健康

飲み会で二日酔いにならないために飲む前にしておく2つのこととは?

投稿日:11/10/2017 更新日:

 

年末から年始にかけて、忘年会などの飲み会が増えてくる季節は

体調管理も大切ですし、何より二日酔いになりたくない人が多いはずです。

 

吐き気や頭痛、だるさや倦怠感・むくみまで、

あー飲み過ぎた~仕事に差し支える~にならない為に、

 

飲む前にしておくと二日酔いになりにくくなるワザをご紹介します。

 

スポンサーリンク

二日酔いにならない為に

 

お酒が好きな人には少なからず経験がある二日酔い。

 

若い頃は二日酔いって何?というほど、かなりの飲酒をしても

次の日はなんともなかった私ですが・・

 

年を重ねるごとに二日酔いがどれだけ辛いか理解できるように・・

 

気が付けば、結構二日酔いになる日が多く、

これはいかん!!と、色々試して対策を練ったものです。

 

一番いいのは、飲み過ぎないことですが、

酒好きな人って、一杯飲むと次々と欲しくなるんですよね!

 

 

 

最初は少しだけ・・と思いきや、

気が付けば何杯飲んだかわからない・・

よくある話です。

 

でも、二日酔いになるために飲んでいるのではないので、

少しでも次の日を棒に振らないために、二日酔い防止策が必要です。

 

⓵飲む前にしておくと二日酔いになりにくい

⓶よく飲む人は続けた方がいい

 

この二つをしておくだけで、

次の日を犠牲にすることがなくなります。

 

 

飲む前にしておくと二日酔いになりにくい

 

牛乳を飲むととか、ウコンの力で!とかはよく聞きますが、

そんなに効果がありません!

というか効能がないんですね!

 

実際何度となく私も試してみましたが、気休め程度のものでしかありません。

 

コンビニでウコンの力を買う前に、

もっといいものがあります。

 

アルコールを分解させるときに必要な栄養素は、

ビタミンB群やビタミンB1・B6、タンパク質になります。

 

また、ビタミンCも絶対必要です。

 

この成分が入っている食べ物を最初にとっておくだけで

二日酔いの度合いも変わってきます。

 

そこで、コンビニなどで手軽に買える一番最強なモノがたまごなんです。

 

 

卵はビタミンC以外の成分がほとんど入っている完全栄養食品で、

たんぱく質、脂質、ビタミンやミネラルを多く含んでいます。

 

特に「リン脂質」や、「メチオニン(アミノ酸)」と呼ばれる成分が沢山入っていて

 

リン脂質の中のコリン成分が肝臓に力を与えて 毒物や薬品を身体から排除する助けになります。
メチオニンは肝臓でアルコールを分解するときに必要で、 二日酔いの薬には必ず入っている成分です。

だから、まず飲む前に口に入れておきたい物なんです!

 

そこで、

コンビニといえば、おでんがあるし、温泉卵・卵焼き・生卵も売られています。

 

 

ウコンの力を買うなら、

たまごの方に手を伸ばしましょう!

 

また、卵は調理の仕方によって消化時間がかわり、

生たまごが一番早く、

半熟たまごの消化時間は約1時間半、

固茹でや目玉焼きは約3時間かかります。

 

飲む前に食べるのなら、胃に負担をかけないように

生の黄身2~3個か、半熟(温泉卵)がおすすめです。

 

 

できれば、飲み終わりにも食べておくと効果的です。

 

卵は二日酔い予防だけでなく二日酔いの症状を和らげる効果もあるんです。

 

卵=コレステロールと悪者にされていますが、

コレステロール値が極端に高すぎる場合は別として

卵は全く悪者ではないので、特に飲み会にはつまみにして欲しい一品です!

 

この卵と一緒にビタミンCのサプリメントを少し多めに服用しておきます。

 

ビタミンCは水溶性なので、すぐ体内からなくなります。

特にお酒を飲むときは、必要なビタミンで、

コンビニなどでもビタミンCは手軽に購入できます。

 

即効性として一番おすすめのビタミンCは

 

リポソームビタミンC

 

サプリメント先進国でもあるアメリカの製品で

錠剤ではなくゼリー状のビタミンCです。

 

 

 

私はお酒を飲む日は、朝から2時間置きに1袋

飲んでいる間に2袋、飲み終わって1袋

という感じでリポソームを摂取して

次の日の二日酔いを防いでいます。

 

リポソームの購入はi Herb が一番お得に購入できます。

 

急遽、飲み会が決まった時

 

一番ダメなのが空腹で飲むことですが、

仕事が終わってすぐに飲み会ってこともよくありますね。

 

対策を練る事もできずに飲む場合は・・

あきらめる・・

 

いえいえ、

いつも持ち歩けるものを携帯しておきます!

