スキー

子供のスキーはいつからがいい?スキー場のリフトは何歳から1人で乗れる?

投稿日:09/02/2019 更新日:

何事も始めるなら早いほうがいい、とよく言いますがスキーも例外ではありません。

今、いい線で活躍しているスキー選手も、小学校入学前からスキーをはじめたという方がほとんどです。

では、何歳ごろからスキーを始められるのか、リフトに乗れるのはどのくらいになってからか、について解説していきます。

スポンサーリンク

まずは雪を好きになろう

いきなりスキーから入るよりも、まずは「雪は面白いもの、楽しいもの」という認識を子供に植え付けたほうが、スムーズにスキーに移行しやすいでしょう。

そりすべり雪だるま作り雪合戦のような遊びを通して「冷たい」「手が痛い」「滑るから(埋まるから)怖い」といったネガティブなイメージを払拭させましょう。

雪遊びは楽しい、と子供が思い始めたらいよいよスキーに挑戦です。

何歳ごろからスキーを始められる?

子供用のスキー板は、サロモンやK2・フィッシャーなどの一流メーカーであれば、70㎝から販売していますが、子供用とはいえお値段は結構高額になります。

スポーツ用品量販店で売っている安価なノーブランドのスキーであれば、85㎝から揃っています。一流メーカーの半額から3分の1くらいの値段で購入可能です。

子供の場合、スキー板は身長より15㎝から20㎝程度短いものが理想とされています。そこで子供の身長が90㎝くらいになったら始めどきと言えます。

このことから、個人差もありますが、子供の理解力なども考慮すると3歳くらいがスキーを始めるにはちょうど良いと言えます。

しかし特に、この頃から子供はぐんぐんと大きくなります。どんなに高額な板を購入してもワンシーズンしか使えません。

そこでスキー場で滑るだけなら、その都度レンタルをしたほうが場合によってはお得です。

また、お下がりやリサイクル品を活用する場合は、必ず板についている金具は専門店で調整してもらいましょう。この金具の設定(解放値、といいます)が適正でないと、怪我の原因にもなります。

別途費用はかかりますが、スキー板を取り扱っているお店ならどこでも調整可能です。

その際、お子さんの体重を申告する必要があるので、これについても把握しておきましょう。

スキー場のリフトはいつから?

これについては厳密な年齢制限はありません。要はリフトの上でじっと座っていられて、「ボーゲンでもまっすぐ滑る」「自分の力で止まる」「転んだら自力で立てる」というスキーの基本動作さえできれば誰でも乗れます。

しかし、これらの基本動作ができても親としては一人で乗せるのは不安ですよね。
そこで親と一緒に乗れる二人乗りリフトが設置されている「超初心者向けコースがあるスキー場」を、いくつかピックアップしてみたので参考にしてみてください。(北海道に限ります)

・北広島市 ダイナステイスキーリゾート
・札幌市 滝野すずらん公園スノーワールド
・小樽市 天狗山スキー場(山頂部のファミリーゲレンデ。そこまでがロープウエイでいけます)

リフト乗降時には必ずスタッフがそばにいます。「初心者です」と言えば減速・停止などの対策を取ってくれるので、自信がないときはスタッフに伝えましょう。

その時「お客様の安全確保のため、〇〇リフト停止します」のアナウンスが場内中に響きますが、そんなことは日常茶飯事なので、スキーヤーは気にも留めていません。

お子様の安全のためにも、初めのうちは恥ずかしがらずに堂々と「初心者宣言」をしましょう!

スポンサーリンク

スキー学校に入るのもオススメ!

自分の子供にスキーを教えるというのは、実はとても難しいことです。現にインストラクターの資格は持っている人も、生徒さんは教えることができても、自分の子供となるとなかなか難しいと言われます。

それならいっそスキー学校でプロに教えてもらう、というのも一つの手です。

スキー学校はほぼ全てのスキー場で開講しており、数日間連続で通うものと、1日だけのレッスンのもの、と二つのタイプに大別されます。

未就学児の場合、まずは1日だけのレッスンに参加させて様子をみてみるのがオススメです。

どこのスキー学校も、スキー靴の履き方から歩き方、板の履き方など超基本的なことから教えてくれます。

一般的には4歳から参加可能ですが、スノークルーズオーンズ(小樽市)の「YUKI LAB.」は3歳から受講できます。

専用のレッスンゾーンで、風船やフラフープを使いながらレッスンをします。途中雪遊びを挟んだり楽しげな内容になっていますので、子供は飽きることなく最後まで楽しんでいますよ。

まとめ

スキーを始めるなら3歳くらい(年少さん)から可能ですが、その子の個性によって異なります。

まずは雪は楽しいと実感させることから始め、無理強いはせず徐々にスキーに慣らしていくことが大切だと思います。

スキーは面白い!と感じ、コツさえつかめばあっという間に上達していきますよ。

北海道の道央で子供向きのスキー場
・ダイナステイスキーリゾート
北海道北広島市仁別82番4

・滝野すずらん公園スノーワールド
札幌市南区滝野 滝野247
・天狗山スキー場
小樽市最上2丁目16-15
・スノークルーズオーンズ
小樽市春香町357

-スキー
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

初めての北海道スキーに初心者の家族が持っていくと便利なものとは?

スキーに行くにあたって、何を用意すればいいのか迷うのは初心者であれば当然のことです。ましてや子供連れで行くとなると「準備万端にしておかないと!」と、あれこれ調べている方は多いも多いのではないでしょうか …

中学生の初めてのスキー教室で必要な物は?服装や下着持ち物など!

学校行事や民間などのスキー教室で、初めてのスキー体験をする時、不安な事が沢山ありますよね。 まず、雪を見たことがない、雪国に住んでいないなど、雪山に行ったことがなかったり、スキーをしたことがない人が一 …

ニセコの雪は春でもパウダースノー?いつまでスキーが楽しめる?

ニセコは北海道最大のスキーリゾートで毎年、北海道民だけではなく道外から、そして海外からもたくさんのスキー客で賑わいます。 ニセコの魅力は、広大で滑走距離の長いゲレンデももちろんですが、何と言っても極上 …

スキーで靴下はどう選ぶ?5本指・重ね履き・長さも必要?選び方は?

スキーで重要なアイテムといえば何を思い浮かべますか? 板?ウエア? もちろんそれらも大事ですが、意外なことに靴下も重要なアイテムなのです。 靴下の良し悪しでパフォーマンスが変わってくるといっても、過言 …

スキーブーツの保管の仕方!手入れやブーツインナーは洗濯できる?

スキーブーツは意外と汚れやすいアイテムです。 特にインナー部分は汗や匂いが気になりますよね。しかし、形が特殊的なのでどうやってお手入れしていいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 そもそもどん …

スポンサーリンク



アーカイブ