生活

お彼岸でお墓参りに持参するロウソクやお線香・花はなぜ必要なの?

投稿日:05/04/2017 更新日:

仏壇やお墓にお参りをすることは故人の供養になり、年に何度かは足を運びますがその時、ロウソク・お線香・花、この3つは必ず持参します。なぜでしょう?

仏前の供養では、「香・灯・華」の三つが基本とされ、お線香やお焼香、ローソク、仏花が必要で、どれも意味があって重要なのです。そこで、なぜお墓参りにこの3つが必要なのかまとめてみました。

スポンサーリンク

ロウソクを付けるのはなぜ?

仏壇にお参りすると、正座をしてロウソクに火を点してその火でお線香に・・と、お線香を焚くためにロウソクがあると思いがちですが、ロウソクにも意味があるのです。

ローソクの起源を調べてみると、最初は松明(たいまつ)から発展したものと言われ、古くは紀元前3世紀に存在し、エジプト人やギリシャ人に使用されていたといわれます。

日本でろうそくが最初に使用されたのは奈良時代で、仏教の伝来と共に伝わってきました。ローソクはもともと照明として使われていたのですが、どの宗教でも火は物を清め、罪を償い、そして悪魔を防ぐ意味があり、いつしか仏教でもなくてはならないものとなりました。

お仏壇・お墓のローソクは、灯明(とうみょう)とも呼ばれ、仏様にお供えする明かりを指します。お線香に火をつけるためではなく、私たちの煩悩(悩んだり苦しんだりする気持ち)の闇を照らして、私たちをきちんとした世界へと導くための智慧(道理の判断や筋道)を現しています。

お仏壇、お墓でローソクに火を点すことには

ローソクの明りは、ご先祖様と現世の私たちを結ぶ架け橋で、この明りを頼ってご先祖様は彼岸(ひがん)から此岸(しがん)にやって来るし、私たちが彼岸に行く時もまた明りに導かれる

要するに、ローソクの炎が故人に向けて「ここに私がいるよ」という目印となっているんですね。

ロウソクの静かな灯を見つめていると、心がどんどん澄んでいきませんか?

このようロウソクの役目を知ると、ロウソクの火でお線香を焚くのは申し訳ない気もしますね。

お線香をあげるのはなぜ?

インドなど東洋では昔から、香料は身や心を浄めるもの、神に捧げるためのものとして用いられてきたと言いわれます。

日本へ伝わって来たのは、インドから中国を経て、仏教と共に伝わった説や、淡路島にお香がたどり着き、島の人が朝廷に奉納した説などがあります。

仏教では、自らの心身を浄め、仏に香りを捧げることが、重要なことと考えられています。

仏教経典では、

「死後の人間が食べるのは匂いだけで、善行を積み重ねた死者は良い香りを食べる」

お線香は故人への供物としての役割があり、現在のどの宗教も「香りは神仏の食べ物」と言われています。

お線香の香りが仏様の食べ物と聞くと、お供えするものも、なるべく良い香りがするお線香がいいですよね。白檀や故人が好きだった香りなど、仏様を思いお線香を選んであげましょう。

※ロウソクや線香を消すときは、口で吹かずに手であおいで消します。
人間の口は、悪業を積みやすく、けがれやすいもので、仏様に供える火を消すには向かないということです。

 

スポンサーリンク

 

お花を飾るのはなぜ?

花をお供えするのは、見た目も奇麗で豪華に見えるので、飾りとして見られますがお花にもお供えする意味があったのです。

お釈迦様がまだ前世で、修行していた時の事

燃灯仏(ねんとうぶつ)という名前の仏様にお会いし、是非ご供養してあげたいと思いましたが、この時は良いものが何もありませんでした。そこで、たまたま近くでお花を売っていた方の元へ行き、「青蓮華(しょうれんげ)」という名前のお花を買って、仏様をご供養しました。

この話が、仏様に花をお供えする始まりとされています。仏様に美しいものをお供えし、仏様をお飾りするという意味や、花は仏様の慈悲をあらわしているとも言われ、

自然界の厳しい環境に耐えて咲く姿と、厳しい修行に耐え忍ぶ仏教の教えとが重なり、精進する事の誓いとして花を活けるとされています。

仏花といえば菊の花を思いますが「蓮華」や「睡蓮」が仏教の花とされています。泥水の中から生まれても、泥に染まらず、心洗われる清らかさと美しさを失わずに、気高く咲き誇る姿が、仏教における慈悲の象徴とされているのです。

「生花は福をもたらし、枯花は死を示す」

お仏壇やお墓に花をお供えする時は、どんな花でもよく、故人が好きだった花や、なるべく美しく新しい生気あるものをお供えしましょう。

※トゲがあるバラなどはあまり仏花にはよくないといわれます

まとめ

いかがでしたか。

それぞれの持つ意味が少しでもわかれば、お参りをするときの気持ちも違ってきますよね。

今日の花はこんな気持ちで選びましたとか、お線香を焚いたらどうぞお召し上がりくださいと、故人と会話もできそうな気がしますね。

-生活
-,

執筆者:

関連記事

停電はオール電化住宅の天敵?絶対に備えておくべき大切なものとは?

オール電化住宅は、ガス代もかからないし火災に対する安全性が高いなどの良い反面、オール電化住宅は、すべての機能が電気でまかなわれているので、停電してしまうと電気が使えないだけでなく、生活の手段が塞がれて …

入院時の大部屋で貴重品はどうする?鍵の管理や家族がいない場合は?

入院すると、現金や保険証だけではなく印鑑などの貴重品が必要になります。 さらに、着替えや洗面道具、食事に必要な道具などの身の回りのものを必要となるので、私物を管理するのが意外と大変になります。 このよ …

だるま市で購入しただるまの飾り方や置く場所は?処分の仕方は?

毎年、年初めからだるま市が各地で開かれます。 最近ではいろいろな色のカラフルなだるまも人気ですが、このだるまの使い方や飾り方ってどのようにすればいいのでしょうか?どこに置くのがいいのか?処分の仕方など …

仮想通貨のビットコインって誰でも買えるの?売ることもできるの?

  仮想通貨って使っている人が本当にいるのかなあ? 実際使うって、どうやって使うのだろう・・?   最近よく耳にする仮想通貨のビットコインというもの、 利用している人が本当にいるの …

雨や梅雨時期の洗濯物の乾かし方!ベランダがないアパートや狭い部屋では?

イベント盛りだくさん、楽しい予感でいっぱいの夏が来る前にやってくるあの時期・・・そう、梅雨です。 もともと日本は高温多湿な気候ですが、最近では梅雨がないと言われていた北海道さえ「蝦夷梅雨」というジメジ …

スポンサーリンク



アーカイブ