 

どうしても空腹時にお酒を飲まなければいけない時は

コメコサノールという成分が入った

酒席革命がおすすめです。

 

【送料無料】沖縄の酒豪達も認める!酒席革命カプセル お徳用パック 内容量:4粒入…

 

 

酒席革命とは沖縄で有名なサプリメントで

沖縄の人が愛用しているということは・・

酒豪さんが愛用しているという代物です!

 

沖縄といえばウコンを連想しますが、

実はウコンは肝機能を促進させる働きがあるのですが、

言い換えると、

肝臓機能を必要以上に働かせてしまう作用があるんです。

 

だから、ウコンを常用していくと、

肝臓を酷使させてしまうことに繋がります。

 

その点、この酒席革命はコメコサノールという成分が

直接二日酔いの元になるアセトアルデヒドを分解してくれるので、

肝臓に負担がかからないんですよ!

 

肝臓でアルコールを処理するのではなく、

コメコサノールがアルコールを処理してくれるということです。

 

とってもありがたい成分ですよね!

 

飲み方も、飲む前に2カプセル・飲んだ後に2カプセルと、

1袋に分けて入っているので持ち運びにも便利で、分かりやすいです!

 

 

 

スポンサーリンク

よく飲む人は続けた方がいい

 

急な飲み会や、あらかじめ日程が決まっている飲み会など、

飲むことが好きな人には、お誘いも多いはずです。

 

特に飲むことが増える年末年始には、

毎週飲み会だよ!!なんて人も・・

 

そんな時は、肝臓に負担をかけないようにプチダイエットがおすすめです。

 

大袈裟なダイエットをするわけではなく、腹八分目の食事を心掛けます。

 

飲み会の1週間前から1日2食にするとか、

特に休肝日を作らない人は水分をしっかり摂り、

脂の多い食事をなるべく避けて、

消化のいいものを食べるように心掛けると、

少しでも肝臓を休める事ができます。

 

日々、肝臓をフルパワーに動かしていると、限界も早くなるので・・

 

 

よく飲む人は腹八分目を心掛けましょう!!

 

 

まとめ

 

確かに、休肝日は必要ですが

お酒好きな人に休肝日ってそれがストレス・・になることもw

 

分かります!

ただ毎日ガバガバ飲むのは本当によくないことなので、

長く飲み続けられるように休肝日や、食事には気を付けましょう!

 

-健康
-

執筆者:

関連記事

梅干しの黒焼ってどんな物?梅干しの成分や選び方・効能は幅広い?

最近は、高齢化社会が進み過ぎて、2065年の日本の推定人口は8808万人、15歳から64歳の生産年齢人口は50年後に41%も減るという半分近くがご高齢の日本。 しかも、この数字はあやふやで、推定なので …

食事で異常に暑くなるのはなぜ?隠れた病気がある?受診するなら何科?

食事をすると、たとえエアコンの効いた涼しい室内であっても異常に暑くなる、さらには滝のような汗が流れて止まらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか? 一緒に食事をしている人が全く普通なのに、自分 …

アニサキス症に正露丸が効く?服用の仕方や木クレオソートってどんなもの?

日本では海産物の生食が好きな国ですが、海産魚類にはたくさんの寄生虫などもいて生で食べるには注意が必要です。中でもアニサキスは近年話題にもなっていますが、実は昔からいる寄生虫で、ほとんどの海産魚に寄生し …

暑い日の汗や運動で出る汗の違いは?良い汗悪い汗ってあるの?

夏に向けて暑くなってくると、滝のような汗をかいてる人見かけますよね。私もそのうちの1人ですが、少し歩いただけでも、家事をするだけでも暑さで汗が噴出します。これって、運動した時に出る汗と同じ汗なのでしょ …

ミネラルって水じゃない?不足するとどうなる?何から摂る?

ミネラルバランスとかミネラル不足とか「ミネラル」という言葉はよく聞きます。 ミネラルウォーターって言うぐらいだから水のことでしょ!と思われる人も多いとは思いますが、そうではないのです。 ミネラルは身体 …

スポンサーリンク



アーカイブ