北海道の観光

滝野すずらん公園のスノーワールドは幼児でも楽しむことはできる?

投稿日:28/01/2019 更新日:

札幌で雪遊びがしたいと思った時に、楽しめる場所が滝野すずらん公園です。この公園にはスノーワールドという雪だらけの遊びが人気で、大人から小さい子供さんまで楽しく雪遊びができる場所になります。

でも、幼児にはどうなんだろう?
まだスキーも滑らせたことがなけど大丈夫?など、

スノーワールドで幼児も遊ぶことができるのか不安な親御さんや、観光で札幌に来たけど幼児に雪遊びをさせる場所はどこにあるの?

と迷っている人に、滝野すずらん公園のスノーワールドは幼児でも遊ぶことができるのかご紹介します。

 

スポンサーリンク

滝野すずらん公園は幼児も遊べる?

滝野すずらん公園のスノーワールドとは、ソリ専用ゲレンデやスキー・スノーボード用のファミリーゲレンデ・スノーシューという現代版のカンジキのようなものでの散策など、雪遊びを満喫するには絶好のスポットです。

ご年配の人から小さいお子さんまで幅広い年齢層の人が楽しむことができます。

私が初めて行った時は、ご年配の人がスノーシューを楽しんでいたり、親子でスキーを楽しんでいたりとご家族連れが多いのが印象的でした。

小さな子供から大人まで楽しむことができますが、今回は特に未就学の幼児向けの遊び方についてご紹介します。

ソリ専用ゲレンデ

その名の通り、ソリ専用のゲレンデになります。

スキー・スノーボードを履いての侵入は禁止ですので、安心して遊べます。
コースの長さはなんと200メートルもあり、これは国内最大級の長さです。

札幌市内の公園には小さな山があり、雪が積もるとソリ遊びをすることができる場所もありますが、それとは比べ物にならないくらいのロングコースをチューブソリを使って滑ることができるのが魅力です。

そんなに長い距離を登るのは面倒だな、と思ってしまいますが心配無用です。

ロープトウが完備されているので、自分の足で登らなくてもゲレンデの上まで引っ張ってもらえます。無料で利用できるところも嬉しいポイントです。

チューブソリは4歳以上出ないと1人で乗る事ができないのですが、3歳以下の子供さんは付き添い者がいれば2人で一緒に乗る事ができます。

私は、家族でこのチューブそりを体験しに行ったのですが、コースの頂上まで登ったら、かなりの高さに驚きました(笑)。

チューブにまたがって自分の番が来ると、一瞬ひるんでしまうほどの高さです。ですが、子供の方が恐怖心などなく、「早く滑ってー」と声を掛けられるほどでした(笑)。

こちらの利用可能時間は9:15から15:30までです。

また、そんな長い距離はちょっと怖いというお子様には、プラスチックソリ専用のコースもあリます。

チューブソリ、プラスチックソリのレンタルもあり無料なので、手ぶらで遊びに行っても大丈夫です。

ファミリーゲレンデ

平均斜度7度のかなり緩やかなゲレンデです。ほぼ平らに近いので、スキーデビューにはぴったりのゲレンデです。

リフトも完備されており、速度は一般のスキー場に比べるとだいぶ遅いです。二人乗りでお子様と一緒に乗車できるため、怖がりの子でも乗りやすく、親がサポートできるので何かと安心なリフトです。

リフト運行時間は9:15~15:45までとなっています。

ファミリーゲレンデ リフト券料金
1回券  大人150円・子供100円
11回券  大人1,540円・子供1,030円
4時間券 大人1,030円・子供620円
1日券  大人1,540円・子供1,030円
(4時間券は土・日・祝のみの販売)

 

スノーワールドはスキー学校もある

すずらん公園スノーワールドではスキー学校も開催されています。こちらは4歳以上で初心者限定となります。

スキー連盟公認のインストラクターがスキーの着脱から、ボーゲンで滑る・止まるなどの基本的な動作、スピードコントロールやターンまで丁寧に教えてくれるので、小学校のスキー授業に向けた練習には最適です。

参加費用はリフト券別で200円です。一般のスキー場でのレッスン料が5000円~1万円前後が相場なので破格の安さですが、申し込み人数が定員を上回った場合抽選となります。

大人の人も初心者に限ってですが参加できます。

また、レッスン中に泣いてしまうなど、続行が不可能と判断されれば即終了となり、放送で呼び出しがかかります。ですから保護者はレッスン中は付近で待機する必要があります。

スポンサーリンク

滝の森ゾーン

もし、チューブゾりもスキーも早いなあと感じるようでしたら、滝の森ゾーンの東エリアで自然の雪を満喫できる所もあります。

ふかふかの雪の上をゴロゴロ寝そべったり、なだらかなコースをソリで滑ったりできるので小さいお子さんでも安心して遊べます。

また、このゾーンには森の交流館があり、雪遊びをした後に中でゆっくりしたり、木のおもちゃで遊ぶ事もできます。

まとめ

すずらん公園は様々な雪遊びができ、安全面に配慮されているので、幼児連れにはオススメのスポットです。
また、札幌の小学校はスキー授業があるので、その予習としてもいい練習場所となります。

観光で札幌に来る人にも面白い雪体験ができるので、海外の人にも人気が高いです。
北海道の冬とは切っても切り離せない雪。まずは楽しみながら雪と親しむところから始めましょう。

-北海道の観光
-, , , ,

執筆者:

関連記事

登別クマ牧場の滞在時間は?札幌からのアクセス方法はバスがいい?

北海道の野生動物と言えば、エゾリスやキツネ・エゾシカなど、少し観光するだけで出会う確率が高い動物から、見てみたいけど突然出会うと大ピンチになる熊がいますよね。 そこで、道端でいきなり出くわすとびっくり …

モエレ沼公園はインスタ映えする場所!今なら国際芸術祭が開催されている!

  元々はゴミの最終処理場だった、モエレ沼公園! 1982年から公園にする計画をはじめ、2005年にグランドオープンしました。   このモエレ沼公園の基本設計は、世界的に有名な彫刻 …

ファーム冨田のラベンダー見頃や混雑状況は?空港からの交通手段など!

富良野といえばラベンダーが有名で、ラベンダーといえばファーム冨田が一番有名どころです。北海道のラベンダーといえば、ファーム冨田のラベンダーと思わせるほど、雑誌やテレビなどにもよく出て来る農園です。 実 …

知床峠の行き方や交通手段は?夏でも服装には気を付けないとダメ?

知床半島は北海道東部のオホーツク海に約70キロ長く突き出た半島です。2005年に美しい自然景観として、世界自然遺産に登録されました。 しかも知床半島だけでなく、半島を取り巻く海洋も含めての自然遺産登録 …

知床五湖ってどんなところ?二つの歩き方やガイドツワーとは?

知床の観光地として人気の高いスポットになる知床五湖ですが、広大な敷地面積で野生動物の生息地でもあります。 特にヒグマと遭遇することも多く、どのような所を散策するのか?ヒグマに遭遇したらどうすればいいの …

スポンサーリンク



アーカイブ