ダイエット

ダイエットは睡眠が命?睡眠時間が少ないと痩せないって本当?

投稿日:

何もせずにダイエットができればなあと、簡単に痩せることを願う人は多いのではないでしょうか?

正直なところ、ダイエットの基本は食事と運動が重要なカギではありますが、食事もバランスよく、運動も適度にやっているのに痩せない?痩せにくい?など、なぜ痩せないんだろうと、悩んでいる人もいますよね。

じつは、その「痩せる」にはホルモンにカギがあって、睡眠不足が大きく関わっていることもあるのです。

 

スポンサーリンク

睡眠不足は太りやすい?

睡眠とダイエットの研究によると、睡眠不足の人は糖や脂質など、太りやすい不健康な食事の欲求が高まるとあります。

睡眠不足の解消に嗜好品の欲求が高まるって、うそだろ・・と思うのですが、たしかに夜更かししたり睡眠不足の時って何かしら食べてるという人が多いんですよね。

それに食べる物といえば、野菜などのヘルシーなものではなく、ほとんど嗜好品みたいなものです!お菓子やラーメン・それにこってりした物などが欲しくなるのです。

睡眠不足だけで太りやすかったり、痩せられないなんて・・人の身体ってほんと繊細ですよね。

でも、そんな私たちの痩せたい願望を向上させるには、睡眠をしっかり摂ることで痩せやすい身体が作られるということなのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タオル地の快眠枕カバー(日本製/パイル地/ピローカバー)
価格:1598円(税込、送料別) (2019/8/2時点)

楽天で購入

 

睡眠で痩せられる?

実は私達には、痩せるカギを握るホルモンが分泌されているのですが、レプチンとグレリンというホルモンです。

また、このふたつのホルモンは睡眠時間と深くかかわっています。

レプチン

レプチンは食欲を抑制するホルモンになります。

脂肪細胞から分泌されるホルモンで、基本的に食事をしたあとに分泌され、脳の視床下部にある満腹中枢が刺激され、満腹感を感じるようになるホルモンです。

レプチンが分泌されると、脳内の視床下部に働いて、食欲を押さえる作用があります。「もうお腹はいっぱいだよ」と、食べ過ぎることを注意してくれる感じですね。

また脂肪組織でエネルギー代謝を高める作用もあるので、体重増加を抑制してくれる力もあるホルモンなのです。

グレリン

グレリンは、食欲を増進するホルモンです。レプチンと真逆ですね。

胃から分泌されるホルモンで、空腹になったり体内エネルギーが不足した時などに分泌されます。

また脳の視床下部にも影響して、食欲中枢を刺激されて食欲増加の作用があるので、「お腹が空いたよ」と空腹を発信したり、「まだ食べれるよ」と食欲を促進させる作用があります。

それに「別腹」と呼ばれるものや、夜の飲み会の後の「〆ラーメン」など、お腹いっぱいなのに食べれてしまう作用を発揮してしまうという、ダイエットにはおとなしくしておいて欲しいホルモンなのです。

スポンサーリンク

レプチンとグレリンと睡眠関係

このように、レプチンとグレリンは互いに反対の効果となる拮抗作用が働きます。

この2つのホルモンがきちんとバランスがとれていれば痩せる体になるのですが、バランスが崩れると太る身体に陥ってしまいます。

またこのレプチンとグレリンは、肥満や摂食障害などの病因解明や治療薬の研究もされているほど、肥満やダイエットとして大きく注目されるホルモンになります。

そこで治療薬を飲まなくても、この2つのバランスをしっかり整える効果が、睡眠になります。

アメリカフランス国立生物学研究所では、

・睡眠時間が5時間ではレプチンの分泌が少なくなり、グレリンの分泌が多くなる
・睡眠時間が8時間ではレプチンの分泌が多くなり、グレリンの分泌が少なくなる
と、睡眠不足で食欲調整ホルモンが変化し、肥満の原因の一つを作っているという研究結果もあります。

要は、食の欲求はホルモンが大きく関わっていて、睡眠不足になると、体内ホルモンの分泌が正常に働かなくなり、また大きなストレスを抱えると、ホルモン分泌のコントロールもマヒしてしまいます。

この研究では8時間以上の睡眠がいいとされていて、また10時間以上の寝すぎもホルモンバランスが崩れるので、8時間から9時間寝れるのが丁度いいということでしょう。

このように、太りやすい身体になっていくのは自分の意思とは関係なく、レプチンやグレリンのバランスの影響も大きく関わっていると知ると、怖くないですか(笑)?

自分は痩せたいと思っていても、寝不足だけで勝手に食欲が増えていっているって・・。

だからホルモンの作用ってバカにできないということなんですよね。

最後に

慢性的な睡眠不足は、太りやすい身体を作っているということがわかりましたね。

寝すぎもよくないですが、現代人は寝不足の人の方が多いはずです。

せめてダイエット中だけでも規則正しい睡眠がとれると、ダイエットの成功率も高まるでしょう。

ダイエットを決意したら、8時間の睡眠が取れる工夫も考えないといけない・・かもしれないですね!

-ダイエット
-, ,

執筆者:

関連記事

女性がプロテインを飲むメリットとは?どんな効果?副作用はない?

かつてはジムやスポーツ用品店などでしか見かけなかったプロテインですが、ここ最近はドラッグストアやスーパー・コンビニなどでも販売されるようになり、その存在はぐんと身近なものになってきました。 また、もう …

痩せて老け顔にならない方法!ダイエット後の顔のたるみを改善するには?

ダイエットをしたら、顔が老けて見えてしまって、ふに落ちない結果になってしまった・・なんてことはありませんか? 周りにも、そうなってる人はいませんか? せっかく痩せて、キレイになろうと頑張ってダイエット …

リバウンドを繰り返す人は痩せにくくなる?リバウンドを止めるには?

一発でダイエットを成功させて目標体重になれた! という方はなかなか少ないのではないでしょうか? 多くの方が、様々なダイエット方法を試しては、何らかの理由で挫折してしまい、元の体重に戻ってしまうという苦 …

運動せずにダイエットすると見た目が悪い?食事制限だけではダメ?

春になり、どんどん気温も上がり暖かくなってきました。服装も薄着になっていく時期ですが、そんな時こそ気になるのがボディラインです。去年着ていた服がキツくなったという経験をした事がある方も多いのではないで …

プロテインは飲み方がある?溶かし方や割り方・飲むタイミングは?

老若男女問わず、筋肉をつけたい・肌や髪を美しくしたい・手軽に栄養補給をしたい・ダイエットをしたい・・と、プロテインを飲む理由は実に様々です。 最近は、これらの目的に合わせた栄養素が含まれるプロテインも …

スポンサーリンク



アーカイブ