかったのに、急に毛穴が気になりだした・・、なんてことはよくある事です。 でも、広がってしまった毛穴は戻らないのかと、不安に思う方もた …

スポンサーリンク



アーカイブ