スキー

初めての北海道スキーに初心者の家族が持っていくと便利なものとは?

投稿日:09/02/2019 更新日:

スキーに行くにあたって、何を用意すればいいのか迷うのは初心者であれば当然のことです。ましてや子供連れで行くとなると「準備万端にしておかないと!」と、あれこれ調べている方は多いも多いのではないでしょうか?
ここでは、主に未就学児連れのスキー旅行で、スキー道具一式以外に、あったら便利なものをご紹介していきます。

スポンサーリンク

スキーであったら便利なもの!ゲレンデ編

基本的にゲレンデに出るときの荷物はウエアのポケットに入る程度の最小限にとどめましょう。
スキーに慣れた中・上級者なら何の問題もありませんが、初心者がリュックサックなどの荷物を持って滑るのは、意外と難しいことです。
必要最低限の携行品だけを持ち、ゲレンデで使用しないものは全てロッカーに預けておいたほうが安心です。
では、まずはゲレンデにいる間にあったら便利なものについてリストアップしていきます。

 

小銭入れ

リフト券やランチ代・ドリンク代程度のお金だけを入れておきます。
カードや運転免許証、保険証などの大事なものや普段使っているお財布はロッカーへ入れておきましょう。
ゲレンデで万が一落としたら見つかる確率はほぼゼロです。
失くしても惜しくないコンパクトな小銭入れがあるとベターです。

 

ティッシュとゴミ袋

鼻をかんだり、ゴーグルの水滴を拭き取ったり、濡れた顔を拭いたりと、使用頻度が最も高いのはティッシュです。特に子供は風邪をひいていなくても、気がついたら鼻水を垂らしているということがよくあるので、一番取り出しやすいポケットに入れておきましょう。
ゲレンデ内にはゴミ箱はないので、ゴミをひとまとめにできる小さなゴミ袋があるとより便利です。

 

グローブホルダー

手袋と手首をひも(またはゴム)で繋ぐグッズです。ゲレンデ内やリフトの上で子供の鼻をかませたり、帽子を直したり、何かとお世話する機会がありますが、手袋をはめたままではうまくできません。
その都度、手袋を脱ぐ必要がありますが、脱いだ手袋はどうしますか?脇や足の間に挟むという方法が実は一番メジャーです。

しかし、斜面でスキー板を履いた状態やリフトの上でそんなことできない、という方にはぜひオススメしたいグッズです。パッと脱いでも手首とつながっているので、リフトの上から落下したり、斜面で不安定で無理な姿勢にとる必要もありません。
また、お子様の手袋紛失防止にもぜひ用意しておいた方が良いです。

最近の傾向として、大人用はあまり見かけなくなりましたが、女性ならジュニア用でも使えます。また、構造がそれほど難しいものではないので、ネットの写真を参考に簡単に自作することもできます。

 

 

 

スマホ対応手袋

せっかく北海道まで来たのだからお子様が頑張って「スキーをしているところを写真に残したい!」それが親心というものです。
スマホ対応手袋があれば手袋を脱がなくてもスマホ操作ができるので、撮りたいときにすぐに写真を撮れます。
ただし、気をつけていただきたいことは、雪山ではバッテリーの消耗が激しいです。
日常条件下ではバッテリーに問題がありませんが、フル充電で持って行っても、雪山に行った途端、ものの数時間で20%を切ることがあります。バッテリーの無駄な消耗を抑えるために、初めから低電力モードにしてなるべく長持ちさせるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

スキーであったら便利なもの!建物内編

ランチや休憩、トイレなどでスキー場内の建物内には必ず立ち寄るでしょう。
そんなときに気をつけていただきたいのが「紛失」です。
板とストックは屋外のスキー置き場に置いておくので良いのですが、帽子やゴーグル・手袋・ネックウォーマーなどの小物は、持ち歩く形になります。
自分で自分のものを管理できるある程度大きなお子様なら問題ないのですが、未就学児の場合、親が管理しなければいけません。
また、子供のものに加えて自分のものとなると、意外と細々とした荷物が多くなってしまいます。
そこで私は「エコバッグ」の持参を勧めています。
建物内に入ったらまずは小物類は全てエコバッグに入れてしまいましょう。こうすれば荷物は一つにまとまるので、紛失しにくくなります。また、混雑時でも身動きが取りやすくなります。
コンパクトにたためるエコバッグもウエアのポケットに入れておくと便利です。

 

まとめ

スキー靴を履いての行動はただでさえ動きにくいのに、その上子供のお世話もあるので本当に親は大変です。
しかし、せっかくのスキー旅行ですから、怪我やトラブルなく楽しんでいただけるように、「こんなものがあったら便利だったな」と思えるものをいくつかピックアップしてみました。
ぜひ参考にしていただいて、北海道の雪を満喫してください!

-スキー
-, , , ,

執筆者:

関連記事

ニセコの雪は春でもパウダースノー?いつまでスキーが楽しめる?

ニセコは北海道最大のスキーリゾートで毎年、北海道民だけではなく道外から、そして海外からもたくさんのスキー客で賑わいます。 ニセコの魅力は、広大で滑走距離の長いゲレンデももちろんですが、何と言っても極上 …

北海道のGWはまだスキーができる!おすすめのスキー場と注意点!

本州のゴールデンウィークといえばポカポカ陽気で、中にはもう半袖を着て暑そうな姿をしている方もよく見かけます。 一方、日本で唯一、気候帯が「亜寒帯」に属する北海道のゴールデンウィークは、やっと桜が咲き始 …

子供のスキーはいつからがいい?スキー場のリフトは何歳から1人で乗れる?

何事も始めるなら早いほうがいい、とよく言いますがスキーも例外ではありません。 今、いい線で活躍しているスキー選手も、小学校入学前からスキーをはじめたという方がほとんどです。 では、何歳ごろからスキーを …

北海道でスキーの長期滞在したい!宿泊も充実のおすすめの場所は?

せっかく北海道でスキーをするならゆっくり滞在したいですね。しかし、意外とスキーは疲労が溜まるもの。リフレッシュしつつ、適度にスキーを楽しみながら、スキー以外にも冬の北海道の遊びも満喫できるような場所を …

スキー手袋の乾かし方や臭いの取り方!裏返し方や早く乾かすには?

スキー手袋は肌が直接触れるので、汗や皮脂汚れが気になりますよね。何度も使っていくうちに、臭いも出てきたリ、付けた後の自分の手まで臭くなることも・・。 また外側も泥やリフトの潤滑油で汚れやすいです。 そ …

スポンサーリンク



アーカイブ